新着情報

ルームシェアしてたロシアン美女と

この体験談は約 5 分で読めます。

日本でも最近流行っているルームシェアにアメリカに留学していた大学時代に住んでいた。
そこは世界各国から色んな国籍の学生が集まるシェアハウスで男女合計10人がいた。
男女の割合は、男4:女6人で、大きなリビングにそれぞれ個室がある。
さすがアメリカって感じの共有スペースのリビングは広い。

色んな国籍の外国人達とリビングで過ごしていると、海外の人って日常を楽しむのが上手いと感じる。
週末の夜はシェアハウスでパーティをしたり、バーへ行ってお酒飲んで、とにかくはしゃぎまくっていた。
とにかく楽しかった。

女子は6人いるのだが、オランダ×2、南アフリカ×1、ロシア×1、中国×1、ドイツ×1。
男子は日本×1、韓国×1、オーストラリア×1、イタリア×1。
こんな構成である。

そんなある日の夜、イタリアとオーストラリアが朝から家を出たり入ったり、とにかく忙しく何かをしていた。
その日は俺しか家に居なかったが、それに気づいているのかいないのか。

実はロシアの子は男の中でも常に話題の的。
理由はもちろん1番可愛いからである。
可愛いだけでなくスタイルも抜群。
日本人の女子とは違った適度にある良い肉付き。
胸も大き過ぎず、形が良い。
お尻がプリプリしてて、そして綺麗なブロンドヘアーのセミロング。
とにかくそんなロシアの子が1番人気だった。
まぁ若い男なら誰でもするような話だ。

その日は、よりによってロシアの女子とイタリアとオーストラリアの3人だけのシェアハウスになる日だった。
俺も夜は友達の家に出掛ける予定だったが、急遽友達に用事が出来たので早々と家に帰る事になった。
そうして帰るとイタリア達がどうやら居たようだが、シャワールームの前でロシアの子の裸を覗こうとしていたのだ。
俺が声を掛けると、バレてしまったのが悔しかったのか残念そうにしていて、気持ちが煮え切らないのかそのまま夜の街へ性欲を発散させに出て行った。

「女とやってくるから」

2人はそう意気込んで夜の街へ消えていった。

そして俺はロシアの子と2人きりになった。
実は後にも先にもこんな状況になったのはこの日だけだった。
こんなチャンス滅多に無いので、何とかエッチ出来る方法はないかと冴えない頭で必死に考えた。
いくら2人きりでも部屋はバラバラで、そう簡単に部屋に入る口実は無い。

そこで1つ思い出したのが、ロシア人の子は暗闇がとても苦手という話。
小さい頃に暗い所で怖い経験をしたので、大人になってからも電気無しでは眠れないらしい。
そこで俺はわざと電気の元を切って細工をした。
細工と言っても壊してはいない。

ロシアの子は慌てて、「誰か居ない~?」と叫んでいたので・・・。

俺「停電したみたい。電気付かない」

するとロシアの子、まだきちんと体も拭いていない感じでシャワールームから出てきた。
頭もベタベタ、何とか服を着たという感じ。

俺「管理人に電話したけど、この時間だからすぐに修理は無理みたい」

ロシアの子は落ち着かない様子だった。

俺「仕方ないけど今日はこのまま寝るしかないよ」

俺がそう言うと、しぶしぶ自分の部屋に帰っていった。
それからロシアの子は寝れないのか、何度も部屋を出ては入ったりを繰り返していた。
このチャンスを俺は狙っていた。

彷徨いているところを呼び止め・・・。

俺「怖いの?大丈夫?」

ロシア「ダメ。暗いと落ち着かない」

俺「じゃあ、今日だけ一緒に寝てみる?」

一か八かの勝負に出てみた。
最悪、「冗談だよ」って言えば済むと思ったのだ。

ロシア「いいけど、変な事考えないでね?」

「大丈夫、困った時はお互い様」的な事を言ってみた。
そしてなんとか同じ部屋で寝る事になり、ロシアの子はベッドで寝始めた。
俺は床に枕を置いて寝ていたが、もちろん考えるのはこの子とエッチをする事。
そっとベッドの横までいって布団の中に潜り込んだ。
まだ完全に寝ていなかったロシアの子は・・・。

ロシア「何もしないって言ったよね?」

俺「お願い!君の事が好きだから1回SEXしてみたい」

正直に言ってみた。

そう言いながら背中からぎゅっと抱き締めたが、少し嫌がって抵抗している。
顔をこちらに強引に向かせてキスをした。
嫌がっていたので下の方へ指を回して触ってみると、ビクン!と体が反応した。
するとキスを拒んでいた唇の抵抗が少し弱くなり、舌を入れさせてくれた。
その隙に一気に舌を絡ませ、そのまま体の上に重なって抱き締めながらディープキスをした。

ロシア「今日の事はシェアハウスの女子には特に内緒ね。私、自分の国に彼氏いるから。それから今日だけだから」

とりあえず今はいいのだと思って、着ていたパジャマを一気に脱がせて胸にもしゃぶりついた。
男子達の憧れの子と今からエッチ出来ると思うと、もう興奮してロシアの子の体の色んなところを舐めまくっていた。
風呂上がりなのでシャンプーの匂いが全身に香っている。
ベタベタの髪にも顔を埋めた。

我慢出来なくなってきた俺はその豊満なお尻を眺めて、「じゃあ入れるからね」と言ってゆっくりと入れた。
温かくて気持ち良かった。
ロシアの子が何か言っていたが全く聞く耳持たず、ひたすら腰を打ち付けていた。
このままだとバックの体勢だけでイッてしまいそうだったので、正常位にして前から抱き締めてパチンッ!パチンッ!
久しぶりのエッチだったのでかなり力が入ってしまった。

外国人とエッチしたのはこれが初めて。
実はそれまで日本で初めて付き合った彼女と初体験しただけで、まさか2人目がロシア人になるとは。

無我夢中で腰を振っていると向こうも、「あぅ、あぁ」と表情を歪めていた。

2人の接合部分はグチョグチョだった。
コンドームなんて持っていなかったし仕方がなかった。
綺麗な太ももだった。
プニプニしていて見ているだけでイッてしまいそうなくらい。

「どこに出したらいい?」

そう聞いたが、上手く英語が通じないし、こんな時なんて言えばいいかなんて分からない。
向こうも語学留学なのでそこまで上手くは喋れない。

そうやって腰を打ち付けていると、相手の陰部がギュッと締め付けてくる瞬間があった。
これはやばい。
我慢していたが、突然その瞬間が来てしまった。
どこに出すかなんて考える思考が止まってしまい、思いっきり中に出してしまった。
出し終わってからもまだピストンが止まらなかった。

お互い少し気まずい感じだったが、向こうもそんなに慌てる様子はなく、そのまま拭いて意外とその日は打ち解け合い、ベッドで一緒に朝方まで寝る事になった。

もうそれからその子の事がとにかく好きになってしまって、留学中は何度もアタックした。
最初は断られたが、それでもなんとかロシアにいる彼氏と別れてくれて付き合える事になった。

もちろんシェアハウスの仲間達には内緒だったので、夜な夜な彼女の部屋に忍び込んだ。
留学中は勉強よりもロシアの子に入り浸りになってしまった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ヴァージンマダム

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン