巨根でテクニシャンなメル友に彼女を寝取られた

この体験談は約 4 分で読めます。

彼女をメル友に寝取られた。

「メル友と会うね!」

そう言っていた日の夜に全く連絡がとれず、ようやく次の日の昼に連絡が取れて問い詰めたら、そういうことだった。
彼女はそのメル友には何回か会ったこともあり、俺もそのメル友を信用していたのに・・・。

話を聞くと、メル友と会って他愛もない話(俺の愚痴とかも)をしながら、バーで強めのお酒を2、3杯飲んだらしい。
すると彼女は、そこまでお酒が弱いわけじゃないのに突然酔いが回ってきて、意識も朦朧として立てなくなり、気がついたらタクシーに乗せられていたと言う。
そして次に気がついたときは、もうホテルの中だったそうだ。

相手が上に覆い被さっており、もうセーターは脱がされていて、キスをしながらブラウスを脱がされ、ブラをずり上げられて胸を撫で回されているところだったそうだ。
彼女も抵抗したようだが、ひどく酔っており、目がまわるし力も入らず、結局全部脱がされてしまったそうだ。

そのまましばらく愛撫されて、嫌々とはいえ気持ちよくなってきてしまい、気がついたらアソコに肉棒をあてがわれていたそうだ。
酔っていたとはいえ、さすがに挿入の瞬間は我に返り、足を閉じて抵抗したが、結局ナマで入れられてしまったらしい。

つまりレイプされているわけだから、入れられながらも抵抗を続けた彼女だが、相手のアレは俺のよりもデカくてセックステクも上手だったそうだ。
俺しか男性経験のない彼女には初めての経験だったらしく、声を出すのを我慢するだけで精一杯だったと言う。
そいつは彼女に深く挿入し、しかし彼女がイキそうになると浅くする。

「イキそう?イキたいでしょ?頼むんだったらイカせてあげるよ。ちゃんと言って!」

などと言って彼女を焦らしたそうだ。
彼女も我慢はしたが、結局最後は、「お願い!イカせて」と頼んでしまった。
すると、ものすごいピッチで奥深くまで突かれ、声を我慢することもできなくなり、何回もイカされてしまったようだ。
俺のセックスは長くても20分くらいで終わってしまうが、そいつのセックスは長くて、1時間近くも入れられていたらしい。

しかも1回目のセックスで男は、突然何も言わずに彼女の奥深くに出したと言う。
俺は彼女には中出しをしたことがない。
彼女は、「不思議な感じだったけど、気持ちよかった」と話した。
男は1回目が終わった後も彼女に入れたままディープキスをしてきて、唾液をいっぱい流し込まれたそうだ。

彼女は酔いもあってその後すぐに寝てしまったらしいが、夜中、目が覚めたときには、もうそいつに挿入されており、胸を揉まれながら正常位でゆっくりと突かれていたそうだ。
男の腰使いはすごく上手くて、もうすでに1回犯されているし、彼女も気を許してしまい、その後はそいつに従って騎乗位からバック、さらに側位と色んな体位でされたらしい。
体位を変えるときに抵抗しなかったのか聞いたら、そいつはキスもすごく上手いらしく、体位を変える前には必ずディープキスをされて、ボーっとしているうちにまた入れられていたと言う。

彼女は恥ずかしいという理由で騎乗位が嫌いで、俺とはほとんどやってくれないのだが・・・。

「やってくれないんなら抜いちゃうよ?」

と、またディープキスをされながら焦らされて、結局騎乗位をやってしまったと。
苦手だから上になってからの腰の動かし方がわからず、俺とするときはいつも彼女の腰を掴んで俺がリードしてやるのだが、そいつのときは気持ちよくて、無意識に腰を動かしていて・・・。

「なんだ、騎乗位上手いんじゃん?」

と言われて初めて自ら腰を使ってることに気づき、すごく恥ずかしかったらしい。

で、そいつは本当にセックスが上手くて長いらしく、何回も体位を変えては彼女を何回もイカすのにそいつはイカず・・・。

「疲れたから口でしてよ」

そう要求してきて、20分以上もフェラをしてイカせてやったと言う。
しかもそのとき、「飲んでくれる?」と頼まれ、俺のだって飲んだことがないのに飲んでしまったらしい。
なんでも、断れなかったそうだ。

2回目が終わった後、朝まで寝て、目が覚めたらそいつも起きており、すぐにディープキスをしてきて、そのまま胸を舐められ、同時にあそこを手で愛撫され、なんとなく流れで3回目が始まった。
そのときも長く1時間くらいかかったが、ディープキスをしたり胸を揉んだりしながら正常位だけでじっくり攻められたらしい。
今度はちゃんと外に出したが、やっぱりナマだったそうだ。

そいつはホテルを出て別れるときもディープキスをして、「もう君は俺のものだね」みたいなことを言ったらしいが、まだ彼女は俺の方が好きだから、そいつと付き合うつもりはないと言っている。
しかし今そいつは、酔わせて襲ってしまったことを彼女に詫びて、「もう1回会いたい」としつこく言ってきているらしい。

最初にこの話を聞いたときはすごく頭に来たが、途中から興奮してしまって詳しく聞き出してしまった。
彼女は当然話すのを嫌がったが、「俺が聞くことには答えろよ!」と怒ると、しぶしぶ最後まで話してくれた。

悔しいが、ぶっちゃけ興奮したのも事実だ。
彼女が他の男に犯されているのを見てみたかった。
彼女から聞いた話だから現実と少し違うかもしれないが本当の話。

セックスには奥手で、恥ずかしがってバックとか騎乗位とかあんまりしたがらない彼女が、「すっごく気持ちよかった・・・ごめん」と言ったのを聞いた時は、ものすごく興奮した。
彼女もじつはまたそいつとセックスしたいと思っているのだろうか?
考えるだけで興奮してしまう俺は、何かに目覚めたのかもしれない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ちょっと一息エロ動画