新着情報

セックス音を電話で聞かせてきた彼女の真実

この体験談は約 3 分で読めます。

何年も前に別れた彼女の話だけど、交際当時、明らかにやってる最中に俺に電話を掛けてきやがったことがある。
その時の会話だ。

彼女「・・・もしもし」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

俺「何だ?『忙しくて今日は電話できない』って言ってなかったっけ?」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

彼女「うん・・・あんま長く話せないんだけど・・・ちょっと時間あったから」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

俺「それより、さっきから変な音聞こえるんだけど・・・何の音?」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

彼女「・・・何も聞こえないけど・・・」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

俺「思いっきり聞こえるだろ!ブイイーンて!」

ブイィィィィンブイィィィィィン・・・。

彼女「・・・分かんない・・・自販機の音かな・・・近くにあるから・・・」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

俺「自販機がそんな音するか!・・・お前、今何してんだ!?」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

彼女「何もしてないから!」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

俺「ふざんなよお前!俺を馬鹿にしてんのか!?」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

彼女「だから何もしてないから!」

ブイィィィィンブイィィィィィン。

俺「こんな事して楽しいか!?」

彼女「本当に何もしてないから!・・・あっ!」

俺「あれ?音が止まったぞ・・・」

彼女「ごめん!ちょっと呼ばれたから電話切るね!」

俺「は?誰に呼ばれたんだ?」

彼女「・・・電話切るね!」

俺「おい、ちょっと待てって!」

彼女「お願い!電話切らして!」

俺「何言ってんだ!?」

彼女「・・・ちょっと」

俺「お前、今やってんだろ!」

彼女「・・・ちょっと!」

俺「おい・・・誰かいんのか!?」

彼女「・・・帰ったら掛けるから!・・・電話切らして!」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!

俺「・・・」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!

彼女「・・・ちょっと聞いてる?」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!

俺「・・・」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!

彼女「・・・電話切るからね!」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!

俺「・・・」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!

彼女「・・・」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!

俺「もしもし・・・」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!
ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!
ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!

俺「・・・」

ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!
ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!
ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!
ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!
ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!ビッタン!

謎の複数の声。

「わっはっはっはっっ!!」
「ひゃっはっはっは!」
「ゲラゲラゲラゲラ」

ブチッ、プーッ、プーッ、プー。

当然次の日、徹底的に追求したよ。
でも彼女、絶対に口を割らない。
優しく聞いても無駄。
殴っても無駄。
飴も鞭も一切通用しない。

「何もしてない」の一点張り。

数日後、彼女が性病に感染してるのが分かった。
それでも何もしてないとしらを切る。
拷問にかけた。
それでも絶対に口を割らない。
結局、何もわからないまま別れた。

しばらくして人から事実を聞かされた。
彼女、二股かけてた。
もう一人の男にそれがバレて、輪姦されたんだって。
あれは、その最中だったのか・・・。
そりゃ俺には言えないわ。
彼女、俺と別れた後も、そいつらに頻繁に輪姦されてたらしい。
相当に悲惨だったって。
参加する男はどんどん増えるわ、それを見物しに来る奴までいるわ、金も取られてたって。

二股なんてかけたばっかりに・・・。
あれ?俺、寝取られたわけじゃないな。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

メールアドレス交換広場
加圧Tシャツ「SASUKE」公式通販サイト