新着情報

私、なぜか足フェチ君に好かれるんです

この体験談は約 4 分で読めます。

会社の足フェチ君と、昨日しちゃいました。

偉い方が使う資料を作る仕事をしていたのですが、金曜日の夕方になって「あそこを直せ」とうるさく言ってきて、仕方なく残業しました。
隣の部署の男性が手伝ってくれることになり2人で半分ずつにして資料を作成しておりました。
8時頃だいたい出来たので、「これでどうでしょうか?」と彼のデスクに資料を見せに行きました。
パソコンで一緒に見ようと言うので、彼のお隣の席の椅子を彼のデスクの方に持って行って、一緒にパソコンで資料を見ながら、ああでもない、こうでもないと話をしました。
ノート型のパソコンだったので結構近くに座らないと一緒に見れないので、ちょっと嫌だなーと思っていました。

妙に座る位置が近くて落ち着かなかったのですが、普通に「あとエクセルでこのグラフを作ってくれればいいよ」と言われたので、自分の席に戻ってグラフを作ってみました。
しかし私エクセルはほとんど使ったことがなく、グラフなんてとてもじゃないけど作れなかったので、しょうがなく、その方に「やり方がわからないので他の作業にしてもらえないでしょうか」とお願いしました。
すると彼は、「でもエクセルくらいできたほうがいいよ。俺が教えてあげるよ」と言って、今度は私の席にやってきました。

私の後ろに立って、「そこをクリックして」とか「数字を入れて」とか指示を出してきました。
私は疲れてたし、エクセルに興味もないし、早く帰りたかったのですがあまりに熱心に教えてくれるので嫌とも言えず、彼の言う通りに頑張りました。
そのうち彼が画面を指差すときに私の肩越しに腕を伸ばしてきました。
顔の位置も近いし香水の香りもして正直ちょっとドキドキしました。

(パソコンにも詳しいし、かっこいいかも)ってちょっと思ってしまったりして。

そうこうしてるうち彼が私の手の上に自分の手を乗せてマウスを操作しはじめました。
思いっきり固まってしまいましたが、なんとかそれっぽいグラフが出来上がりました。
とりあえず冷静になろうと彼の手を離して、「おかげで出来ました。ありがとうございます」と彼から離れようとしました。
が、彼は手を離してくれず、「もっと教えてあげたい」と言いました。
私は、「そんなに一気に習っても覚えられないから今日はもういいです」とお断りしました。
私は椅子に座っていて彼は後ろから抱きついているような形になってしまい、「じゃあ、他のことを教えてあげるよ」と言いました。

「別にいいです」と何度もお断りしたのですが、私に覆いかぶさったままで、「だいじょーぶだから」と意味不明のことを言いながら肩とか首に触ってきました。

「他の人が来ると困るし、やめてください」

きっぱりそう言ったのですが、全然聞いてないようでした。
昨日、私はピンクのストライプのシャツにフレアスカートを穿いて仕事をしておりました。
作業をするときは髪が邪魔なのでクリップで上にあげているのですが、「いつも仕事してるとき、その髪型だよね。可愛いよね」と言いながら首筋にものすごい勢いでチューされてしました。
私も気持ちよくなってしまったし、どうせ誰も戻ってこないだろうと思い、ちょっとだけ声が出てしまいました。
それでOKと思われたのか、彼は立ったまま私の背後からシャツのボタンを二つだけ外してブラに手を入れてきました。
アダルトビデオみたいで、すっかり私も興奮してしまいました。

しばらくそうやって触られておりましたが、彼は、そのうち私の椅子をぐるっと回して、私の膝の上に跨がって座りました。
膝の上に座ってあちこち触りながら動きまわるので足が痺れてきました。

「もー、重いです」と言ったら、「ごめんね、じゃあ、ここに座って」と机の上に座らされました。

彼が椅子に座って、私がデスクに座って向き合う形になりました。
彼は私の足を自分の肩に乗せてすりすりしてきました。

なぜか私は足フェチの男性に好かれるようです・・・。
ストッキングを脱がされて、足の指まで舐められてしまいました。
気持ちよかったけど、1日中ヒールで歩き回っており、あまり清潔ではなかったと思います。
でも彼は、「美味しいよ」と言いながら嬉しそうに足の指を口に咥えていました。
ちょっと引きました。

さんざん足を触ったり舐めたりしたあと、彼がスカートの中に頭を入れてきました。
さすがにそこまではと思いましたが、「俺、一度、君とこうしてみたかったんだよねー」と明るく言われ、私もすっかりその気になっていたのでクンニもしてもらっちゃいました。
その後、彼は、「ちょっとだけでいいから入れさせて?」とお願いしてきました。
当たり前ですが、コンドームもないしそれは出来ませんでした。

「仕事をさっさと終えて続きをしに行こうよ」と言われて、普通に仕事に戻りました。

とっても変な感じでしたが、30分ほど頑張って仕事をして資料も作り終わりました。
2回ほどイカせてもらっちゃったけど、その時はどうしてもホテルに行く気にはなれず、「やっぱり私、帰ります」と彼を置いてさっさと帰ってきてしまいました。

彼はビックリしているようでしたが、月曜日に顔を合わせるのがドキドキです。
でもちょっと楽しみかも・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻熟女不倫関係