兄と弟に2穴同時挿入されてイキまくった人妻の私

この体験談は約 3 分で読めます。

34歳の人妻です。
子供も2人いるのですが・・・。
その夜、兄と弟のペニスが同時に私の中で動き始めた時、それだけで私はすぐにイッてしまいました。

今年の1月8日、母の一周忌の終わった夜のことです。
父や母が使っていたベッドの上で私は兄にアナルを、弟にヴァギナを貫かれて喘ぎ狂ってしまったんです。

お正月すぐ後の平日で、私の旦那様は仕事で休めないし、兄のところも学校の教師をしているお義姉さんが無理、弟のところは奥さんが妊娠9ヶ月目・・・。
ということで兄妹3人だけが実家に集まって、親戚の人を迎えて法事を終わらせました。
10年前、私が結婚したての頃に父が亡くなり、母が亡くなった去年から実家には誰も住んでいませんでした。
法事が終わって親戚の人達も帰り、兄妹3人だけで実家に泊まることになりました。

3人でお酒を飲んで子供の頃の話で盛り上がり、酔った勢いで、「昔みたいに一緒にお風呂に入ろう」ってことになりました。
私が10歳くらいまでは、よく3人一緒にお風呂に入っていましたが、もう23、4年も前の話です。

実家のお風呂は広くて、お風呂好きだった父が、大人2~3人は入れるジェットバスタイプに変えていました。
脱衣所で3人、子供のようにキャッキャ言いながら服を脱いでるうちはまだ良かったんです。
子供のようにと言っても、私34歳、兄が36歳、弟が30歳、みんないい大人です。

3人も一緒に入るにはさすがにバスタブも狭くて、体があちこちくっ付きあって、だんだん変な雰囲気になりました。
そのうち兄が私のオッパイを触りはじめました。
弟も私のお尻やあそこに手を伸ばしてきて、私も悪乗りして2人の下腹部に手を伸ばしました。
2人のペニスはカチカチに勃起していました。

私が2人のペニスを握るのと、兄が私のオッパイを弄りながらキスしてくるのと、弟の指が私のクリトリスを触ってくるのがほとんど同時でした。
もう『子供の頃ごっこ』ではありませんでした。
私はお風呂の中で弟のペニスを咥えると、私の後ろから兄がペニスを挿入してきて、セックスが始まってしまったんです。
兄の激しい動きに私は我を忘れてしまって、弟のペニスを咥えしゃぶりながらお尻を揺すって兄の動きに応えました。
弟が射精した精液を飲み干しながら、兄が私の中に射精するまでの間、私は何度もイッてしまいました。

両親の寝室のダブルベッドに運ばれた時は体中の力が抜けてしまっていました。
今度は弟が私の両足を抱えるようにして開き、ペニスを挿入してきました。
兄が乳首を吸いながら私のアナルに指を這わしてきて、弟のペニスの動きに合わせるように指を挿入して動かして、もう片方の乳首を弟が吸い、片方の手でクリトリスを弄りながら腰を動かし続けました。
経験したことのない気持ち良さで私は悶えよがり、絶叫しながらイッてしまいました。

気がつくと弟が私の体の下になっていて、横たわった弟の体に私が足を広げたまま覆い被さっていました。
でも弟とは繋がったままでした。
少し柔らかくなりかけた弟のペニスをヴァギナの中に感じていると、背中から兄が覆い被さるようにしてきて、ペニスがアナルに押し当てられ、そして押し入ってきたんです。
鈍い痛みで私は体を強張らせてしまいました。
同時に弟のペニスを締め上げるようにしてしまい、弟も呻き声を上げましたが、でも私の中で弟のペニスが硬く怒張するのがわかりました。

痛かったのは一瞬だけでした。
兄が動き、弟が下から突き上げ始めました。
体の奥で2本のペニスがぶつかり合うのを感じてからは、もう私は頭の中がショートしたみたいに何も考えられなくなって、体が勝手に痙攣してイッてしまったんです。

翌朝まで兄と弟と交互に、最後はまた3人一緒になって、何回もセックスしてしまいました。
私の体の中に兄と弟の精液が溢れ、3人とも昼過ぎまで裸のままベッドで眠りました。
夕方近く、なんとか身支度を整えて3人がそれぞれの家に帰ることになったんですが、別れ際に弟から次に会う日を求められ、駅まで車で送ってもらった兄とは、そのままラブホテルに行ってしまいました。

あれから2週間、そろそろ生理が来てもおかしくない時期です。
快感に溺れてしまった私に今、『妊娠』という言葉が重くのしかかってきています。
それなのに、来週末には兄や弟と会ってセックスすることを考えて、私の体は疼いているんです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ちょっと一息エロ動画