新着情報

風俗で働く姉が教えてくれたアナル舐めの気持ちよさ

この体験談は約 5 分で読めます。

絶対に内緒と約束してたんですが誰かに聞いて欲しくて・・・。

姉はヘルスで働いてます。
僕が気付いたのは・・・。

・居酒屋でバイトのはずの姉の金遣いが荒くなった。
・スマホを2台持っている。
・ヘルスに行った帰りの時と同じ匂いが姉からした。

たまたま2人で夕食に居酒屋に行った時、問い詰めると、やっぱりそうだった。
最初の頃は、姉が汚いおっさんのをしゃぶってるかと思うと気持ち悪くて・・・。
でも店の話や、変わった客の話を聞いているうちになんか感覚が麻痺して慣れました。
店は一応関西ですが、それ以上は勘弁です。

でも姉は、僕が親にこの事をチクるかもって心配らしくて、口止めのかわりに僕のをしゃぶってやるって言い出しました。
もちろん断りました・・・、最初は。
でも、ケンカした時やムカついた時にポロっと言ってしまうかもしれないって・・・。
そうなれば一生親に顔を見せられないって・・・。
僕はこの事がバレて姉がどこかへ行ってしまうと困るので、絶対に誰にも言わないって心に誓ったのです。

でもしばらくすると、誰かに聞いて欲しいって気持ちがだんだん出てきて・・・。
いつも断ってはいましたが、そのことを想像してオナニーしてました。
本当はすごく興奮していたんです。

僕の部屋でバイオハザードをやってた時です。
姉が部屋に入ってきました。
姉はバイオは怖いからやらないけど、僕がプレイしてるのを見るのは好きなようでした。
途中でゲームを中断して雑談してた時、今日も触ってくれないかなと想像してるとビンビンに勃起してしまいました。
そしてちょうどその時、姉が僕の股間に手を伸ばしてきたのです。

「あっ」と姉は一瞬手を戻しました。

「なんで立ってるの!?」って驚いてましたが、笑いながらもう一度僕の股間に手をやり、ジャージの上から握ると手を上下に動かしました。

ジーッと僕の表情を見てくるので、恥ずかしくて壁の方を見てました。
その隙にズボンとパンツのゴムの部分を同時に引っ張られ、勃起したチンチンが顔を出しました。
僕は一瞬抵抗しましたが、姉が無理やり咥え込みました。

もう僕は何も出来ません。
姉の髪の毛で咥えてる所は見えませんでしたが、姉は頭を上下に動かして、僕はそのまま射精してしまったのです。
姉はザーメンをティッシュに出した後、「これで絶対に親には言わないって約束だよ」って言いました。

でも今では、僕の方から頼んで、店の半額の金を払い、しゃぶってもらってます。
アナルが気持ちいいのを教えてもらったのも姉です。
アナルを舐められるって事自体、想像した事もなかったんですが、「これはお客さんにも大人気」とか言ってやってくれました。
すごく恥ずかしい格好をさせられましたが、舌先をとがらせチロチロとやったり、チューッと吸いついてみたり・・・。
思わず声が出てしまいました。

1回6500円でも結構つらくて、姉は「別に約束守るなら(無料でも)いいよ」って言ってくれるけど、それではお願いしにくいので毎回払ってます。

1度両親がいない時に風呂場に来てもらい、僕は全裸、姉はトレーナーの上下姿でプレイしました。
でもシャワーの水しぶきで服が濡れるからと姉は脱衣室に戻り、「ついでだから一緒に入っちゃお~」って全裸で入ってきました。
石鹸を上手に泡立てて僕のおちんちんに塗ると、優しくゆっくりと包茎の皮を剥いてくれて亀頭の部分を丁寧に洗ってくれました。
そのまま手を股間の奥にまわし、中指でアナルも優しく洗いながらマッサージ・・・。
初めてアナルが気持ち良く感じた瞬間です。

正直に「気持ちいい」って言うと、シャワーで泡を洗い流した後、湯船の縁に両手をつくように言われ、両手をつき大きく足を広げ、すごく恥ずかしい格好をさせられました。
姉が後ろに回り込み、両手でお尻の肉を開いてそこに顔を埋めると、アナルを舐めながら「これはお客さんにも大人気」って言いました。
アナルを舐めながら、手を前に回して手コキされると僕は思わず声を出しながらイッてしまいました・・・。

湯船に浸かりながら、隣で体を洗う姉を見てるとまたドキドキしてきて勃起してしまいました。
今までは姉を女性だという意識はなかったのですが・・・。

体を洗った後、姉も湯船に僕と向かい合わせで入ってきたので、風呂のお湯が大量にザバーッと溢れました。
僕はなんとなく条件反射で湯船から出ようと立ち上がると、勃起したおちんちんがちょうど姉の顔の前に・・・。

「お客さん元気ね」と姉は冗談を言い、湯船から出ようとする僕の膝を押さえました。

僕がそのまま縁に腰掛けると再び姉がおちんちんを咥えてフェラチオを始めました。
強く吸い付きながら頭を上下に動かし、いやらしい音が風呂場に響いていました。

僕は思わず手を伸ばし姉のおっぱいを触っても姉は何も言いませんでした。
すぐに勃起した乳首をコリコリした後、調子に乗ってお湯の中に手を入れて、まんこに指を伸ばしました。
そのまま指でまんこの肉を開き中指で触れると、お湯の中でも“ぬるっ”っていう感触がわかりました。
姉は濡れていたのです。

急に姉がおちんちんを握ったまま立ち上がったので、僕は(やりすぎたか?)って思いながら姉を見上げると・・・。

「入れちゃおっか?」
「・・・えっ」

「なんだか入れたくなっちゃった。別にいいでしょ?もうここまで来たら・・・」
「・・・うん」

姉は僕に背中を向けるとお尻を突き出し、「ねぇ、私のも舐めてよ」と言いました。
僕はお尻の割れ目を両手で開き、顔を突っ込みクリトリスを中心に舌先を尖らせ舐めまくりました。
アナルに舌を移動させるとビクッと反応。
やはり姉もアナルは感じるようです。
再び、まんこに舌をずらし舐めているとピチャピチャと音が鳴り出しました。
まんこから口を離すとツツーと愛液が糸を引き、割れ目周辺がヌメヌメになっていた。

僕が縁に腰掛けると姉が僕と抱き合うような形でおちんちんの上に跨がって来ました。
姉はおちんちんを握り、まんこに宛てがいながら・・・。

「初めてだよね?」

「・・・うん」

姉が腰をクイッと下ろすとヌルンと亀頭部分が入りました。
そのままゆっくりと、姉は根元まで締め付けながら入れてくれました。
抱き合いながら姉がゆっくりと腰を動かしていて、「はぁ・・・はぁ・・・はぁん」っていう熱い息遣いが僕の耳元で感じられた。
僕はだんだん我慢ができなくなり、姉のお尻の肉を鷲掴みして上下に動かすと姉は腰の動きのスピードを上げました。

僕はもう我慢の限界が来て、「おねぇちゃんっ・・・もう出そう!」って叫びました。

「いいよっ・・・このまま出しちゃって」

そう言うと姉が腰の動きを一段と速めたので、僕は思いっきり姉に抱きつきながら射精してしまいました。
しばらく抱き合ったままグッタリしながらお互いに自然と軽くキスをしました。

「どう?初めての感想は?」

そう言いながら姉はすぐにシャワーを浴び、ヤンキー座りの格好でまんこにシャワーを掛け、中に出した精子を洗い流していました・・・。
その光景にすごく現実感を感じました。

この時、僕は21歳で、姉は23歳でした。

【ハンディコミック】神の乳母~異形に奪われた妻~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳乳メトロポリス
最強媚薬エロティカセブン