新着情報

童貞の兄に聞こえるように実家で妻とセックス

この体験談は約 6 分で読めます。

妻は42歳、ちょいぽちゃの熟女です。
お互いバツイチで、最近再婚しました。
その妻と初めて私の実家に泊まった時の話です。

夕飯や風呂を済ませ、2階の私の部屋に上がりました。
私がまだ実家に居た頃に使っていた部屋です。
その隣りの部屋には、私の小さい頃や学生時代の写真や思い出の品などが置いてあり、それらを見て妻は楽しそうに喜んでいました。

妻が写真の入った封筒を見つけました。
その中から出てきたのは、なんと私の父が撮ったハメ撮り写真だったのです。
父と母のハメ撮りや、父以外母以外の男女が入り乱れた乱交モノなどもありました。
初めは私も妻もショックでしたが、見ているうちにだんだんと2人とも興奮してきて、私の部屋に戻って布団を敷いた時には、2人とも完全にエロモードになっていました。

妻の身体を触りながら、「セックスしちゃう?」と言うと、妻は「したいけど・・・聞こえちゃわないかなぁ・・・」と少し躊躇いました。

私の実家は、かなり古い木造2階建てなので、声や物音がかなり響きます。
ましてや1階には両親、私の部屋の真下の部屋には兄の部屋があります。
私の兄は若い頃に病気をして今も実家に住み、未だに独身童貞なんです。
真下の兄の部屋からは、たまに物音が聞こえ、まだ兄が起きている様子が分かりました。

私「声を出さないで静かにやれば大丈夫だよ」

妻にそう言うと、キスをしながら妻を全裸にして愛撫しました。
妻もだんだん興奮してきて、声を押し殺しながら感じ始めました。
二人とも完全に興奮してしまいました。
声や音を立てないように愛撫し合うことが、いつもより濃厚なものとなっていきました。
私は部屋の扉を開け、階段の踊り場に全裸の妻を跪かせ、妻の頭を掴んでフェラをさせました。
音と声を出さないように、歪んだ顔でフェラをします。
音を立てれば間違いなく下に聞こえます。
そのあと部屋の布団に戻り、妻と正常位で繋がりました。
初めはゆっくり静かにしていたのですが、私の興奮はどんどん大きくなり、だんだんと激しくなっていきました。
妻は必死で声を押し殺しています。
でも私が妻の耳元で、「もう声出してもいいよ、もう激しくしちゃおうよ」と言うと、妻は声を出し始めました。

私「興奮してる?気持ちいい?」

妻「気持ちいい・・・興奮する・・・」

妻が私の耳を舐めてきました。

私「もっと激しくしちゃう?パンパン音立てたい。いい?」

妻「やらしい・・・いいよ、して」

妻は私に抱き付いてきました。
私はもう興奮がMAXで、激しくパンパンと音を立て妻を突き上げました。
古い家なので、家自体も多少揺れていたはずです。
今度は妻を階段に四つん這いにさせ、バックから激しく突きました。
階段なので、さすがに声は押し殺していましたが、妻も我慢できずに吐息が漏れます。

その時、兄の部屋から咳払いが聞こえました。
私と妻は再び布団に戻り、激しくセックスをしました。
妻の髪を掴みながら「気持ちいいか?もっと激しくしていい?やらしい?」と訊くと、妻は「もうおかしくなりそう!最高・・・」と言います。

「もう叫んじゃえ!ほら!もう親や兄貴に聞こえてもいいでしょ?」と激しく突き上げました。

私「ほら!叫んで!」

妻「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!いくぅぅぅぅぅぅ!!」

妻は大きな声で叫び、私も妻の腹の上に大量に射精しました。
両親や兄には、間違いなく私たちのセックスの振動や声が聞こえていたと思います。

翌朝、妻は恥ずかしそうに両親や兄と顔を合わせていましたが、特に何かを言われたりはしなかったようで安心しました。
ですが、なぜか父が、「もう一晩泊まっていきなさい」と妻に言いました。
妻も承諾したため、もう一晩泊まることになりました。

私は、妻と兄をセックスさせようと思い、妻には内緒で兄と話をしました。
やはり兄は昨夜の私たちのセックスに気付いていました。
色々話してるうちに、兄も妻とセックスをしたいと思ってることが分かりました。
私の妻で、脱童貞をしたいと・・・。

私も、妻が兄と、しかも実家の兄の部屋でセックスをしているところを見たくて、妻を説得して兄に貸し出すことにしました。
今夜もまた二人でセックスをするので、こっそり覗きにきて欲しいと兄に告げました。
妻が興奮してきたら、無理やり兄の部屋に全裸の妻を押し込むと告げました。
そのあとは、今度は私が兄の部屋を覗かせてもらうからと。
最後は3Pをする約束をして、ドキドキしながら夜を待ちました。

夕方になり、私は今度は妻に事情を話しました。

私「あのさ・・・昼間兄貴と話したんだけどさ、やっぱり昨日の夜のこと聞こえてたってさ」

妻「やっぱり?まずかったじゃん・・・あの時はめちゃくちゃ興奮して止まらなくなっちゃったけど、終わったあとヤバいなぁって思ってたんだよぉ・・・。今朝、お父さん達に顔合わせるの恥ずかしかった・・・」

私「昨日の夜、兄貴さ、妻ちゃんの喘ぎ声聞きながらオナニーしてたんだって・・・やらしくない?」

妻「えぇぇぇ!・・・ほんとに?・・・やらしい・・・」

私は妻の身体を触りながら、そしてキスをしながら言いました。

私「それでさ、兄貴と話してるうちに、オレもだんだん興奮してきて・・・兄貴に妻ちゃんとセックスさせてあげるって言っちゃったんだ・・・怒る?」

妻「えええええ!!マジで言っちゃったの?もぉ・・・お兄ちゃんと顔合わせづらいじゃん・・・」

私「怒った?」

妻の胸を揉みながら訊きました。

妻「怒ってるわけじゃないけどぉ・・・まいったなぁ・・・恥ずかしいよぉ」

実は妻とは前からセックスの最中に、「兄貴は童貞だから筆下ろししてやって欲しい」と言い、色々妄想して二人で興奮していたんです。
それがまさか現実になるとは妻も動揺を隠しきれません。

私「兄貴にはさ、今夜もセックスするから、妻ちゃんがOKしたら、兄貴の部屋に連れて行くよって言ってあるんだ。でも、今夜セックスして、妻ちゃんが兄貴とする気になれなかったらやめるよ。そもそも実の兄に嫁を貸し出すなんて異常だからさ」

妻「う~ん・・・やっぱり現実には無理だよぉ・・・マズいよ。それにお父さん達だっているじゃん。バレたらどうするのよぉ」

妻はリアルに困った顔をしています。
実の兄です、この先も付き合いのある相手です。

私「やっぱり無理かぁ・・・そうだよなぁ」

妻「ごめんね・・・無理だよぉ」

私はそれ以上妻を説得するのを諦めました。
妻は兄と顔を合わせるのが恥ずかしそうにしていましたが、なんとか普通に夕飯と風呂を終わらせました。
兄も緊張しているようで、私達3人はあまり会話をしませんでした。

私と妻は、両親が寝静まるのを待って昨夜と同じようにセックスを始めました。
私はあえて兄の話は出さず、しかし、いつも以上に濃い愛撫をしました。
もちろん妻も兄の話には触れませんでした。
濃厚なセックスで妻が興奮してきたのを確かめると、私は妻を正常位でゆっくり突き上げ、キスをしたり首筋や耳を舐めながら言いました。

私「昨日セックスしてたの・・・バレちゃってたね・・・」

妻「・・・ぅん・・・ぁ・・・」

私「バレちゃったの・・・やだ?」

妻「・・・ぁん・・・やだっていうか・・・ぁ・・・恥ずかしい・・・」

感じながら妻が答えます。

私「でも・・・興奮した?」

妻「・・・ぅん・・・」

私「声とか聞かれそうで?」

妻「・・・ぅん・・・ぁ・・・ぁん・・・」

私「聞かれてたね・・・兄貴オナニーしたって」

妻「・・・やらしい・・・」

私「それ知って興奮する?」

妻「・・・やらしい・・・興奮・・・ぁん・・・する・・・」

妻のスイッチが入り始めました。
妻の言葉を聞いて私もだんだんと興奮が増して、いっそう激しく妻を突き上げました。

私「どうする?今夜も聞かせちゃう?」

妻「・・・ぁん・・・どうしよう・・・ぁ・・・」

私は更にやらしく妻を突き上げます。

私「もう止まらない。激しくしちゃおうよ。パンパン音立ててもいい?」

妻「・・・ぇ・・・ぁん・・・いいよ・・・して・・・」

妻もどんどん興奮してきているのが分かります。
パンパンと音立てながら激しく腰を打ち付けました。

私「声は?出さないの?」

妻「・・・ぇ・・・」

私「我慢できる?兄貴に聞かれるの、やだ?」

妻を攻め続けます。
すると妻から意外、というより期待通りの答えが返ってきました。

妻「・・・声・・・出してもいい?我慢・・・で・・・きない・・・ぁん・・・」

私「兄貴にまた聞かれちゃうよ?いいの?」

妻「・・・いい・・・聞かれたい・・・」

その言葉に興奮MAX。

私「じゃあ、我慢しないで声出しちゃえ!ほら!」

激しくパンパンします。

妻「あぁぁぁぁ!・・・ぁん・・・やだ・・・あああああ」

とうとう妻は普通に喘ぎ声をあげ始めました。

私「気持ちいい?兄貴に聞かれてると思うと興奮する?やらしい?」

妻「・・・こ・・・ふんする・・・ぁぁぁぁ!・・・聞かれてるの・・・やらしい・・・あああああ」

妻も激しく悶えます。

私「実は兄貴、すぐ扉の向こう側で聞いてるかもよ」

妻「・・・ぇ・・・そ・・・そうな・・・の?」

私「やだ?」

妻「・・・ぅぅん・・・やらしい・・・聞かれたい・・・。ぁぁぁぁ!」

その言葉を聞いて私は妻から離れました。

私「妻ちゃん、兄貴とセックスしてくれる?」

妻「・・・ぃぃよ・・・したい・・・」

妻は確かに「してもいいよ」ではなく、「したい」と言ったのです。
私は妻の手を引いて1階の兄の部屋に連れて行きました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

お隣さん
最強媚薬エロティカセブン