母を自分だけのものにしたくてM女調教

この体験談は約 3 分で読めます。

たとえ親子だろうが、肉体関係を持ってしまえば所詮は男と女になる。
求めるものは快楽だけで、相手は甘えられる存在だから、試してみたいことをあっさりと口にもできる。
最初、母は恥ずかしがり、「やだ、やだ」と照れながら逃げていたが、真似事くらいはさせてくれた。

はじまりは、後ろ手に縛っただけの簡単なSMプレイ。
1年も続けていたら、母はすっかり立派なM女になった。
でも、「ご主人様」って呼ばせるのには意外と苦労した。
そりゃあ毎日一緒に暮らして、たまに怒鳴られてんだから、そんな相手をいきなり「ご主人様」と呼べと言ってもな。
いつも使うホテルで逆さ吊りにして鞭でしばき倒したら、やっと言うようになった。
どんなに泣いても狂ったように責め続けていた俺がマジで怖かったと後で母は言った。
でも気絶するまで叩かれ、一瞬遠い世界に行きかけた時、俺に殺されるなら構わないと思えたそうだ。

うちは結構大家族で、爺ちゃん婆ちゃんもいるし、母は5人も子供を産んでいて俺はその2番目。
もちろん親父もいて、みんな一緒に暮らしているから母の苦労も半端じゃない。
毎日家事に忙殺されて、そのうち爺ちゃんは寝たきりになっちまうし、婆ちゃんはちょっとボケかかってくるし、そんなときに限って親父は外に愛人を作って家に帰ってこなくなるし・・・。
子供の中で男は俺1人だけだから昔から頼りにされていて、親父が女のところに入り浸っているときも俺が間に入って慰めたりしてた。
みんなが寝静まった後、母と酒を飲みながら愚痴を聞いてやるのが日課になり、泣きながらしがみついてくることが多くなった。
やっぱりその日も泣きながら母にしがみつかれて、2人でコタツに入りながら床に倒れてたら、なんとなく目が合って、キスして、そのままずるずると行ってしまった。

5人も子供を産んではいるが、母は意外と見た目が若くて結構綺麗。
上の姉ちゃんはなんと16歳で産んでいる。
俺は18歳の時に産まれた子供。

みんなが寝てるから悟られないように静かにやったんだけど、すげえ色っぽい声を出すから驚いた。
一生懸命我慢してたけどやっぱり出ちゃうみたいで、その声を聞いてたら、母って本当にいい女なんだなって思えた。

そのときはパンツだけ脱がせてコタツに潜り込みながらやったんだけど、メチャメチャ興奮してすげえ気持ちよくて、なんか訳がわからないうちに我慢できなくなって、気づいたら母の中で発射していた。
母は怒りもしないで、泣きながらずっと俺にしがみついてた。
涙を流しながら笑ってくれて、俺のが一番良かったって言ってくれた。
もう母が可愛くて可愛くて、ずっと抱いていた。

で、次の日、俺は速攻で親父の女のところに行って、思いっきり親父をぶん殴ってきた。
おかげで家に戻ってきちゃったんだけどさ。
でも、母のために俺が動いたのは母もわかっていたから、親父が帰ってきても相手にしなかった。

俺はあちこち現場を飛び回るのが仕事だから、手の空いた時間に母と示し合わせてホテルに行ったりするようになった。
で、冒頭に戻るわけだ。
俺に殺されてもいいって思ったのは、俺がめちゃくちゃ母のことを好きだってわかっているからだろうな。
俺は母を親父に取られたくなくて、しばき倒してでもいいから何がなんでも俺のものにしたかった。
確かに俺はSMとかが好きな変態だけど、でもそれだけじゃなくて、母がなんでも言うことを聞くようになって、「こいつは俺のもんなんだ」って母自身に証明させたいわけだ。

念願叶って、今はめちゃくちゃ可愛い。
なんだって言うことを聞くし、変態っぽいこともたくさんさせてくれる。
すごく色っぽい声で、「ご主人様」って言ってくれるし。
もちろん2人きりのときだけだけど。

最近は2人で出掛けることも多くなって、母も俺だけ特別扱いしたりするから、上の姉ちゃんあたりは勘ぐっている。
早く嫁に行っちまえ。
みんなさっさと嫁に行ってくんねえかな。
そしたら親父を家から叩き出して、家の中でも母と遊べるようになるんだけどな。
でも、一番下ってまだ小学生なんだよな。
それに爺ちゃん婆ちゃんにも長生きしてもらいたいし、当分は無理かも。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

オススメのマッチングサイト

ちょっと一息エロ動画