新着情報

青姦カップルに触発されてお堅い彼女がヌッルヌル

この体験談は約 2 分で読めます。

彼女と公園のベンチで話してたら、ちょっとお水風のお姉さんとリーマンが近くに座ったんだ。
夜だったし、ベンチの間に木が植えられてたから俺達には気づいてないようだった。

最初は普通に話してるみたいだったけど、徐々に怪しい雰囲気に・・・。
なんか始めちゃったみたいです。
お姉さんの「あんっ」とかいう声が聞こえてきてマジ興奮。

彼女は、「なんかヤバいよね、帰ろっか?」と落ち着かない感じ。
彼女は何というか超お堅い子で、一応セックスはさせてくれるのだけど、いつも惰性でしてるような感じ。

「正常位以外はダメ」
「電気消して」
「舐めるのは恥ずかしいからイヤ」

とか、今どき天然記念物もんの子だから、こういうのは雰囲気的に居づらかったんだろうね。

「いいじゃん、少し見ていこうよ。声を出すと気づかれるから静かにして」

小声で彼女に言って、そんで彼女の手を引っ張って木の陰に隠れた。
近くのベンチでは、座ったリーマンの上にお姉さんが跨がる感じで挿入中。
角度的に横からなんでイマイチ結合部が見辛かったけど、ギリギリ横に移動したりして何とか見た。
もう必死(笑)
ヌルヌルと汁で光るモノが出たり入ったりしてる光景にとにかくハァハァ。
音なんか聞こえるはずないのだが、頭の中では「みちゅっみちゅっ」て音が響いてるし、マジで鼻血が出るかと思いましたよ。
他人の生エッチを鑑賞するのってこんなに興奮するもんなのかと。

で、ふと隣を見ると、最初はイヤイヤだった筈の彼女が、いつの間にか食い入るように見てる。
心なしか、ちょっとモジモジしてるような気が・・・。
あのお堅い彼女が、他人の野外エッチを見て興奮している・・・その事でさらに興奮しちまった。

もう我慢できません。
彼女のスカートに手入れちゃいました。
入れた瞬間ちょっとビクッとして、チラッとこっちの方を一瞬見たけど、またすぐ前を向いた。
パンツ越しに触ると、もうズブ濡れ。
こんなに濡れてるのも初めてだった。
大洪水っていうか、いつもはサラサラなんだけど、なんつーかヌッルヌル。

触ってると時々「んんっ」って控えめな声を出しながらも、前を向いて覗き続けてる彼女。
いつもは絶対に外でこんな事はできないけど、もうどうにもならなかった。

「してもいいよね」

無言の彼女の身体をちょっと前に倒してスカートを捲った。
彼女らしいレースのショーツで余計に燃えた。
変色しちゃってるクロッチの部分を横に少しだけずらして挿入。
いつもはズズッって感じだけど、にゅるんって感じで奥まで一気に入ってしまった。

「ひぎゃーん!」

聞いたことのない声を出した彼女。
2回くらい出し入れしたら、「あ゛ー」って叫んでびくんびくん。
こっちも最初っから暴発気味だったから、この声でどぴゅっ。

時間にして1秒か2秒。
人生最速のタイムを叩き出した俺でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER