新着情報

温泉宿でいなくなった妻を探していたら[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

去年の秋、妻に浮気された。
自分たち夫婦は、結婚7年、子供一人、お互い仕事を持ち、浮気もなく円満な夫婦だった。
・・・あの温泉に行くまでは。

10月末、自分の32の誕生日前に、夫婦二人で一泊の旅行に出かけることになった。
妻の実家の義母の提案だ。
このところ、お互い仕事が忙しく、妻も帰ったら育児、自分は残業が続き、少しの事で喧嘩もしてたのを妻が言っていたのだろうと思う。
もしくは、二人目が出来ないのをセックスレスだとでも思っていたのか・・・。

そんなこんなで温泉旅行だ。
遠くに行くつもりがなかったため、車で40分くらい、宿が10軒程の小さな温泉地、場所はお互い知っていたが、二人とも行ったことが無いから即決。
ネットで宿を探して、せっかくだからちょっと料金が高く雰囲気が良さげな所にした。

当日、妻は黒とグレーのワンピに薄く柄の入った黒のタイツ。
年は29歳、身長が167cmでスリーサイズはよくわからないが、胸はCカップ。
細身のスタイルで胸が際立っていた。
それを見て久々にドキドキしていた。

早目に家を出て宿までのドライブ!
意外に車で盛り上がり、宿まですぐに着いた。
早く着いたがチェックイン出来たので、部屋に案内してもらい、風呂でも入りに行くことになった。
館内案内を見ると、女湯の露天風呂が17時まで混浴。

(チョー行きたい!)

俺「佳奈!露天風呂が混浴だって!ちょっと行こうぜ」

妻「えー!やだよ!男の人いたらやだもん」

俺「4時半まで、あと1時間くらいだから誰も居ないよ。居たら入らなければいいじゃん!試しに見るだけでも行こうぜ」

妻「えー!見るだけね」

(やった!)心でガッツポーズ。

混浴ってなんか夫婦で入るとエロい感じがするから、その時は、どうしても入ってみたかった。
エレベーターで1Fに行き、男湯の前を過ぎ、女湯を過ぎ、角を曲がり露天風呂の暖簾が目に入ってきた。
まだ妻は嫌がっているので、ひとりで見に行った。
案の定誰もいない、脱衣場は共同だ。

俺「佳奈、誰もいないよ!少しだけ入らない?」

妻「誰も来ないかな?」

俺「平日だし、この時間なら来ないよ!」

妻「・・・ヒロも一緒だから入ってみようかな」

(よっしゃ!)心でガッツポーズ。

誰もいないけど、混浴ってだけで無性に興奮。
自分が先に服を脱ぎ露天風呂へ、妻が少しあとに入って来た。
見慣れた妻の裸。
しかし、ここは混浴露天風呂。
タオルで胸と秘部を隠しながら、ふたりだけなのに恥ずかしそうに入ってくる妻にドキドキした。

話をしながら15分くらい過ぎたあたりに脱衣場から人の気配!

「ヒロ!誰か来たんじゃない?」

妻が焦りながら言った。

俺「来たっぽいな!上がる?」

妻「でも脱衣場が一緒だから気まずい・・・どうしよう・・・」

俺「もしかすると女の人かも知れないから、入って来たら変に意識しないで出ようぜ」

妻「・・・そうだよね!別に悪い事してる訳じゃないしね・・・」

そうこうしているうちに入って来た。
60前後の男だ。
妻の顔を見ると、一気に赤くなっていたが、すぐに奥さんらしき人も入って来た。
あちらの方は慣れてるようで堂々としている。

湯船からあがるタイミングが掴めずにいると、あちらから会釈をされ話し掛けられた。
社交辞令的な会話。

「どこから来たんですか?」とか「おいくつですか?」とか「宿泊ですか?」など。

あちらも夫婦で二人とも62歳。
温泉が趣味のふたりは、今日は日帰りで立ち寄ったらしい。

4人で話したが、旦那さんの方は会話の途中、ちょくちょく妻の体を見ている。
湯船にタオルを入れていないので、妻の乳首や陰毛は、完全に見えている。
会話が5分程経って、間が空いた。

(ダメだのぼせる!)

そう思って、妻を見ると妻も上がりたそうだ。

「そろそろ上がりますね」

「そうですか。ゆっくりして下さいね」

簡単に挨拶を済ませ、岩の所に置いておいたタオルを取り、前を隠して湯船を歩き始めた。
妻の方をチラッとみると、胸と秘部をタオルで隠して恥ずかしそうに歩いている。
後ろからは妻の背中とお尻が丸見え。
旦那さんの方を見ると、完全に妻の後ろ姿を目で追っている。
自分が見ているのに気付き、軽く会釈をされた。

そそくさと着替えを終え、部屋に向かいながら、妻の裸を他人に見られた事に興奮!!!

俺「あの旦那さん、スゲー佳奈のこと見てたよ!」

妻「・・・うん。話しながら、すごい視線感じたもん!でも、あの状況じゃ隠せないし・・・。もう恥ずかしいから絶対に混浴は入んない!」

俺「でも、あの旦那さんラッキーだな!佳奈の裸見れて。アソコまで見えたよ、きっと!」

妻「もぉ!そんなこと言わないで!」

そんな話をしてる事にまた興奮!!

部屋に着き、玄関でキスした。
濃厚なキス・・・。
我慢出来ない・・・。
その場で立ったまま妻の乳房を浴衣の上から揉み、乳首へ愛撫した。
妻は確実にいつもより感じている。

乳首に触れる度・・・。

「あっ!んっ!ぁっ!」

そのまま妻の秘部へ。
パンツの上からでも分かる!
すごい濡れてる!
さらに激しく、割れ目に沿って愛撫した。

いつもなら、「お布団行こう!電気消して!」と言うような妻が、「もっと触って!乳首気持ちいい!」と言いながら、パンツをずらして挿入した指の動きに合わせながら、腰を動かし、乳房を舐めている俺の頭を撫でていた。

妻の喘ぎ声が一層激しくなり、腰を激しく動かす、自分も激しく指を動かした。

「あっぁっ!ダメぇ!んっ!」

妻が果ててその場に膝をついた。
妻はそのまま、私の固くなったモノにしゃぶりついた。
いつも以上に激しく、丁寧に本当に美味しそうに舐められた。

(ダメだ!もう入れたい!)

妻を立たせて後ろから挿入。
ヌルヌルの妻の秘部が私のモノに絡みつく。
妻も壁に手をつき一層喘ぎ声をあげている!

妻「あっぁっ!気持ちいい!んっ!ぁっぁっぁっ!」

俺「ダメだもうイキそうだよ!!」

妻「いいよ、イッていいよ!ヒロの私の中にいっぱいちょうだい!んっっ!あっぁっ!んっっ!」

いつも以上に激しく気持ちが良かった。
妻も同じだと言っていた。

6時過ぎ、売店にふたりでビールを買いに行った。
瓶ビール3本、缶の梅酒を1本、摘みを買った。
部屋に戻ると、すぐに部屋の電話が鳴った。
フロントからだ。

「夕食のお時間ですが、お持ちしてよろしいですか?」

「お願いします」

お互いにお酒を飲みながら夕食を食べた。
8時前に食べ終えた。
妻は珍しくビールを飲んでいて、「お腹いっぱい」だと言い、半分くらい残していた。
フロントに電話して、食事を下げてもらった。
すぐに仲居さんが来て下げ膳と布団の準備をしてくれた。
仲居さんが帰るとふたりで窓際の椅子に座り、持ち込んだワインのボトルを開け、また飲み始めた。
酔った妻が可愛く、夜にまた抱きたくなっていた。
その時はもっと乱れて欲しいと言う衝動に駆られ、混浴の話をした。

妻「恥ずかしいからやめてよ!」

俺「でも、見られてスゲー濡れてたじゃん!」

妻「・・・(照)」

俺「佳奈は乳首も敏感だからなぁ!」

妻「もぉ!エッチ!!」

夫婦で下ネタも意外にありかも。

いつの間にか寝ていた。
テレビをつける。
夜中のスポーツニュース。

(ん?妻が居ない?)

少しボーッとして、ケータイを見ると12時半。
メールを受信している。
妻からだ。

『起こしても起きないから、お風呂行ってくるね!飲み過ぎ注意!(笑)』

(9時55分に受信。はぁ?いつまで風呂入ってんの?)

妻のケータイに電話した。
呼び出したが、留守電・・・。
もう一度掛けたが、呼び出し→留守電。
不安がよぎる。

(倒れた?レイプ?)

頭がガンガンする中、妻を探しにケータイと財布を持って部屋を出た。
部屋を出て真っ直ぐ、風呂へ向かった。
旅館の電気も最小限に落とされていて、薄暗いオレンジ色の明かりの中、風呂へ向かい歩いた。
静かな館内、静かな宴会場、男湯の前・・・もう暗い。
奥の女湯も灯りが消されているのが目に入ってきた。

(旅館前にあったコンビニでも、行ってるのか?)

来た廊下を戻り、フロント前を過ぎ、旅館の入り口からコンビニへ向かう。
道路を挟んで向かい側だ。
・・・客は、誰もいない。
何も買わないのは変かと思い、コーラとタバコを買って旅館に戻った。

(部屋に戻ってるかも!)

フロント前を通りエレベーターに乗り部屋の前に・・・。

(鍵が開かない・・・!)

当たり前だ、鍵は妻が持って出ている。
オートロックだから開くわけがない・・・。

妻に電話。

プルルル、プルルル→留守電。

同じだ。頭が痛い。
色々考えてしまい不安が消えない。
コーラを一口飲み、また歩きだした。

(館内にある居酒屋か?)

今度は居酒屋に向かい、今きた逆側のエレベーターに乗り居酒屋へ。
居酒屋の灯りはついていたが入り口の、鍵が閉まっている。
奥に人の気配があったが、そのまま売店の方へ歩きだし、またさっきと同じ風景。
入り口→フロント。
妻にまた電話したがさっきと同じ。
歩きすぎて少し気持ち悪い。

(もう一度風呂を確認していなかったらフロントに聞こう)

宴会場→男湯。
女湯の入り口が見えたがやっぱり灯りは消えている。

(露天風呂は?)

そう思い、女湯の角を曲がり露天風呂の暖簾が見えたが、やはり真っ暗・・・。

(ダメだ気持ち悪い・・・)

しかしこんな所で吐く訳にはいかない。
館内の暖かさが余計気持ち悪くさせている。

ふと見ると露天風呂の入り口脇に中庭に出れる非常口が・・・。
夜風に当たりたい一心で、そっと鍵を開け中庭に出た。
腰を庭石に下ろし、コーラを一口。

(よし、フロントに行こう)

そう思った時、微かに声がする。
そっと壁に沿って声がする方へ・・・。

<続く>

【iコミックらんど】オトナがイッちゃう保育園!~パパさん、イッパイ出まちたねっ!~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

既婚逢い
最強媚薬エロティカセブン