新着情報

彼の浮気が原因で学校に来なくなった同級生と

この体験談は約 5 分で読めます。

高校の時に同じクラスの女を寝取った。
高校の時に2留したんだが、3年の時には年上って事もあって学級委員とかやらされてたんだ。
んで同じクラスの女が急に学校に来なくなったから、担任に「様子見て来い」って言われてな。
とりあえず家帰って電話してみたら「彼氏が浮気してるかもしれないから学校に行きたくない」と。

まぁ彼氏も同じクラスで、その彼氏が他の同級生と浮気してりゃ行きたくねーわな。
その彼氏と俺は仲が悪かったし、その女は可愛かったから正直ヤりたかった。

で、「私も浮気してやろうかな?」とか言い出したから、「やめといた方が良いけど、もしするなら俺が浮気相手に立候補するわw」って言ったら「良いよ」って。

マジ!?とか思ったけど折角のチャンスを逃すのも惜しいし、後先考えずにラブホ街のある駅で待ち合わせしてラブホへ。

駅からラブホ行くまではお互いに緊張して殆ど喋らなかった。
ラブホに入ったら女が「初めて来たー。いつも彼氏とは家だから」とか言いながらはしゃいでた。
なら一緒に風呂とか入った事ないだろうなーと思って風呂の準備。

上下セットの黄色い下着が可愛いな。
乳輪小さくて綺麗だなー。
マン毛薄いなー。
・・・とか思いながら脱がし合って風呂へ。

風呂で軽く胸を揉んだりじゃれあってたんだけど、チンコ洗ってもらったら早くも我慢出来なくなった。

「もうそろそろ出ようぜ、のぼせちまうよ」

そう言って風呂を出て二人とも全裸のままベッドへ。

キスしながら胸を揉む。
どうやら胸が弱いみたいで、乳首を舐めたら枕を掴んで声を我慢してた。
しばらく胸を揉んだり乳首を吸ったりしてたんだけど、そろそろ濡れたかなと思ってマンマン触ったら濡れてた。
マンマンに指を出し入れしながらクリを触ってたら気持ち良いらしくどんどん濡れてくる。

しばらくしたら大きな声を出して「おかしくなっちゃう・・・」って手を押さえられて、「今度は私がしてあげるね」とフェラ。

裏スジを舐め上げて、先端をちろちろ舐めてからパクッと。
おーおー仕込まれてんなーとか思いながら彼氏の顔を思い浮かべたら、何かに勝った気がしたw
フェラをさせてたらチンコから口を離して乳首舐めてきた。
乳首舐めながらチンコを手コキされたんだがだんだんイキそうになったのでこのままイクのも勿体無い。

「そろそろ挿れたいんだけど良い?」って言ったら顔を赤めながら恥ずかしそうに「良いよ」って言いながら頷いた。

縦スジが見えるぐらい毛が少なくて小さかったけど、濡れてるから大丈夫だろうと挿入。
挿れたら大きく息を吐いて「彼氏より硬い・・・」と。

硬い?サイズじゃ負けてるのか?なら技術じゃ負けれねー!とか思いながら正常位。
小ぶりだが乳輪が小さい胸が上下に揺れてるのを見て興奮した。

しばらく正常位でやってたんだけど、同級生の顔を見ながらってのは興奮するな。
いつもはクラスでみんなと喋って笑ってる子が、今、自分の下で喘いでる。
彼氏がいて本来は手出し出来ないはずの同級生とセックスしてる。
そう思ったらイキそうになったから顔を見ないようにバック。
どうやらバックが好きだったらしく、動き始めたら「気持ち良いよぉ・・・」とか言い出した。

動きを止めて「彼氏と比べてどう?」って聞いてみたら、「やっぱり人によって違うね、彼氏より上手いよ」と。

今度は騎乗位で上に乗ってもらったんだが、腰使いがヘタでチンコ折られそうになったw
また正常位に戻ったんだけど挿れる前に「ゴム外して良い?」って聞いた。

彼女「やっぱり生の方が気持ち良いの?」

俺「そりゃ生の方が全然気持ち良いよ。温もりが直接伝わるし」

少し俯いて考えてたみたいだけど「じゃあ良いよ」って言うからゴムを外して生挿入。
ゴム付けててもイキそうだったのに生になったら長持ちする訳が無いw
けど彼女も盛り上がって来たのか、さっきより喘ぎ声が大きくなってる。
限界まで我慢して突いてた。
奥が気持ち良いらしく、根元まで挿れてグリグリしてたらまた枕を掴みながら「気持ち良い・・・気持ち良いよぉ・・・」と。
それを見てたら我慢が出来なくなった。
正常位で動きながらキスしたりしてたんだがもうヤバい、出そうってなった。

「イッて良い?」って動きながら聞いたら「良いよ、出して良いよ」と。

こいつ男の喜ばせ方分かってんなーと思いながら思いっきり出した。

「ゴム越しにピクピクしてるのが分かるよ」と言われた。

しばらく裸で転がってたんだけど腹が減ったから服を着て飯を注文。
二人で飯を食ってたら・・・。

「学校のみんなには言えないねー・・・」

改めて自分は同級生を寝取ったんだなぁと実感した。

以上、文才も無いし思い出しながらだから遅くてスマン。
高校はバイトして自費で通ってたから留年も仕方がないと思ってた。
長々とこんな駄文に付き合ってくれてサンクス。

あースマン、1回出した後に2回戦に突入したんだわ。
さすがに2回目は「ゴムつけろ!」って怒られた。
やばい・・・1回戦の終わった後が思い出せない。
ラブホのラーメンが思った以上に美味かっただけはよく覚えてるw
たぶん中に出して適当にイチャイチャしたんだと思う。

で、イチャイチャしてればムラムラもしてくる訳で、「もう一回良い?」と聞いたら、「良いよ」って言うので前戯もしないで挿入。
さすがに2回目は勃ちも悪いし何より疲れてる。
1回戦の時に頑張りすぎたなーと思いながら正常位でガシガシ動いてた。
このままでは女にヘタと思われてしまう。
同級生に情けないところは見せたくない。
バックが好きって言うからバックにすれば誤魔化せるか?と思ってバックに。
動きを止めて尻穴を触ったら・・・。

彼女「なんで男の人ってお尻触るの?彼氏もバックでするとお尻触るんだよねー」

俺「そりゃー興味はあるよー、尻に挿れて良い?」

彼女「絶対にダメ!そこは挿れる所じゃないよ」

そんな会話をしてたら元気になってきたから再開。
急に動いたら「あっ・・・ちょっと急に、う・・・動かれると・・・」と悶えてて可愛かった。
ずーっとバックで突いてたらさすがに俺もイキそうになった。

俺「またゴム外して良い?」

彼女「外したらまた中に出しちゃうでしょ?今度はダメ」

勝手にハズしたらバレるかな?と思いながらも発射。
翌日から学校に来るようになって、またしたいからアプローチをかけたんだけど相手にされず。
タイミングよく友達の彼女との関係が始まったし、彼氏にバラされて殴られたからどうでも良くなった。
安全靴で蹴られた時は死ぬかと思った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

全日本密通倶楽部

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン