新着情報

研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

この体験談は約 4 分で読めます。

24歳の僕は、この年まで彼女もおらず、人見知りの性格なので結婚も諦めていました。
そんな時、会社から研修会に参加させられ、イヤイヤ会場へ向かいました。
グループ分けされ、由美子と出会いました。

<スペック>
身長は150センチくらい。
小柄なのに巨乳で巨尻。
顔は童顔で榮倉奈々似。

そんな彼女なのでグループでは注目の的、男性陣からも声を掛けられまくり。
僕はどうせ彼氏がいると思い、気にもしませんでした。

懇親会の時も同じで、他のグループの男性からも声を掛けられていた。
僕は隅っこの方でチビチビとビールを飲んでいたら由美子がやって来た。

由美子「あーもー、ウザい」

僕「どうしたの?」

由美子「連絡先を教えてだの、デートしようだの、いい加減にして欲しい」

少し不機嫌そうな感じ。

僕「可愛いからね。みんな声を掛けたいんだよ」

由美子「ありがと。けど僕君は何も言ってくれないよね。なんで?」

僕「可愛いから彼氏いると思うんだ。だから声なんて掛けないよ」

由美子「私、いないよ。ずいぶん前に別れたから」

僕「えっ!ウソだ~、ありえない」

由美子「本当だよ」

人見知りの僕にしたら珍しく女性と話したなーって感じでした。
それから年齢の話になり・・・。

由美子「僕君はいくつ?」

僕「24歳だよ。由美子さんは僕より年下だよね」

由美子「年上だよ」

思わず「えっ!」と言ってしまった。
なんと5歳も年上だった。
絶対に20代前半にしか見えません。

由美子「やっぱり」

残念そうな顔だった。
由美子的には年相応に見られたいらしいのだが、未だに「大学生ですか?」って聞かれるらしい。

僕「若く見られていいじゃん。僕なんかいつも年上に見られるよ。40代ですかって」

由美子は笑ってた。

「見える~」

ちょっとバカにされた感じでムッとした。

すると由美子は、「童顔に老け顔。私たちっていいコンビかもね~」って笑いながら肩を叩いてきた。
嫌な感じはなかった。
それからも話をして意気投合し、住んでいる所も近くということもあり、今度飲みに行く約束をした。

数日後、2人共休みの日に居酒屋で待ち合わせした。
由美子はTシャツにジーパンとラフな格好だった。
胸の膨らみが余計に目立ち、僕は目のやり場に困った。
最初は仕事のことや上司の愚痴だったが、いつ頃からか彼氏の話になった。

由美子「4年前に別れてね。浮気されたんだ・・・」

彼氏は年下で、結婚を前提にお付き合いしたらしいが、彼氏にしたら重く感じたのか若い女性に行ったらしい。
世の中、そんな人もいるんだなって。

由美子「僕君は、どう思う?」

僕「彼氏さんは器が小さかったのかな。僕なら嬉しいけどね。この年まで彼女いないから」

由美子「うそだ~」

僕「本当だよ。僕、人見知りだから女性と話せないんだよ。けど、由美子さんは話が上手いと言うか、リードしてくれると言うか。一緒にいて楽しいし、もっと由美子さんと話したいと思う」

由美子「こんなおばさんをからかってどうするの」

僕「そんなことないよ。由美子さん、めちゃ可愛いし、おばさんなんかじゃないよ」

急に由美子の顔が赤くなった。

由美子「酔いすぎたかなぁ。今日はもう開きにしよう」

僕「うん。また誘ってもいいですか?」

由美子は頷いた。
その後もデートを重ね、僕は告白をした。
由美子は困惑してたけど、「結婚を前提にお願いします」と伝えたら、「喜んで」と返事をしてくれた。

その日の夜、ラブホへ行った。
緊張しながらホテルへ入り、ソファに座った。
由美子を抱き締め、キスをした。
なんて柔らかい唇と思った瞬間、舌が入ってきた。
ディープだった。
僕も負けじと舌を絡ませたら息子が大きくなっていた。
それを見た由美子はズボンの上から撫で始めた。
僕も由美子の服の上から胸を触っていた。
しばらく揉んでいると突起物らしき物が。
乳首だ!

入念に撫でていたら、「はぁっ、あっ・・・あっ!」と、キスをしながら吐息が漏れ始めた。

上着を脱がし、ブラだけに。
はち切れんばかりの胸がこぼれ落ちそうだった。
ブラを外すとプルンとしたオッパイ。

僕「すごく綺麗だよ」

由美子「恥ずかしい」

手に収まりきらないほどの巨乳、触るとなんとも柔らかい。
乳首もピンク色で程よい大きさ。
舌で舐めると、「んぅ~!はっ!はっ!あぁ!」と由美子は喘ぎ始めた。
乳首を吸ったり、甘噛みするとさらに激しく喘ぐ。

由美子「んぅ~!気持ちいい~!もっと!あぁ!」

しばらくして下の方に手を伸ばすと・・・。

由美子「ダメ!シャワー浴びてから」

止められた。
そして、先に由美子がシャワーを浴びた。
風呂場から由美子に「僕君も一緒に浴びよう」と言われ、恥ずかしながら一緒に入った。
息子もほぼMAXで、それを見た由美子は、「元気だね~!」ってボディソープで洗ってくれた。
由美子の手は柔らかく、あまりの快感に射精しそうになった。

由美子「出そうなの?」

僕「うん」

由美子「しょうがないな~」

嬉しそうにシャワーで泡を流し、口にインサート。
さらなる快感が僕を襲った。
最初は頭部分を舌で舐め、裏スジを舐め、一気に口の中へ。

僕「んっ!」

由美子は僕の顔を見て嬉しそうに息子を咥えながら上下に動いた。
1分ももたなかった。

僕「出そう」

由美子「出していいよ」

ストロークが速くなる。

僕「ああ~!出る!」

そのまま由美子の口の中へ射精した。
由美子は最初ビックリしてたけど、精子を搾り取るように上下にゆっくり動き、息子を口から離すとゴクリと精子を飲んでくれた。

由美子「僕君、早すぎ~!溜まってたの?量も多かったよ!」

僕が「ごめんネ」と恥ずかしそうにしてたら、由美子が、「また洗わなきゃね!」とボディソープを手につけて息子を洗ってくれた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!