新着情報

薄い壁から聞こえてくる不倫妻の喘ぎ声

この体験談は約 3 分で読めます。

ワンルームマンションと言えば聞こえはいいけど、一部屋に流し台とシャワー付きの風呂、トイレがある狭い部屋です。
就職して最初に配属されたのが、四国の小さな市だった。
仕事で配属にでもならなかったら知りもしない片田舎でした。
そんなところにある住宅地の端っこのアパートに住むことになった。
学生時代と変わらない、壁の向こうに他人の生活を感じるような部屋です。

隣の住人は名前さえ知らないような人だけど、数回顔を合わせて挨拶くらいはした。
男前というでもなく、ちょっと暗い感じで神経質そう、いかにも溜まってるって感じでした。

その住人であるKさんの、意外な一面が見えるようになりました。
比較的早く帰宅したり、日曜や土曜日に部屋にいると、女の声がする。
それも入れ替わり立ち替わり女の声がする。
喘ぎ声もする。
セックスの時のマンコにペニスを打ちつけるような音がすることもしばしばです。
(そんなにモテるのかな?)と思うくらいに女が出入りしているようだ。
僕は、楽しみという楽しみもなかったので、壁にマイクを付けて会話を聞いてみた。

K「ご主人はMさんの弟なんだろう?俺たちのことバレてない?」

T(女)「わからないわよ。あほやもん。わかっても自分のことがあるから何も言えないよ」

K「毎日毎日会ってたら、いつかバレるな」

T「なぜ、そんなこと言うの?知らないって言い通せばいいのよ。それ以上は何も言えないよ。あの人エッチする時、すぐにあそこ舐めるのよ、大嫌い」

K「舐められるの嫌い?俺が舐めても嫌いか?」

T「ああ~~ん、あなたに舐められるのは素敵、大好きよ大好きよ~~ああん・・・ああん・・・」

K「お前が一番好きなんだよ。本当だよ。どこかで一緒に住みたいくらいだ」

T「『愛してる』って言って、『大好き』って言って・・・」

K「お前の亭主も言うんだろう、愛してるって・・・。お前美人だしな。まさかこんなことになってるなんて知らないだろうな」

T「安月給で、大卒だっていったって何もならないわよ。親と同居で馬鹿みたい。もっと抱いて、もっともっと、むぐぐぐぐ・・・」

キスしてるみたいだった。
しばらく喘ぎ声が続いて、押し殺したようなムグググググ~って感じの声がして・・・。

T「イクイク~~~~~、中に出して~~~~~」

K「中に出すぞ!できたら二人でどこかに行こう」

2人「あ、あ~~~~」

イッたみたいだった。
しばらく音らしい音も聞こえなくて、小さな会話のような声がしていた。

K「中に出したけど良かった?」

T「気にしなくていいよ。もしできたら、その時はその時だから・・・。最悪、『あんたの子供よ』って言ったら、お人好しの馬鹿だから喜ぶかも・・・。ダメなら、Kさんと一緒になるもん。お互いバツイチでちょうどいいかも」

彼女の帰り際に外に出て顔を見てやれって思って、自分の車に乗って、白々しく車庫から出す真似をしていたら、2人して女の車に乗り込んで出かけて行った。
控えたナンバーを調べてみたら、俺の知っている人の名前と同じ(珍しい苗字だった)でびっくりした。
案の定、住所を照合したら同じでした。
言ってあげたかったけど、気の毒で言えなかった。

「奥さん、浮気してますよ」なんてね・・・。

世の中は狭い。
あんないい人の奥さんがああいう事をしてるんだから、世の中わからないね。

女の顔はブスじゃないけど、とんでもなく美人ということでもない。
30代前半。
知り合いの年齢からした、年上女房かなと思う。

その後も、何回か来てるのを見たことがあるけど、帰りがけに半開きのドアの陰でキスして別れたり、本当いい加減にしろよって思う。

【コミックシーモア】有栖川煉ってホントは女なんだよね
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

SMネット
最強媚薬エロティカセブン