風呂上がりの姉に股間が元気に反応してしまった

この体験談は約 3 分で読めます。

大学の合格通知が届き、予備校で親しくなっていた数人と全員の合格祝いで終電過ぎまで飲んでしまった。
手持ちも僅かだったので帰宅するのを諦め、歩いて30分くらいのマンションに1人住まいをしている4歳離れたOLをしている姉に電話をした。
幼い頃から優しくて、なんでも我儘を聞いてくれていた姉に事情を話すと、少し間があったけど泊めてもらえることになった。

たまたま同じ方向に帰る友人がタクシーに乗せてくれたので、あっと言う間に到着。
セキュリティーのないマンションに入り、姉の部屋のドアの前でベルを鳴らした。
反応がないのでもう1度。
ドシドシと中から足音が近づいてくるのが聞こえ、少し間があってロックを解除する音がして、そっとドアが開かれた。

「ごめん、早かったね。まだ来ないと思ってシャワー浴びてた」

ドアを開けて驚いた。
ミッキーマウスがプリントされたバスタオルを巻いた姉の姿が目に飛び込んできたのだ。
咄嗟に身体が硬直してしまった・・・。

「寒いから早く入って」

我に返ったが、タオルからはみ出た大きい胸に目のやり場を失った。
視線を下げると玄関を開けてくれた際に右足を大きく踏み込んでいたため、姉の身体に巻かれていたタオルの裾が大きく左右に離れ、バストトップ以外はすべて露わになってしまったが、本人は気付いていない様子だった。
幼い頃に姉の裸を見た記憶があったが、当然あの頃は存在していなかった陰毛があった。

リビングに通されて、姉が用意してくれていたスウェットに着替えた。

「お母さんから聞いたよ。合格したんだって!よかったね。おめでとー」

キッチンの冷蔵庫を開けながら姉は我がことのように喜んでくれた。

「来ると思ってなかったから何もないけど、ビールで乾杯しよ!」

そう言うなり前屈みになって冷蔵庫を覗き込んだ姉。
その姿を後ろから見ていたのだが、大きな尻と、その間に挟まれたアナルもおまんこも丸見えだった。
ネットでは散々見てきたものだったが、生で見る初めてのおまんこが姉のものになるとは思いも寄らなかった。
ツマミになる物を探していたのか、結構長い時間眺めていられた。

説明し忘れていたが、姉のスタイルはお笑い芸人の柳原可奈子を横に成長させた感じで、ナイスバディとは真逆ではあったが、元来姉ちゃん子だったし、なにより初めて姉を女として意識して目にする生のおまんこに、股間は元気に反応していた。

姉は上体を起こし、何かを電子レンジにセットして、再び前屈みになった。
当然、またもや丸見え状態。
こっそりと背後に忍び寄ってしゃがみ込み、両太股を抱きかかえておまんこにしゃぶりついた。

「キャッ!」

姉は驚いて上体を起こして逃げようとするが、男の力には敵わない。
抵抗しているうちにバスタオルは剥がれ落ち、一糸纏わぬ姿になった姉の尻に顔を押し付けておまんこに舌を伸ばした。
頬とアゴに触れる姉の剛毛がくすぐったかったが、徐々に酸っぱい香りを放ちはじめているおまんこにひたすら喰らいついた。
どれだけ時間が過ぎただろうか、それまでは「やめなさい」「そんな事しちゃダメ」「姉弟でしょ」と言っていた姉が膝を震わせはじめ、崩れるように両膝をついた。

「アッ!アッ!アッ!」

もう言葉にならなくなっていた姉に、俺は後ろから挿入した。
まさか姉と近親相姦してしまうなんて・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド