新着情報

彼が爆睡してる隣の部屋で4人のOBに襲われた

この体験談は約 4 分で読めます。

高校の時、サッカー部のマネージャーだったんですが、2年上の先輩と付き合っていました。

先輩たちが卒業して数ヶ月後、彼を含むOB7人と会うことになりました。
みんなで食事するのかと思っていたら場所は居酒屋で、当時私はまだ高2だったので気が気じゃありませんでした。
2次会でカラオケへ行き、その後何人か帰りましたが、残った人たちでAさんのマンションへ行くことになりました。
もう遅かったので私は帰ろうとしたのですが、彼が少し酔っていて「行こう行こう」と半ば強引に誘うのでついて行きました。
そこでもお酒を飲んで昔話などで盛り上がっていました。
私はジュースで薄くしてもらったのですが、彼は私が止めるのも聞かずにグイグイ飲んで、真っ赤な顔をしてとうとう寝てしまいました。

彼が寝てからしばらくしてAさんが、「◯◯ちゃん、隣りに来て」と言いました。
私はなんの警戒もなくAさんとBさんの間へ行きました。
Aさんが、「俺、◯◯ちゃん(私)のこと好きだったんだよ」とか言って、それを聞いてたBさんまで「俺も俺も」とか言い出しました。
私は、「ウソだー」と答えながらも少し浮かれていました。

少し酔ってきたのかAさんがしきりに手や髪を触ったりしてきましたが、Aさんはちょっとカッコイイ系だったので悪い気はしませんでした。
でもだんだんエスカレートしてきて、「◯◯ちゃん好きー」なんて言いながら抱き締めてきました。
私はちらっと彼の方を見ましたが、相変わらず赤い顔で完全に寝ていました。
Aさんは頬擦りまでしてきて、私がちょっと困っていたら、少しずつ唇が近づいてきて、キスをされてしまいました。

Bさん「おいおい、それってありなの?」

Aさん「いいんだよ、ね?」

恥ずかしくて曖昧に笑っていたら今度はBさんがしがみついてきました。

「だめー」と軽く抵抗してたら2人に押し倒されてしまい、わき腹をくすぐってきました。
じたばたしているうちにBさんにもキスをされ、Aさんは胸を触ってきました。
気がつけば他の2人まで寄って来て身体中を触っています。

さすがに怖くなり、「だめ、◯◯さんが起きちゃうから!」と言いました。
するとAさんが、「じゃあ隣りの部屋に行こうか?」と言い、Bさんまで、「決まり、行こう行こう」って強引に手を引いてきました。
私は「え?え?」と言いながらも、妙な流れに逆らえずなぜか立ち上がってしまい、よろよろとついて行ってしまいました。

私がピンチなのに彼は全く起きる様子もなく、何も知らずに赤い顔で爆睡しています。
その横を私は少し乱れた服装で男の人4人に連れて行かれているのに・・・。
ちょっとムッとしました。

部屋に入ってドアが閉まると、待ちきれなかったかのようにみんなの手が伸びてきて私の服を脱がし始めました。
私は身体を隠そうとしましたが、Aさんに抱き締められキスをされてしまい、抵抗ができませんでした。
そして立ったままでとうとうパンティまで下ろされてしまい、部屋に入って1分も経たないうちにほぼ全裸にされてしまいました。
そのまま横にされ、すごい力で腕を押さえられて胸やあそこを弄られたりキスをされたり・・・。

顔見知りの人に裸を見られるだけでも恥ずかしくて死にそうなのに、4人の舌で胸はもちろんわき腹や脇の下まで舐められ、入れ替わりキスをされたりやりたい放題されました。
誰かが足を開いてアソコをベロリと舐めた時は、腰が何度も跳ね上がりました。
さらに舌を入れられ、突然軽く歯を立てられた瞬間、「ひい!」と叫んで狂ったように腰を振ってしまいました。
みんなもびっくりして私の口を塞いできました。

こんなに感じたのは初めてでした。
彼が隣りで寝ていることを忘れるほど興奮していたのです。

私がOKしたと思われたみたいで、それから四つん這いにされて脚を開かされ、お尻やあそこを撫でられたり、仰向けにされてみんなにあそこを観察されたり、匂いを嗅いだり、いやらしい事をいっぱいされました。
私は心臓が壊れるくらいドキドキしてしまってもう何も考えられず、ただこみ上げてくる感覚だけに身体を任せていました。

そのうちAさんがゴムを付け、脚を持ち上げてヌルリと入れてきました。
私は思わず、「ひっ」と叫んでしまいました。
誰かに腕を押さえられたままピストンされているので、なんだかレイプされているような気持ちになり、入ってくるたびに、「ん!ん!」とエッチな声が漏れてしまいました。
その後も交代で何度も入れられ、かなり恥ずかしい格好をさせられたりしましたが、彼としている時とは比べものにならないくらいの気持ちよさのため、何回か意識が飛びかけました。

ひと通り終わってから4人が服を着ているのを見ている時になってやっと、(そっか、みんなにやられちゃったんだ)という実感が湧いてきて、ちょっと彼に悪いなと思いました。
その時、Aさんが私に何か言ったと思いますが、全然覚えていません。
翌朝、みんな何事も無かったようにしてましたが、なんとなくニヤニヤしているような気がしたので、彼を置いて1人でさっさと帰っちゃいました。

あれから7年近く経っていますが、最近、もう1度大勢でやりたいかもと考えてしまいます。
それ程、今までの中で一番感じたセックスでした。

【ハンディコミック】神の乳母~異形に奪われた妻~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セーフセックス学習会
最強媚薬エロティカセブン