ラブホ化してた学校の倉庫で美人の先輩に盛大に中出し

この体験談は約 6 分で読めます。

高2の夏だったかな。
俺は中高6年間、陸上部だった。
中学時代は男女別々の部活で、ましてや自分は女の子と話すのが苦手だったので、ほとんど関わりを持ったことがなかった。
高校は市内の私立高へ。
うちの高校は10年前まで男子校で、ヤンキーの溜まり場。
共学なった時は、男子が休み時間毎に女の子を見に行っていたという。
まぁ、そんな高校も俺らが入る時にはだいぶ大人しくなっていた。
でも校内の敷地でヤってるって噂はよく聞いてたけど。

上にも書いた通り、高校でも陸上部に入った。
うちの陸上部は人数も少ないこともあって、練習は男女混合だった。
全部で10人くらい女子部員がいたかな。
俺は女の子が得意じゃなかったんだけど、入部初日に一個上の先輩女子3人が、「あんた、目がきれいだね~」と近寄ってきた。
自慢ってほどじゃないけど、自分は目が大きくて二重だった。
それがきっかけで3人とはかなり仲良くなって、部活中も遊びでテニスしたり追いかけっこしたり・・・。
3人とも可愛かった。

そのうちの1人の京子先輩のことが好きになった。
京子先輩は槍投げをやってたけど、背は小柄だけど美人で、ちょっと色が黒め。
まぁスカートも短くてギャル系ではあったけど、優しくていい人だった。

俺は中学時代は足の故障もなく調子もよかったのだが、高校に入ると腰やら背筋やら大腿筋やら故障が相次ぎ、悩むことが多かった。
その度に、周囲の部員が相談に乗ってくれた。
もちろん、京子先輩も。

ある日、練習中に調子が悪くてイライラした俺は、グラウンドから出て学校の近くにある原っぱに行った。
よく悩むと、そこに寝転がって考え事をしていた。
その原っぱは練習場だったので、部員も知ってる場所だった。
寝転がったまま、いつの間にか自分はウトウトしてしまっていた。
すると、ふとカサカサと誰かが来る足音が聞こえ、顔を上げてみるとそこには京子先輩がいた。

「どぉしたよ?吉田(俺)。みんな心配してるよ」

先輩はそう言って俺の前に座った。
気心の知れた人で、しかも好きだったからイライラもだんだん取れて、悩みをまた打ち明けていた。
一通り話し終わった後、「あんた、神経質になり過ぎて疲れてるんだよ。無理し過ぎだし」と言って、俺の頭を撫でてくれた。
俺のは6つ上の姉貴がいるけど、部活の相談とかは出来なかったので、京子先輩はもう1人の姉貴みたいな存在だった。

次の瞬間だった。
先輩は俺の前に来ると、抱きついてキスをしてきた。

「・・・て、まじビビるから・・・」

俺は内心嬉しかったけど、本心をバラしたくないのであえてそんな言い方をしたわけで。

「はぁ・・・吉田、明日の昼休み、なんか用事ある?」
「ないよ」

「ちょっと書道室に来てよ。あたし、待ってるから」
「あぁ・・・分かった」

そんな会話をして2人でグラウンドに戻り、その日は普通に帰った。

俺は当時、童貞だった。
次の日、何が俺を待っているのか明確には分からなかったが、思わず妄想に浸ってしまって、ベッドの中でオナってしまった。

で、次の日の書道室。
書道室の横には倉庫があった。
何が入ってるのかは知らなかったが、そこは校内でラブホ化していて、「お~、あいつらさっき入ってったわ。しかも体育着姿で」とかいう話がよく流れていた。
昼休みに行ったら、本当にそこに京子先輩がいた。

「吉田~、呼びつけてごめんねぇ」

「あ~いや、別に構わんよ」

本心を隠すのに必死だった。
予想通り、俺は手を引かれて例の倉庫に入り、京子先輩は内側から鍵を掛けた。

「・・・」

2人とも沈黙が続く。

「吉田・・・」

ぎゅぅぅぅ・・・。
いきなり抱き締められた。

「私、ずっとあんたのことが好きだったんだよ・・・吉田はどうなの?」

「俺もずっと好きだったよ・・・」

ここで初めて本心を漏らした。

「まじ?めっちゃ嬉しい・・・」

そしてキス・・・。
んで・・・そのまま近くにあったダンボールに添い寝状態になった。

「吉田・・・好き・・・」

「俺もだよ・・・」

そんな事を言いながら抱き締めあいながらキスの嵐。
そのうちに2人とも興奮して下半身を擦りあい始めた・・・。

「吉田はエッチしたことある?」

「・・・ごめん、ない・・・」

童貞だってことを言って良かったのかどうか不安だった。

「そっか。大丈夫だよ、私がリードしてあげるから」

先輩はこんな時でも優しかった。
まじで優しすぎる、改めて好きだと思った。
2人とも制服だった。

「吉田、気持ちいい?」

先輩の手が俺の部分を上から触り始めた。
すぐに大きくなったのを感じながら先輩は言った。
俺も、「うん・・・気持ちいい・・・ん・・・」と、素直に反応してみた。

「先輩も気持ちよくしてあげたい・・・」

童貞のくせに偉そうに言ってしまった。

「吉田、私のスカート捲って・・・顔を入れて舐めて欲しい・・・」

俺は先輩の足元に移って、言われた通りスカートを捲った。
その時の興奮は今でも忘れられない。
うちの女子の制服は某有名デザイナーの作品で、可愛くて人気だった。
そのスカートを捲ると、白のパンティだった。
あえて白を穿いて来たのか、童貞の俺にも場所が分かるくらい、濡れて染みが出来ていた。

「クンクン・・・ハァハァ・・・クンクン」

「吉田、鼻息がくすぐったいよ・・・早く・・・舐めて・・・」

興奮がMAXになった俺。
太腿の近くから舌でペロペロ・・・パンティをずらして舌を入れる。
鼻をパンティにくっつけながら舌で味わう・・・何とも言えない感覚だった。

「あ・・・んぁ・・・吉田・・・いいよぉ・・・気持ちいい」

俺は我慢出来ずに片手でベルトを外そうとした。
その姿に気づいたのか、「吉田、私が脱がせてあげるよ・・・」と。
素直に従い、脱がせてもらった。

「吉田の大きいね、今まで想像してたのよりずっと大きい・・・」

この時、分かったのだ。
先輩もずっと気にしててくれて、さらに俺のモノまで想像していたとは・・・。

(可愛すぎる・・・先輩、大好きだ)

どんどん気持ちが高まっていった。

「ハァハァ・・・吉田、舐めてもいい?」

「うん、舐めて・・・」

もう、そう言う他なかった。
いつの間にか先輩のブラウスは肌蹴てブラも外れていたため、乳首の立った胸が見えていた。
下はスカート、中には染みの出来た白のムレムレパンティ・・・。
今、思い出しても興奮しちまう。
先輩の小さい口が咥えこんで、中で舌がいやらしく軽妙に動く・・・。

「んぁぁ・・・先輩・・・いいよ・・・ハァハァ・・・先輩・・・」

思わず俺も喘いでしまった。
先輩は片手でタマを揉みながら、ペロペロ・・・クチュクチュ・・・。
当然だが、今まで味わったことのない快感だった。
先輩は俺のモノを口から離すと・・・。

「吉田・・・私ね、見られてると興奮するんだ・・・見て・・・」

そう言うと、先輩は自分でパンティを脱ぎ、ブラウスも脱ぎ、ダンボールに座った。
そして中指をペロっと舐めて、その指を自分のおまんこに挿入した・・・。

「あっあっ・・・吉田・・・あっあっ・・・気持ちいいよぉ・・・」

そんなのを黙って見てられるだろうか。
俺も上を脱ぎ、自分のモノをしごき始めた・・・。
それを見ながらオナる京子先輩、さらにそれを見ながらオナる俺・・・。
今思えば、どっちも頭が変になっていたと思うが、その時は止められなかった。

「ハァハァ・・・吉田・・・もうすぐイッちゃう・・・その前に・・・吉田のが欲しいの・・・私に吉田のをちょうだい・・・」

ついに来た、この時が・・・。
先輩は俺に仰向けに寝るように指示した。
つまり騎乗位だったわけで、先輩がハァハァ言いながら俺のを持ち、自らの穴に挿入・・・。
先輩の中はすでにグチャグチャだった。

「吉田・・・一緒にいこう・・・一緒に・・・」

俺は何も言うことが出来なかった。
全部先輩に任せてしまった。
先輩が動くたびにクチュクチュをいやらしい音が先輩の中で鳴っている。
俺は目の前の光景と先輩の喘ぎ声と快感とでイク寸前。

「先輩・・・俺、もうだめ・・・イキそうだよ・・・」

「ハァハァ・・・私もイキそう・・・吉田・・・中にちょうだいね・・・吉田のが欲しいの・・・」

激しい動きが続き、そして・・・。

「!!!」

それはほぼ同時だったと思う。
表現出来ない言葉を残して俺はイキ、先輩の中に盛大に中出ししてた。
先輩もぐったりして俺の上に倒れこんできた。
俺は先輩の体を抱き締めた。

「先輩、・・・すごいよかった・・・ありがとう・・・大好きだよ」

「私もすごく気持ちよかった・・・吉田・・・大好きだよ」

最後にもう一度熱いキスをした。

それから京子先輩とは数ヶ月付き合ったが、先輩に好きな人が出来た。
俺はショックだったが、翌年の春、そんな俺も新入生と付き合うことになった。
高校時代のいい思い出でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!