新着情報

デリの面接に行ったら講習と称して店長にやられた

この体験談は約 3 分で読めます。

初めて風俗嬢になったのは、私が21歳の時。
それまでフリーターしていたんだけど、生活が苦しくてピンサロで働きはじめました。
そして3~4年ほど風俗に勤めたのかな。
ほぼ毎日ピンサロで働いていると、さすがにメンタル的にきつくなって風俗を辞めました。
でも、もう昼間の安い給料で働くのは馬鹿らしいし・・・。
って感じでキャバ嬢やスナックでホステスをするようになり、ずっと夜の仕事をしていました。

それで30歳過ぎ頃かな。
今度はお酒の飲みすぎで体調を崩してしまい、働いていたスナックの常連さんに、「仕事がちょっとキツいんだよねー」みたいなことを話したら、人妻&熟女デリヘルを勧められたんです。
その時の私は(お酒を見るのもイヤ!)って感じだったから、数年ぶりに風俗の世界に戻ることを決めたんです。

そしてデリヘルのお店に電話して面接することに。
デリヘルの店長さんが面接してくれたんだけど、早速お決まりの講習。
私は風俗経験者だし、まぁ適当に済ませれば的な感覚でいたんだけど、大まかな流れを説明された後、「服脱いで」って言われるままに全裸になり、横になってると・・・。

「人妻系のデリ嬢だと、受け身(客の攻め)だけじゃなく、責めも上手くないと指名取れないからねー」

なんて言いながら私の耳にキスしてくる。
そして店長の左手は背中をなぞるように愛撫して、右手は太ももの内側を焦らすように触られて、そこからディープキス。
両手は相変わらず敏感な部分は避けるように優しく愛撫。
心地よくて、思わず喘ぎ声が漏れ始める私。
そこから店長の本格的なセックス講習が始まりました。
おっぱいを丁寧に舐め、右手で一番感じる部分を攻めてきた。

「お客さんにもこうやって責めるんだよー」

なんて言われながら愛撫されると・・・。

「あぁ・・・ん・・・あっ・・・あっ」

勝手に腰がピクピク動いちゃって、すごく濡れちゃって・・・。

「濡れやすいんだ」

言葉責めしてくるセクハラ店長。
そこから私の大好きなクンニ攻め。
足をいっぱい広げられて、マングリ返しにされて、店長は私の股間に顔を埋めて、舌と唇でクリトリスをチュパチュパ音を立てつつ乳首をコリコリしてくる。

「男性にこうやってチングリ返しして、フェラとかアナルとか舐めてあげると喜ばれますからねー」

なんて言いながら思いっきりクンニしてくるんです。
ほんと、もう気持ちよすぎて・・・。

「て、店長だめ、だめっあん・・・ぁん・・・あんっ」

店長は私の反応に興奮したのかさらに激しく攻めてくる。

「あ、だめ、それ以上はイッちゃぅ」

クリトリスを舌でレロレロされながらまんこを中指でクチュクチュされて・・・。

「ああ、だめだめ、イクイクイク、イクぅ~!」

気がついたら私、大量の潮を吹いてました。

「いいですねー、凄い敏感だねー、お客様に喜ばれますよー」

そこからは、店長の激しくて優しい攻めに何度も何度もイカされました。
当然のように、いつの間にか店長の硬くなったモノが私の中に出たり入ったりしてきて・・・。

「こういう本番はダメですからねー。『挿入したい』って言われても、しっかり断ってくれないとクビになりますからねー」

なんて言いながら、私を激しく犯すんです。
私は腰を振りまくり、店長の求める体位で硬いモノを受け入れまくり、そして何度も絶頂してしまったんです。
その後、店長が呼んだらしくて、オーナーだという偉そうな感じのオジサンにも犯されて・・・。
約2時間ぐらいのセックス講習で、合計3回もやられてしまいました。

色々と、前に働いてたピンサロとは全然違いました。
やはり三十路になり、人妻風俗だとこういう目に遭うんだなーって、年を取ったのを実感しました。

その後、店長からの軽いセクハラはありますけど、それ以上はないので、今も同じ店舗で働いています。
もちろんまた誘われても困りますけど、1回だけで飽きられた感じなのも、なんだか微妙なんですけどね。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ募集掲示板
最強媚薬「エロティカセブン」通販サイト