競泳水着を着た中3の妹と風呂場で[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

俺には5つ歳が離れた妹がいる。
俺のスペックは大学2年、妹は今は中3だ。
よく二次裏で妹がいる人の話を聞くと、『実在する妹なんて兄を汚い目でしか見ない』とか『女として幻滅する』だとか『妹に萌えるのはありえない』とか聞くが、俺の家では年が若干離れているのもあってか、そこそこ仲がいい。
これからどんどん兄離れしていくのかもしれないが、今のところ妹も俺に懐いている。
俺に似ず、まぁまぁ可愛い顔立ちをしていて、懐いている妹を邪険にはしない。
てか、中学に上がるまでは一緒に風呂に入ってたりもしていた。
親に言われて、中学からは禁止になったが。

俺としては、妹のことを男と女としてどうこうしたいなんて思ってなかったけど・・・。
オナネタを集める意味で(実際にオナる時は妹をそのまま使うときもあれば、顔だけすげ替えて想像するときもある)性的な目で妹を見たりもしてたんだ。

んで、本題はこっから。
去年の8月、俺が大学1年、妹が中2の時の話。
俺らが2人とも夏休みで、ウダウダと家の中で暇そうにしてたら、両親が夫婦水入らずで旅行を企画。
とうとう1泊2日で黒部ダムを観光にしに行っちまった日のこと。
俺はサークルなんて入っちゃいないし、妹は部活(水泳部)から午前中だけで帰ってきて、午後から普通に2人して家にいたんだ。
とりあえず親の目もないことだし、新しいオナネタが発掘できないかなと思って色々と妹をイジって(やらしい意味じゃなくて)みようとした。
夏だし、昼間からやる話じゃないなと思いつつも二次裏の恐怖スレで見つけたネタを話したり、俺の部屋で恐怖画像を見せたりしてみた。
案の定、怖がりなくせに好奇心が強いから結構食いついてきて、キャーキャー騒いでる。
俺はそのとき、ガードが甘い妹のパンツ(薄いブルーだった)を見たり、PCを覗き込む妹のキャミから見える胸の谷間とブラチラを見たりしてたんだけどね。
薄着だから体のラインとかもはっきり見えるし、肩紐の部分とか水着の日焼けの跡もグッとくる。
他にも胸の膨らみとか太ももの肉付きとか、パンツの色や形のセレクトとかちょっと女っぽくなってきてて、こりゃいいオナネタになりそうだなんて思いつつ、途中でコンビニに一緒に行ってアイスを買ったり・・・。

夕飯の買い物にスーパーに行ったりしてたら夜になった。
夕飯が終わった後、風呂から上がったら一緒に格ゲーをしようと約束して、先に妹が風呂に入った。
妹は基本的に風呂は1時間弱くらい入るし、さすがに風呂を覗いたりする根性も発想もなかったから、やってた居間のゲーム機の電源を落として、二次裏でも見ようと思って部屋に戻ろうとした。
そうしたら風呂の方で扉の音がして、まだ5分と経ってないのに妹がバスタオル1枚で出てきた。
部屋に戻るために階段を登ろうとしている俺を見て・・・。

「おにーちゃん、さっきまでずっと居間にいた・・・よね?脱衣場に入ってきたりしてないよね?」

とか何とか言い出した。
覗いたと誤解されたのかと思って慌てて否定したんだが、よくよく話を聞いてみると、湯船に浸かる前に体を洗っている最中、後ろの方から何度も気配がしたようだ。
たぶん恐怖スレに風呂場での話があったから、それを思い出して変な気になっただけだろうが、マジビビリが入っている状態。

「今日は風呂やめたら」って言ったら、部活をやったから風呂に入りたいとのこと。

じゃあどうすんだよと思ってたら、悩んだ表情で俺の顔を見たり下を向いたりした後・・・。

「お父さんもお母さんもいないし、昔みたいに一緒に入ってくれる?」

想定外の嬉しい申し出だったが、即答してもいいのかとか考えていると・・・。

「あ、じゃ私、部活の水着を着るから。おにーちゃんも水着出して着ればいいでしょ?」

『裸がいい』とはさすがに言えず、「しょーがないなー」とか言いながら風呂に入ることにして、(むしろ水着がご褒美)とか考えながら、部屋に自分の水着を取りに行った。
部屋の奥に仕舞ってた水着(トランクスタイプ)を取って戻る頃には、妹は風呂場に干してた水着(競泳用)を着込んで脱衣場で待っていた。
プールの塩素の匂いもちょっとまだ残っているし、家のお風呂で水着ってシチュエーションだけで勃起しそうな感じになった。
妹はちょっと恥ずかしそうにしながら・・・。

「先に湯船に浸かってるからすぐ来てね」

そう言って風呂に入っていく。
俺も、勃ってるチンコをばれないよう水着に収納するのに苦戦しながら、着替えて風呂場の磨りガラスをノックして風呂場に入った。
湯船に入ってた妹が俺を見て、へらって感じで照れ笑いしたんで俺も思わず照れ笑い。

しかし、入ったはいいがどうしようかと思ってたら、普通の体勢で湯船に入ってた妹が湯船の半分に体育座りで浸かる格好に移行。

(その残り半分のスペースに入れってことか?)

ちょっと無理があるだろと思いつつ掛け湯をして、妹の隣に腰を屈める。
膝まで入れた時点でお湯が溢れ出し、ちょっと勿体ない。
案の定、身長が150センチくらいしかない妹は浸かれても、170センチある俺はそんな体勢じゃ入れないのでどうしようか迷っていると、妹が今度は俺に背中を向ける体勢に。
これなら妹の後ろに入って足を伸ばすこともできる。
しかし、このフォーメーションは下手をすると(下手しなくても)、チンコが妹の腰とか尻に当たりそうで危険だ。
チンコが妹に当たらないよう、一定の距離をキープできるように妹の肩に手をかけながら俺も湯船に入った。
ほとんどお湯が溢れてしまったんじゃないかと思えるくらいだが、そんなことを気にするより、今は妹だ。

目の前には紺色の競泳水着と、水泳部のくせにセミロングにした髪の毛、ところどころ見えるうなじ。
肩に置いた手から伝わる感触も妙に生温かい・・・。
普段スキンシップで触れている時とは全く違う感触にどぎまぎした。

「さっきはちょー怖かったんだよ」とか「おにーちゃん、今年は海に行けなかったね」とか話しているが、ちゃんとした入った返事ができない。

というか頭が回転しない。
あんまり長時間妹の肩に触れているのもそれはそれでおかしいので、一定の距離がキープできていることを確認し、そっと手を離す。
すると途端に妹が伸びする感じで逆側の壁を足で蹴り、反動でじゃれるようにくっついてきた。
現在進行形でなおも勃っているチンコを庇うことができず、妹の腰に俺のチンコが当たってしまった。
とっさに腰を引くが、確実に勃っているのはバレただろう・・・。
慌てて、なんて誤魔化そうか2秒ほど頭を真っ白にさせていると、妹の方から話を逸らしてくれた。
なんて空気が読める妹だと感謝しつつ、表面上の会話を続ける俺たち。
ただ、微妙な雰囲気を戻すまでにはいかなかったせいもあるんだろう・・・。

「髪、洗うね」

そう言って妹が立ち上がった。
立ち上がる際に目の前に妹のお尻が接近。
濡れた水着と水着から滴るお湯が艶かしい。
湯船から出た妹は風呂椅子を使わず、風呂場の床に女の子座りでぺたりと座り込み、シャワーで髪を濡らし始める。
床に触れて形を変えている太ももが、それだけで柔らかさを強調し、妙にいやらしい。

「髪、洗ってやろうか?」

ただ妹の体を観察しているのも何なので、提案する。
というか、ずっと風呂に浸かってたらのぼせてしまう。
一瞬きょとんとした妹が、嬉しそうに「うん!」と頷いた。

「昔はよくこうやって洗ってやったよなー」

なんて会話をしつつ、妹の髪にシャンプーを付けて洗い始める。
午前中だけとは言え部活があったせいだろうか、塩素による若干のゴワゴワ感があるものの、手入れされた髪は触っていて楽しい。

「おにーちゃんの髪の洗い方、やっぱ気持ちいーねっ」

妹が鼻歌を歌いながら体を左右に振ってリズムを取る。

「洗いにくいって」とか言いながら洗う。

ひと通りリンスやトリートメントもして洗い終わった後、シャワーで流す。

「はい、終わり。体は・・・自分で洗うよな」

「えー、昔は洗ってくれたじゃん。やってよー」

(マジですか)

とりあえずスポンジにボディソープを付け、泡立てる。
妹を風呂椅子に座らせ、背中を向けさせて、「腕上げろ」と指示して右腕から洗っていく。
ちょっと強く握っただけで折れそうなその腕は、“ピチピチ”としか表現できないほど艶やかな輝きを持っていた。
右腕、左腕と洗い終わり、さてどうしようかと悩む。
ここで終わるのも自意識過剰な感じがするので、こちらを向くよう指示した後、脚を洗い始める。
水着の付け根から伸びるすらりとした脚を左手で固定し、軽く擦り始める。
なにか女王様のお世話をする召使いの気分だ。
妹もたぶんそんな感じなんだろう、背中を反らして脚を組んでいる。
ただ、たまに支えている俺の左手が足の裏やふくらはぎを移動する毎にちょっとビクンと反応するのが、まだまだ女王様の域には程遠い。

だんだん俺の中でやり過ぎのだと思われる範疇に入ってくるのだが、もう膝下には洗う箇所がなくなったので、組んでいる脚を元に戻させ、若干開き気味にするよう指示した上で太ももに手を伸ばす。
抵抗するかと思ったが、すんなりなすがままになっている。
が・・・もう先ほどまでの軽口は聞こえず、双方黙ったままの状態。

左手に伝わる太ももの感触。
子供の頃はもっと骨っぽかったのに、女として成長しつつあることを感じさせる。
妹と母親以外、まともに女に触れたことがない俺にとって瑞々しい肢体に触れるのは完全に未体験ゾーンだった。
膝下を洗っているときもそうだったが、脚を固定している左手や、スポンジを握っている右手の指先が肌に触れるたび、妹はかすかな反応を見せ、それが俺をさらにどぎまぎさせた。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!