新着情報

卒業旅行の引率役を頼まれて

この体験談は約 3 分で読めます。

以前大学生の時に塾講師をしていた時、中3の女の子達(3人組)から卒業旅行に行きたいので親を説得するためにも引率役をしてくれと頼まれた。

一泊位で行けそうな所という事で近めの所を選び、費用を浮かすために俺の車で行くことになった。
行ったのは只のキャンプ地で近くに何があるというわけでも無かったのだが、話の成り行きで夜に温泉に行きたいという事になった。
で、地図を見ながら車で数10キロ離れた温泉まで行くことにしたのだが、途中道に迷ったせいもあり、着いたのは0時を少しまわったくらいになってしまった。
平日でしかも地元の人間くらいしか来なさそうな所でもあり、そこの露天風呂には誰もいなかった。

しかしいざ入ろうと近づいた時、そこで初めて大事なことに気が付いた。

そう、そこは混浴だったのである。

当然俺は生徒達だけで入ってくるように言ったのだが、暗くて怖いからついてきてよ、などとしきりに手を引っ張りながら哀願してくる。
恥ずかしくないのか?とか聞いてみても先生なら別にいい、とのこと。

思いっきり悩んだが(実は内心では嬉しかったりしたのだが・・・)、せっかく苦労してここまで来たのだからと、結局一緒に入ることにした。

早速男女別に別れている脱衣所に行き、タオルを下半身に巻きつけつついざ出陣。
(この時はさすがに心臓バクバク!)

湯船に浸かってしばらくすると連中も脱衣所から出てきた。
恥ずかしそうにでもするのかと思っていたが、結構あっけらかんと出てきたのには拍子抜け。
湯船に入るときもタオルを岩のところに置いて、3人とも堂々と素っ裸で入ってきたので、もうこっちは頭がのぼせたみたいにクラクラしてきた。
(この時は彼女もまだいなかったので、生で女の子の裸を見たのは実は生まれて初めて!)

普段やかましいだけのガキだとしか思ってなかっただけに、いきなり大人の女と変わらないような裸を、それも3人分一気に見せられてショックというか、頭の中はもう大パニック状態だった。
(所詮こちらも19のガキだったもんで・・・)

さすがに4Pとかは無かったよ。

「先生オッパイ触ってみる?」とか、「あそこ見せて」とかやってて、めちゃくちゃ変な雰囲気にはなったけどね。

「私の形って変?」とか陥没乳首がどうのとか聞かれても、正直よく判らなかったので、その辺は適当に誤魔化したりしてたんだけどね・・・。

普段できないようなエロ話をいっぱいしたなぁ。
でも中学生の女の子があれだけエッチなことに興味があるってのは、当時の俺にとってはかなりの驚きだった、話してても逆にこっちが生徒になったみたいな感覚もあったし。

その後なぜかみんなで洗いっこしてた、もちろん俺も混じって(w
忘れ物らしき石鹸があったけど、みんなタオル一つしかなかったので、ダイレクトハンドで洗いっこ♪

それにしても顔見知りの子の裸ってのは、また全然違うもんだなぁと実感。
特に1年間も付き合ってきた連中なだけに、その非日常的というか異次元感覚というか、うまく説明できないけど、とにかく生涯で最高の興奮・快感をいっぺんに味わったみたいな。
(3人もの女子中学生の裸を見るだけでなく、直接触りまくったせいもあるんだろうな)

特に3人の中の一人を集中攻撃した時は、「おしっこでそうだからもうやめて!」ってすっごく色っぽい声で言われて、思わず襲っちゃいそうになったりして・・・。

裸こそ大人に近い感じだけど、中身は完全にガキだったからねぇ。
でも3人の内2人はカワイイといっても良かったと思う。
特にその内の一人は良く告られるとか言ってたはずだから、俺以外から見てもそうなんだろう。
あとの一人も普通よりちょっとカワイイくらいかな?
体の成熟度でいったらその普通位のが一番だったと思う。
(単にぽちゃ一歩手前というだけだったかもしれんが・・・)

もっとも、オッパイは“良く告られる”と言ってた奴が一番大きかった。
(矛盾してるって言われるかも知れないけど、大きくても子供っぽいオッパイってあるよね?)

2番目に可愛かったのは完全に幼児体型と言い切ってもいいくらい。
背も低いし、毛もまだ完全には生え揃ってない感じ。
(もしかしたら生理もまだだったかも?)

ただおっぱいも小さいには小さいんだけど、プクッと盛り上がってて、普通に言う平たい小さいおっぱいとは違う感じがして、すっごく可愛かった。
(個人的には結構お気に入りのおっぱいだった♪)

ただ、連中の知識にはちょっと驚かされた。
人差し指と親指を使ってしごくという事を普通に知っていて、「こうすると気持ち良いんでしょう?」とか言いながら実際に俺のをしごきだすもんだから、たまったもんじゃなかった。

イカされる前に途中で止めさせたけどね(w

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

相互RSS

This XML document is invalid, likely due to invalid characters. XML error: Invalid character at line 265, column 32