新着情報

普段からは想像できない先輩のSっぷりに惚れた

この体験談は約 6 分で読めます。

大学時代の先輩と酔った勢いでやってしまいました。

私:23歳、OL。
大学の1こ上の先輩(彼男)とずっと付き合ってます。
今は遠距離中。

Rさん:25歳、銀行員。
大学の2こ先輩。
私と家が同じ市内。
彼男とは大学時代から仲良し。
可愛い看護婦さんの彼女あり。

大学の仲間内の忘年会に呼ばれて行くと、20人くらいの大規模な飲み会。
私には知らない先輩ばっかりで、ちょっと居心地が悪い中、彼男と仲のいいRさん発見。

私「Rさんー、私知らない人ばっかりです・・・」

R「俺もwww」

自然と二人でずっと隣で話していたものの、結構場が盛り上がっていて飲め飲めムードで、最終的に二人とも結構酔っぱらった。
結局酔っぱらいすぎた私とRさん、それからあと2人と強制送還w

一次会が終わって、三人でタクシーで帰った。
あと2人をそれぞれ家で降ろし、次のRさんの家に向かうけれど、よくよく考えたら私の家は逆方向。
タクシーだとかなり高くつく。

R「うちおいで!◯◯(私もRさんも好きなバンド)のDVD観てまだ飲もう!!」

酔っぱらって高いテンションでRさんに言われ、「いきます!◯◯さいこー!」とさらに高いテンションで返した。

ちなみにこの時点では私はエロい期待は一切してなかった。
Rさんはどうだったのか・・・。

ともあれコンビニで缶ビールを買い込み、DVDを観る。
Rさんは下心があったのか、テレビと間接照明だけをつけて薄暗くしたw
二人並んで観ている時点で、私はくっつきたくなってしまって肩にもたれたりしていた。
Rさんは「寒いね」と言って毛布を持ってきて、二人で掛けた。

気がついたら寄り添って手を繋いでいた!
で、Rさんからキスしてきた。

一応「だめでしょー(笑)」とか言ってみたものの、私も気持ちよくて、結局DVDが終わるまで色んなとこにキスしたり、おっぱい触られたりイチャイチャしていた。

DVDが終わっても二人とも動かないでイチャイチャして、Rさんが私を押し倒した。
それまでのイチャイチャとはちがう感じで、荒々しく首筋や耳を舐められて、私も声が出てしまった。

「布団いこっか」

そう言われて布団に移動。
服を脱がされそうになって、ユニクロのめちゃダサい姿勢矯正下着を着けていることを思い出したww

「Rさん待って、あの、今日ダメ!」

そう言って身をよじって服が脱げないように胸を押さえると、「ダメじゃないでしょ」と言われて手首を強く掴まれ、強引に押さえていた手をどけられた。
Mの私はこれがものすごく嬉しかった!

私「あの、今日ユニクロで千円の姿勢矯正下着だからだめなんです!」

R「なにそれwユニクロそんなのあるんだー見せて!」

私「やーだ、だめ!」

・・・とかやってるうちにまたも強引に脱がされ、またも私はよろこんだww

服を脱がされ、乳首を舐められた。
途中で痛いくらいに強く噛まれて、大きい声を出した。

R「どうしたの?」

私「い、いたいです・・・」

R「痛いの気持ちいいんでしょ?」

普段のRさんからは想像できないようなSっぷりに、私は濡れた。

Rさんに脚を開かれて、(あ、入れられてしまう・・・!)と思って、今更ながら「ま、待って!」と慌てた。

Rさんは私の上になって、亀頭でクリのあたりをにゅるにゅるさせながら、頭をポンポンとしてくれて、「ゆっくり入れるから」と言って、本当にゆっくりゆっくり入れてくれた。
ちょっと入れて、ちょっと抜いて、を繰り返しながらやっと全部入って、奥を突かれたときが、ほんとにほんとに気持ちよすぎて忘れられない。
入れてもなかなか動かないRさんが焦れったくて、自分で腰を動かそうとしてもうまくできなくて、もぞもぞしてた。

R「おねだりしてよ。どうして欲しいの?」

言葉責めされ、結局ガンガン強く突いてくれて、あっという間に私はイッてしまった。
気がついたら後ろ向き(寝バック)にされて、2回くらいイッた。
バカみたいだけど、イク時にぎゅって手を握ってくれたことと、イッた後に抱き締めて頭ポンポンしてくれたのが嬉しかった。

そのあと騎乗位もして、またもイカされ、ヘトヘトになって気づいたら寝てた。
私ばかりイッてRさんはイカなかったので、結局翌朝にももう一回戦して、最後はRさんは私の口に出した。
意外と気まずくなることもなく、家まで車で送ってくれた。

以上、楽しかった思い出でした。

<追記>
Rさんと2度目のエッチをしたのでまた書き込みたいと思います!

またも大学時代の友人数人で集まって飲みました。
理系の大学だったので私以外は全員男性。
そのときも学生ノリで結構飲んで、みんな終電を逃して、結局全員でRさんの家に泊まることに。

飲み会の途中でも何回かこっそり手を繋いだりしていたのですが、家に着いたらRさんの行動がちょっとエスカレート。
みんなと同じ部屋にいて、他の人たちがテレビ見てる隙にキスしてきたり、太もも(というか内もも?結構際どいところ)を触ってきたり。
私も彼氏とは遠距離中なので欲求不満だったみたいで、結構ムラムラしていましたwww

で、寝る時間。
ワンルームの部屋に4人が雑魚寝。
一人はソファ、一人は床、そして私とRさんが二人で同じベッドに入りました。
ちなみに他の二人からなんのツッコミもなしw
隠れていちゃついてたのがバレてたのかな?

電気消したあとは、他の人がいるからこっそり胸とかお尻さわられたり、私がRさんのモノを軽く触ったり。
まあバレない範囲ではこんくらいが限界だし、そろそろ眠いしな~と思って、私はRさん側に背を向けて横向きに寝る体勢に寝返りを打ちました。

そしたら、Rさんが耳を舐めてきた。
耳の穴の中に舌を入れられて、ほんとに微かだけど“ねちゃ”って音がして、それまで無音だったから妙に興奮。
さらに、私が弱い首筋もペロペロ。
前回のエッチで「首舐めたらすごい濡れるんだね」と言葉責めされたのを思い出して私はさらに興奮w

で、さらに後ろから両胸を強く揉まれたり、かなり強めに乳首を摘ままれたり。
ちなみにこの時点で、他の二人のうち一人はガチのいびきをかいて寝てたけどもう一人は起きてたかも。

そして、ついにRさんの手が私の下半身へ。
もうめちゃめちゃに濡れてました。

Rさんはなぜか軽く触るだけで愛撫らしいことをしてくれない。
焦れったくて、私は自分でRさんの手を持って、指がクリに当たるようにして、擦れるように腰を動かした・・・恥ずかしいw

ちなみにまだ体勢は私がRさんに背を向けている状態。
自分変態かよ・・・と思いつつも腰を小刻みに動かして、とにかく気持ちよかったです。
内ももまで濡れてるのが自分でもわかった。
周りにバレちゃうってドキドキ感がさらに快感を増幅させたのかなー。

それまでRさんは私のパンツの中に手を入れてる状態だったんだけど、Rさんが私のタイツとパンツを下ろしに取り掛かりました。
あ、むくみ防止着圧タイツだから手動かしづらかったかな・・・と私は思った。

書いてて気づいたけど前回同様インナーに色気がないな私www

お尻が出るくらいまでずり下ろされて、指入れてくれるかなー?とか考えていたら、Rさんがなんと後ろから挿入してきた!!!!!

(えっ!みんないるのに?生で?入れるの?)

・・・と、とにかくびっくりした。
よくよく考えたらパンツ下ろされた時点で気づくべきだったw

で、後ろから挿入。
激しく動けないので、入れたまま、また乳首を摘ままれたり。
このときびっくりしたのが、自分でもわかるくらい膣がきゅんって締まって、その度Rさんのものがビクンと脈打っていた。
動かないぶんこういうの分かるんだなーと妙に冷静に思いました。

Rさんがゆっくりバレない程度に小さく腰を動かして、私は小さく声を立ててしまって、Rさんに後ろから口を塞がれたww
この犯されてる感が気持ちよくて、たぶんRさんも興奮していて、少し、ほんとに少しだけ腰の動きが激しくなった。

Rさんは片手で私の口を塞ぎながら、もう一方の手でクリを触り始めた!
ちなみに挿入中にクリを触られるのも私の大好物で、やばいな、イッちゃうな、でもみんないる前でいくのはちょっと・・・と思ったけれど、あっという間にイッてしまいました。

Rさんが私がイったのをたぶん察してくれて、そのままおしまい。
Rさんはイかなくていいのかな~と思ったけど、うまい方法が思いつかないし眠かったので、そのまま手繋いで寝ました。

翌朝は普通に目覚めて、みんなで朝ごはん食べて解散。
Rさんとは二人で会ったり連絡とることもないけど、みんなで会ったら毎回こっそりいちゃついてます。
Rさんはどんな気持ちなのかなー。

とりあえず以上です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン