妹からのご褒美は俺のカルピスごっくん

この体験談は約 2 分で読めます。

1人で晩飯を食べていたら、風呂上がりのピチピチ肌の妹が裸のまま台所に入ってきやがった。
隠すべき所も隠さずにバスタオルで体を拭きながら、冷蔵庫を開けて言った。

「え~、ジュース何もないよ~。お兄ちゃ~ん」

「そんなこと知るか。下のコンビニ行って買ってくりゃあいいだろ」

「面倒くさ~い。お兄ちゃん買ってきて~」

全く腹が立つ。
面倒臭いことになるといつも甘ったれてきやがる。

「じゃあ俺のカルピスでも飲ませてやろうか?」

「いらな~い。どうせまたオナニーするんでしょ。でもいいわよ。ジュース買ってきてくれるんなら。お兄ちゃんのカルピス、飲んであげる」

交渉成立。

「よし!」

そう言うと俺は立ち上がり、スウェットの下とトランクスを一気に下まで下ろしてチンポを動かし始めた。

「馬鹿じゃないのー。先に買って来てくれなきゃ飲んであげな~い」

仕方なくマンション一階にあるコンビに買いに行く。
ピーチ、コーラ、オレンジなど何本か適当に買って戻る。
妹はミニペットをがぶ飲みする。

「は~飲んだ~。いいわよ、お兄ちゃん」

妹は俺の前で正座をして、口を大きく開けた。

「あ~ん」

俺はチンポを妹の口に乗せて親指と人差し指でしごき始めた。

「今日は私が口だけでやってあげる」

妹が言い出した。

「最初からそう言えよ」

立て膝をついた妹が俺の尻に両手をまわす。
妹は顔を激しく動かし始めた。
気持ちいい。
口の中に入れたまま強く吸引してくる。
堪らない。

「あれやって」

そう俺が言うと口の中でチンポを舌全体で強く擦り始めた。
舌のざらつき感が素晴しい。
情けないことに、これをしてもらうと俺はいつもすぐにイッてしまう。

妹は約束通り射精しても口から離さずに口の中に含んでごくりと飲んだ。
べろ~んと舌を出して俺に見せつけた。
そして、「アハハハ」と妹は笑いやがった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド