オタク教師の変態プレイで感じちゃったMな私

この体験談は約 9 分で読めます。

高校生のときに先生(♂)に犯され続けた話なんだけど・・・。

高校2年生になったとき、担任の先生にセクハラを受けました。
遅刻のペナルティと称して2人きりの教室でミニスカートのまま雑巾がけをさせられたり、縄跳び100回をさせられたりしました。

「里香ぁ、エロい体してるよ。俺の硬いのが欲しいだろう」

それもAVばりのセリフ付きでした。
それが噂になり、こじれて揉めて居づらくなって転校したんですが、転校先ではもっと・・・。

4月から転校できましたが、単位の数え方の違いから、また2年生になってしまいました。
初登校日に校門で、「おーい、◯村さん」と男の人に声を掛けられて振り返ると、前の学校の情報処理の山口先生でした。
偶然、彼の転任先と私の転校先が一緒だったようです。

「◯村さん、大変だったね。でも、君は仕方ないよ」

山口先生は意味深なことを言いました。
私はおっぱいはFカップですが、美人だとかスタイルがいいだとか特別に狙われる要素があるわけではないのに・・・。

<補足>
私:◯村里香(仮名)、高2。
山口先生:情報処理の教師、♂、25歳、独身。
鈴木先生:前の担任教師、♂、35歳、独身。

先生の言ったことが気になっていたので放課後、情報処理室を訪ねました。

「先生、『仕方ない』ってどういう意味ですか?私に悪いところがあった?」

そう聞くと先生は笑いながら説明をはじめました。

「悪いところは名前なんだよね。災難といえば災難だけどさ」

「・・・名前?」

「そう、◯村里香。鬼畜系エロゲーのヒロインの名前だったんだよ。同姓同名」

「・・・」

「ほら、鈴木先生ってオタクだったから。まぁ俺もオタクなんだけどさ」

すると先生は、「俺の性奴隷やれよ。もう留年したくないでしょ?単位欲しいでしょ?」と言ってきました。

私は驚愕しました。
・・・が、結局は了承してしまいました。
もう学校は変えられなかったし、そんなに純情でもなかったので、セックスくらいで丸く収まるならと思ったんです。
それに鈴木先生は「俺と結婚しろ」とかってヤバかったけど、山口先生はもうすぐ結婚するらしいので、ヤバさ半分くらいかなと。

「じゃ、今すぐ突っ込ませて。ビンビンなんだよね・・・」

山口先生は教室に鍵を掛けると、椅子に座ってズボンと下着を膝まで下げました。

「とりあえずイカせろよ。時間ないんだ」

かなり勃起したペニス・・・。

「・・・濡れてないから無理だよ・・・」

私は展開の早さに戸惑っていました。

「いいから来いよ。挿れてやるから。パンツ脱いでスカート捲れ」

私は従いました・・・。

「んぅ・・・無理だよぉ・・・」

私は先生の座っている椅子の肘掛けに跨がりました。
腰を沈めて先生のペニスを宛てがいます。
でも、濡れていないのでやっぱり挿りません。

「・・・鈴木先生とヤったんだろ?このまんこに突っ込ませたんだろ?巨乳を揉まれたんだろ?なあ、里香」

鈴木先生とは何もありませんでしたが、セリフじみた先生の言葉に濡れてきてしまい、ぐにゅっと先端が挿ってしまいました。

「ああんっ!・・・」

先生は笑っていました。

「ひっ!・・・痛いよぉ・・・あっあっあっ!・・・」

下からズンズンと突き上げてきます。
濡れてきたといってもまだまだ潤っているわけではないのですごく痛いです。
ガチャガチャと椅子が鳴る音と共に揺さぶられました。
比較的奥の方に食い込んで激しく突かれます。

「あっうっうっ!嫌・・・くぅっ!」

「中きっついな・・・里香ぁ・・・そろそろ・・・」

制服の上からおっぱいの片方を強く掴んで本腰を入れて突き上げてきます。

「痛いー!あああー!」

痛くて泣いていると、腰を押さえつけられて思いっきり中出しされました。

「出るよっ・・・」

ビクビクと先生のペニスが動いたのが分かりました。
先生は私のまんこからペニスをぐちゅりと抜くとスカートの内側で拭いていました。

そして床に座り込んだ私に、「おっぱい見たかったけど次にとっておくよ。今度は◯村もイカせてやるからな」と言って、さっさと教室から出ていきました。

まんこから汁が垂れてきて、私は情けなくて、下着も穿かずにしばらくそこで泣いていました。
山口先生はあっけらかんとしていて、私とのことに罪悪感なんて全く無いようでした。

1週間くらいして進路相談の予約を取るように指示されました。
言われた日に相談室に行ってみると担当は山口先生になっていました。

「◯村、俺以外の男とヤッてたか?」

いきなり聞いてきます。

黙っていたら、「態度が悪いな!言えよ!」と怒鳴られて、軽くビンタまでされました。
驚いて泣いてしまった私に先生は、「ヤったのか?」と詰め寄ってきました。
興奮してすごく息が荒くなっていました。

「・・・してません」と答えると、「オナニーは?」と聞いてきました。

「俺に犯られたのを反芻してズブ濡れだったろ?」

頭の悪い私が(『反芻』って何だろう?)とか思っていたら、「オナニーは?」ともう一度聞かれました。
仕方なく、「してません」と正直に答えると先生は、「嘘つくなよ」といやらしく笑いました。

「今、濡れる?」

後ろから抱きすくめられました。

「今日は時間があるからゆっくり犯してやるよ」

そのまま髪をしゃぶってきます。
ブレザーの上からおっぱいを下からたぷたぷされました。

「でかいよな。乳首ピンクだといいなぁ。何色なの?里香?」

私はおっぱいが弱いので変な気持ちになりそうなのを必死でこらえてました。
先生は私のおっぱいを後ろからめいっぱい持ち上げていました。

「返事しろよ。何色?」

私は太ももを閉じていましたが、お腹の下の方がキュンと痺れてきて、お汁が溢れてくるのを感じていました。

「・・・分かんない」

そう答えると、「じゃあ見てみようよ」と言って先生は制服を脱がせていきました。

嫌だったけど、変な期待もあって私は抵抗しませんでした。
後ろからシャツのボタンも外されます。
上半身はブラだけになりました。
先生は露わになった肩をしゃぶってきました。

「ガキのくせに巨乳だよなぁ~」

そう言うと、いきなりスカートの中に手を入れてきます。

「あんっ!やだっ!」

「やっぱ濡れてんじゃん。グチュグチュだ」

下着の脇から指を入れられ、割れ目を押されて簡単にビラを突破されてしまいました。

「ああんっ!・・・せんせ・・・やめて・・・あっ・・・」

ゆっくり埋め込まれてお汁が外側に解放されました。
ズブンとした感覚に私は思わずおまんこを絞めてしまいます。

「んはぁ・・・あぅん・・・あっああん」

「里香は欲求不満だったみたいだな」

先生は浅い所と引っ掛かりを強く擦るように指を出し入れさせてきました。
グッチュグッチュグッチュといやらしい音がします。

「あんっあんっあんっ!ああ・・・」

私はもうそれだけでバカみたいにイキそうになってしまいました。

「里香、イッていいぞ、ほら、イケよ!」

そう言って先生はズチュズチュと出し入れを速めてきます。

「うぅ・・・あっあっあっあっあっ!ああんー!」

私は堪らなくてあっさりイッてしまいました。

「イクのが早いね~。つかイケるんだな。誰に教わったんだよ?」

先生はおまんこから指を抜くとベトベトの指を私の唇に這わせました。

「舐めろ」

私は従ってペロペロと舐め始めました。
先生の指が口内に入ってきたので中で舌を回して舐めました。
イッたばかりなのにまた熱くなってしまいます。
ピチャピチャと舐めることに夢中になっていると、あっさり指を引き抜かれてしまいました。

「あふんっ・・・」

「淫乱」

先生は正面に来て私をソファに座らせました。
脱いだシャツで両手を後ろに縛られます。
唇を触られます。
私はなんだか媚びるような焦れるような気持ちになって先生にキスをねだりました。

「・・・先生・・・キス・・・したいの・・・」

先生は笑いました。

「淫乱」

そしてキスには応じてくれませんでした。

「おっぱい、弄ろうか、里香」

先生は私のピンクのブラを外しました。
プルンとおっぱいがこぼれるのを見て嬉しそうにしています。

『すげぇ、辛うじて乳首ピンクじゃん。美味そ~」

先生はおっぱいを思いきり寄せてみたり、交互に叩いてみたり、プルプルさせてみたり、ひとしきり遊んでいました。

「ふぁ・・・あぁあっ・・・あんっ」

私はその度にいちいち反応してしまいます。
乳首がビンビンに立ってしまいました。
けど先生は乳首には絶対に触りません。

「ああん・・・先生・・・」

「ん?何?」

「触ってよぉ・・・」

「ダメ」

「・・・お願い」

私は半泣きでした。
乳首には絶対に触らないように今度は両手の爪だけで軽~くモワ~っとおっぱいをいじめてきました。

「あうんっ!くぅ・・・」

私が身を捩っていると・・・。

「これ全部飲んだら触ってやるよ」

先生は1リットルのミネラルウォーターを出してきました。

「変な物とか入ってないよ。今、開けるし」

私は早く乳首を弄って欲しくて、よく考えもせず、言われるままに飲みました。
飲み終わるのに結構かかったけど、先生は根気強く最後まで飲ませました。

「偉いよ。ご褒美に乳首触ってやる」

やっと、やっとです。
硬くしこった乳首を指で摘まれます。

「ああっ!いいっ!」

おっぱい全体を揉み込みながら捻り潰されたり引っ張られたり。

「あうっ!先生・・・もうだめぇ!」

私はプシッと潮を吹いてイッてしまいました。

「里香ぁ、お前イキすぎ。他の男ともこんな感じかぁ?」

私が潮を吹いたのは気付かれませんでした。
軽く放心していると先生はおっぱいに顔を埋めて遊んでいました。
おっぱいから顔を上げると先生は耳を噛んできました。
弱いところばかりいじめられて私はちょっと変になっていました。
目の前にある先生の首筋にたまらなく欲情して夢中でしゃぶりました。
私の耳を離した先生はしばらくされるがままにしていました。

「すげぇ、いい匂いする。牝の臭いがするよ、お前」

「せんせぇ・・・キスしてよぉ・・・」

「はは・・・なんで?」

「だって・・・ずるい・・・お願いします・・・」

私が泣き出すと面倒くさそうにキスをしてきました。
キスが上手そうな感じじゃないのに、すごく上手でとろけました。

「んん・・・ふぅ・・・んん・・・ふぅ」

長いキスに満足していると、知らないうちに下着を脱がされていてノーパンでした。

「足、開けよ。まんこ見せろ」

「いや」

私は抵抗することを思い出して、とってつけたかのように足を閉じました。
そしたらバシン!とまたビンタされました。
なんだか急に恐くなって泣くと、床に突き飛ばされて足をこれでもかと開かされました。

「ふざけんなよ、ガキ」

先生はクンニを始めました。

「お前、結構まんこ使ってるなぁ。何この色?乳首はピンクなのにな」

「いや・・・」

「うるさい」

先生は鼻を突っ込んだりしながら溢れ出ていたお汁をジュルジュルと啜っていきます。

「尻のほうまで滴れてんじゃん。牝豚」

舌を穴に差し込んでピチャピチャしゃぶられました。

「あうう・・・もう・・・ああん!」

クリも齧られたり嬲られたりして大きく膨れ上がってさまいました。

「ひぁんっ!あっあっあっ・・・先生ぇ・・・もうお願い!」

「お願いばっかりだな、里香は」

「はぁん・・・だって・・・せんせぇ・・・あっ・・・」

私がだらしなく足を開いていると先生は、「お願いって何?」と聞いてきました。

「先生ぇ・・・イキたいよぉ・・・ちょうだい」

私は理性のタガが外れてAVみたいなセリフを言っていました。

「別にあげるもんなんて先生持ってないけど?」

そう言いながら先生はズボンと下着を一緒に脱ぎました。
ビンビンに勃起したペニスが表れて私は興奮しました。

「お前のせいでパンツ汚したよ・・・」

先生は笑いました。

「で?何が欲しいって?」

前回よりも大きい気がするペニスを前に、寝そべったままの私に先生が尋ねました。

「・・・山口先生のが欲しいの・・・」

「俺の何?」

先生が軽く自分でしごきます。

「・・・先生の・・・おちんちん・・・」

「ちんちんねぇ、これそんな可愛くないでしょ。せめてチンコにしてよ。言ってみ?」

「・・・先生のチンコ・・・私に挿れて下さい」

「里香ぁ、欲しくなっちゃったのー?」

私は焦らされて限界でした。

「早く挿れてよぉ!先生ぇ、早くぅ!」

スカートを脱がされました。

「お前、我儘すぎる」

そう言うと先生はいきなり初めからマングリで容赦なく突っ込んできました。

「ひぃー!あああー!」

体重をかけて胃が痛くなるくらい奥までズンズンズンと突き込まれて、おまんこが伸びきるような激しい感覚になりました。

「あっあっあっあっ!せんせ!あうっあうっ!」

ズブズブと叩きつけるように腰を振られて擦られて、痛いんだけど全身性感帯になったようでした。

「あっあっあっ!だめぇっ!かはっ!またイッちゃうー!」

「勝手にイケ!お前、この前より緩いな!」

ジュップジュップジュップ!

「あああー!イクぅー!!」

私は容赦なく奥を突かれて、またすぐにイッてしまいました。
先生は構わすまだ体重をかけて同じ動作を繰り返します。

ズンズンズンズン!

苦しいと思っていると、ヤバめの感覚が襲ってきました。
キュ~ンとした下腹の感覚です。
1リットルの水・・・。

「先生!私、おしっこ出るぅ!」

尿意でした。

ズチュズチュズチュ。

卑猥な水音は続いていました。

「ここで漏らすんだよ!あ~すげぇ締まってきた」

先生は靴下を履いただけのマヌケな格好の私を起こしてあぐらをかくと私を上に乗せました。
激しく揺さ振ります。

「だめっだめっ!やだっ!無理ぃ!おしっこぉ!」

「里香!里香!俺のチンコがお前のまんこ犯すのをよく見ろ!」

先生のペニスが生き物みたいにグチュグチュと私の中をせわしなく出たり入ったりしています。

「あおー!あああー!イクぅ!漏れちゃうよぉー!」

私は泣きまくりです。

「ああー俺もイキそう」

ガクガク下から激しく突き上げられて、おっぱいがブルンブルン大きく揺れていました。
乳首が先生の服に擦れて痛くなっていましたが、もうそれどころではありません。

「漏らせ!イケ!里香!」

「あうっ!うっ!うっ!うっ!キャン!漏れるぅー!」

突然ぐいっと先生におっぱいを鷲掴みにされて、不意の刺激にまんこが緩みました。

「おら!淫乱!イケ!漏らせ!」

ズブズブズブ!

「あっあっあっ!あああー!!漏れるー!!」

・・・ジュポ・・・ジョロロロジョロロロロシャアーーー!!

「ヒイー!イクぅ!!!ああああ!先生ぇっ!!ああああー!」

シャアーーー!

「おお!いいぞ淫乱里香!俺も・・・くっうー!」

ドピュビュルルルルル・・・。

「・・・あ・・・はあ・・・はあ」

私は気付くと過呼吸でまだ先生の膝の上でした。
先生もまだ荒い息をしています。
しばらくするとおしっこの嫌な臭いが立ちのぼりました。

「里香、立ってみ?」

そう言われて従うと、私のおまんこはドロドロでです。

「すんげぇーな、お漏らしでスペルマ垂らして。俺にもかかってるし」

先生は用意してあった濡らしたタオルで自分の体を拭いて、手早く服を着ました。
私が呆然と立ちすくんでいると、「片付けとけよ。次はフェラだからな」と言ってさっさと居なくなりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!