新着情報

デパートでナンパした豊満熟女をアナル調教

この体験談は約 3 分で読めます。

昼下がりのデパートは豊満熟女の宝庫。
ぶらぶらと暇そうにしている超タイプの豊満熟女(40代)を発見。
そっと後をつけて、はち切れんばかりの豊満な尻を舐めるように眺める。
歩くたびに揺れ動く尻肉を見ていると、どうにも我慢ができなくなってきた。

思いきって声を掛けてみることにする。
さすがに勇気がいる。
心臓はバクバクだ。

「すみません、近藤さんではないですか?」

「いいえ、違いますよ」

「そうですか、とても似ていたものですから、すみません人違いでした。ところで、今日も暑いですね」

なんて感じで会話を進めたら、その熟女、意外にも人懐こくて、その場で話が弾んでしまいました。
内心、これはいけるかもしれないとニンマリ。
喫茶店に誘うと、「ちょうど喉が渇いたところなの」とすんなりOK。
ひとしきり世間話をした後、ずばり切り出してみました。

「僕、あなたの様な方がタイプです。とくにお尻に魅力を感じます」

熟女の瞳が少し濡れ、顔が赤らんできたのを見逃しませんでした。

「やだわ~、こんなオバサンつかまえて~」

どうやら満更でもない様子。
冗談ぽく、「一度、顔を埋めたいですね!!」と言うと・・・。

「こんな私でよければいつでもどーぞ!」

大爆笑になりましたが、次の瞬間、真顔で「本当ですか?マジでお願いできますか?」と聞くと、熟女は急に小声になり・・・。

「いいわよ・・・でもどこで?」

「できれば近くのホテルなど」

「いきなりホテルは抵抗あるな。よく行くカラオケボックスはどう?」

その20分後にはカラオケボックスの中で2人きりになりました。

「さあ、ご自由に」と彼女は私の前に後ろ向きに立ちました。

あの豊満な尻が私の自由になる。
ボルテージは最高潮。
息子はビンビン。
思いっきりその尻に顔を埋める。
至福の瞬間。
生きてきて良かったとすら思える最高のひと時。
調子に乗って、「スカートとパンティ、取ってもいいですか?」とハーハー言いながら尋ねると・・・。

「早く取って!全部脱がして!」

もうすでに全開モード。
あっと言う間に全裸にする。
四つん這いにさせて尻を突き出させて、露わになったアヌスにねちっこく舌を這わせる。
時にはドリル状にしてアヌスの奥深くまで舌を挿入。
同時にクリちゃんを指で刺激すると、あそこは大洪水。
カラオケの音をガンガン鳴らして、彼女のあえぎ声をかき消す。

「お願い入れて!」

叫ぶように懇願してくる熟女。

「よし入れてやる。そのかわり、前ではなく後ろだぞ」

問答無用に濡れ濡れになったアヌスに一気に挿入。
とろける様な快感が全身を貫く。
案の定、締まり具合は最高だった。
なにより、あの豊満な尻の中心に自分の息子が出たり入ったりするその光景そのものが超いやらしい。

時は来た!
思い切り大量の精液を注入する。
しばらくその余韻を楽しんでから引っこ抜くと、ピンクのアヌスから白い液体がどろりと流れ落ちた。

それ以来、定期的に尻を犯している。
彼女も、もう尻でなければ燃えないと言っている。
今は私の思うままだ。
あの時、ちょっとの勇気を出して声を掛けてよかったと思っている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ねぇ、部屋来ない…?
男性向け増大サプリ‎「フュージョンEXプラス」公式通販サイト