新着情報

玄関でストッキングを破られて靴も脱がずに最後まで

この体験談は約 3 分で読めます。

3年ほどいた部署を異動になり、取引先の方々がお別れ会を開いてくれました。
恵比寿でイタリアンを食べて、2次会はバーに行きました。

電車もなくなった時間だったのでタクシーに乗ろうと、下っ端の私は先に上司たちをタクシーに乗せました。
一緒にお仕事をしていたYさんは同じ方面に住んでいたので、一緒にタクシーに乗ろうと言って、私と一緒に上司や同僚たちを見送ってくれました。
最後に私とYさんだけが残り、私はタクシーをつかまえようとしたのですが、「もしよければ、もう少し飲みませんか?」とYさんが聞いてきました。
遅かったし帰りたかったのですが、取引先の人だし、お断りしづらかったのもあって、近くのバーで飲むことになりました。
Yさんはご結婚もされていて、お子様も生まれたばっかりで、その日も楽しそうに家族の話をされていたので、“間違い”はないだろうとも思いました。

別のバーに移って1時間ほど飲んだと思うのですが、私はすっかり酔っ払ってしまいました。
「じゃあ、そろそろ帰りましょう」ということになりお店を出たのですが、Yさんが手を握ってきました。
びっくりしましたが、Yさんは手を握ったまますぐにタクシーをつかまえて私を先にタクシーに乗せました。

タクシーの中では普通に「明日はどうするの?」とか話をしていたのですが、Yさんの手が私の背中にあって、もぞもぞ動いているのが気になりました。
よけようとしても気づかないフリで、そのうち私のニットの中にまで手を入れてきました。
運転手さんに気がつかれるのも恥ずかしいし、優しく撫でてくれるのが少し気持ちよかったこともあってそのままにしておきました。

そのうち体ごと私の方にくっついてきて、「酔っ払っちゃった?大丈夫?」と言いながら、頭にチューされ、耳の下辺りにもチューをされました。
私はすっかりボーっとしてしまいました。

そうこうしているうちに私の自宅に着きました。
彼は当然のようにお金を払って私と一緒にタクシーを降りました。
この期に及んで「困ります」と言ったのですが、キスをしながらYさんに「今日は一緒にいたい」と言われて、私もその気になってしまいました。

エレベーターに乗って7階の私の部屋まで上がりました。
エレベーターの中では手も握らずに、「いつからここに住んでるの?」とか普通に話をしていたので、逆にちょっと不安になりました。

7階に着いて、お部屋の鍵を開けて、まずは私が中に入ろうとエントランスに上がって靴のバックストライプをはずそうとしゃがんだ瞬間、そのまま押し倒されました。
靴を履いたまま、かばんの上に私が倒れて、彼が馬乗りになってるものすごい変なシチュエーション。
ですがYさんは鼻息荒く、すごい勢いでキスをしてきました。
私もお酒が入ってるせいもあって、きちんと応戦させていただきました。

そんなこんなで10分くらい玄関であれこれしていたのですが、さすがに体が痛くて、「Yさん、とりあえず部屋に入りません?」と言いながら、服が皺になっちゃうのも嫌だったので靴を脱ごうと立ち上がりました。
うちの玄関には、かばんを置いたり、ブーツを履くときのための小さい台というか椅子を置いてあるのですが、「そこに座って、僕が靴を脱がしてあげるから」とYさんが言いました。
男性に靴を脱がしてもらうなんて嫌だなーと思いつつ、ここまで来たら流れに身を任せようと、その椅子に座り、Yさんの方に足を出しました。
Yさんは靴を脱がすどころか足にしがみついてきて、足にキスしたり、すりすりしたりし始めました。

ストッキングを破られて(ちょっと高いやつだったのに)、靴も洋服も脱がずに、玄関先で最後までエッチをしてしまいました。
後から聞いたところ、Yさんは足フェチなのだそうです。
足に大きい歯型がついてました。

立ったままエッチするのも、ベッド以外でするのもは初めてだったのでビックリしましたが、ものすごい興奮してしまいました。
そのあとはちゃんとシャワーを浴びて、ベッドでもう一度普通にしてもらいましたが。

Yさんとはそれ以来、何度かお電話をもらったりしてたのですが、やっぱり家庭もあるので、お付き合いというか不倫の関係になるのはお断りしました。
でもたまにあのときのエッチを思い出すと、今の彼ではちょっと物足りなくて・・・。
またYさんに会いたいなと思ってしまう自分がいます。

駄文で失礼いたしました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所無料出会い掲示板
最強媚薬「エロティカセブン」公式通販サイト