温泉で見知らぬ男たちに覗かれていた母の裸

この体験談は約 4 分で読めます。

私が小学3年生の夏休み、母の実家に1ヶ月ぐらい滞在しました。
その間、1泊ですが、蓼科の静かな旅館に母と2人で泊りました。
当時の母は35歳で、小学校の担任の先生によく「伍代夏子に似てるね」なんて言われてたので美人の部類だったと思います。

部屋での夕食後、2人で宿の大浴場(男女別)に行きました。
私は男湯に入りましたが、浴室には30代の男性4人組がいて、男湯と女湯の仕切り板から女湯を覗いていたようでした。

「ち、誰も来ねーな」となどとボヤいていた時、女湯の引き戸が開く音がして、4人は仕切り板から女湯を覗いてました。
5回ほど掛け湯をする音が聞こえ、それから湯船に入ったようです。

男たちは、「結構若いな」「いい女だよ」「ケツが丸くて色っぽい」「ちょっと垂れてるけどオッパイもデケーな」などヒソヒソと話していました。
(私には全部聞こえてましたが)

それから私に向かって、「女湯にいるのキミのお母さん?」と聞くので、「ウン」と言うと、「お母さんの年はいくつ?」とまた聞いてきて、「35だよ」と答えると、「おぉ、意外と熟女なんだね~」などと言いながら、「僕達が覗いてたこと、お母さんに言っちゃダメだよ」と、少し恐い顔をして言いました。

「もし、喋ったら、お母さんのオマンコの毛がモジャモジャだってことを学校の先生や友達にバラしちゃうからね!」

そう言われた私は恐くなって、「絶対に黙ってるから、先生や友達にママのこと言わないで」と必死にお願いしました。
(子供だったんですね)

しばらくすると湯船から母が出る音がして、4人はまた仕切り板に急ぎました。
どうやら母は体を洗ってるようで、男たちは食い入るように見入りながらチンチンをシゴいていました。
当時の私は自慰の経験も知識もなく、男たちが何をしてるのかよく分かりませんでしたが、何かとても嫌で不安な気分になったのを覚えています。
今なら理解できるのですが、男たちは母が体を洗っている姿を覗きながらオナニーしていました。
しばらくして、射精したのでしょう、そのまま下半身にシャワーを掛けて出て行きました。

私は大人の男に対して、「覗くのをやめて下さい!」とは言えず、母の裸を覗かれてしまったことをとても悔しく思いました。
でもそのとき初めて、自分の陰茎が激しく勃起しているのに気付き、戸惑いました。

何となく男たちが覗いていた仕切り板に近づいてみると板塀の節が何箇所か抜けていて、そこから女湯が覗けるようになっていました。
特に何も考えず、その節の一つから覗いてみたところ、節穴のすぐ前が洗い場になっていて、母が椅子に座って体を洗っていました。
距離があまりに近かった(50センチぐらい)のと、思ってた以上に鮮明に見えるのに驚きながら、しばらく母の裸を覗いていました。

8歳の誕生日までは家でも母と一緒に入浴していたので、母の裸は特に珍しくも思わなかったのですが、男が母の陰毛の話をしていたのを聞いたせいか、椅子に座って少し脚を開いてシャンプーしている母の股間に目が行き、思わず凝視していました。
そこは確かに男たちが言うようにモジャモジャで、その奥にあるドス黒い鶏のトサカのようなもの(今思えば大陰唇のビラ)がぼんやりと見え、なんだか恐くなって覗くのをやめました。

夜中に目が覚め、母は寝ていたので1人で大浴場に行きました。
男湯にも女湯にも誰もいないようだったので、お風呂の中で夕方のショッキングな出来事を回想していたら、ムクムクと私のチンチンが大きくなってきました。
私は無意識のうちに、あの男たちのようにシコシコと擦り、気持ち良さにうっとりしていました。
でも、決して母の裸を想像して興奮したわけではありません。
夕方見た、母のあの恥ずかしい姿を見知らぬ男たちに覗かれたこと。
そして4人の男に覗かれていることにも気付かず、無防備に裸を晒し、オッパイをブランブランとだらしなく揺らしながら髪を洗っていた母が許せませんでした。

そんなことを考えた瞬間、手を止める暇もなく、今まで経験したことのない押し寄せるような快感と共に、陰茎から白く濃い大量の精液がドロリという感じで溢れ出てしまいました。
それまで射精についての知識がなかった私は、悪いことをした罰が当たったような気がして恐くなったのを覚えています。
きっと人も羨む自慢の母が、一転して見知らぬ男たちの晒し物に、オナニーの慰みものに成り下がったことが、幼な心にもショックだったのでしょう。
あんなにみっともない姿を知らない男たちに簡単に見せてしまった母が、すごく不潔でだらしない存在に思われ、あんなに大好きだったのに、しばらく口を利くのも嫌になりました。

ただ、その日以来、初めてしたオナニーが病みつきになり、翌日からは1日も欠かさず、それも多い日には5回以上も自慰をするようになりました。
オナニーする時に決まって思い浮かべる情景は、あの綺麗な母が無防備な恥ずかしい姿を、モジャモジャの陰毛を、大きなオッパイを揺らして髪を洗っているところをニヤニヤした男たちに覗かれている場面でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!