彼女の中は最高に気持ちよかった[前編]

この体験談は約 5 分で読めます。

俺の中で最高の身体をした女だった。
ナオ(仮名、当時21歳)。
長い黒髪を束ねている。
目は細い。
あまり化粧っ気はなく、男のようなさばさばした感じの性格。
胸は大きくはない、Bカップ。
あまり色気のある格好をしないので目立たないようにが、スタイルが抜群にいい。
胸こそないが脚が長く、腰から尻にかけてのウエストのくびれとムッチリとした尻ラインは、細身のデニムやワンピースを着ると、すごくラインが強調されてそそられる。
真っ白な肌。
時々中学生にも間違われる童顔で、可愛らしい顔立ちをしている。
メイクをもう少しすれば相当目立つと思った。

そんな彼女と、時々飲んだりするようになり、そして部屋に招かれるようになり、そのままセックスもするようになった。
彼女は本当に最高だった。
今でも思い出してはおかずにしている。

俺以外には元彼の1人しか経験はなかったようだ。
エッチもかなり不慣れだった。
その初々しさが、そして普段のさばさばした雰囲気とは正反対に恥ずかしがって声を上げる姿が、ものすごく性欲をかき立てられた。
パンツを下ろした時は、それだけで、「アッ」と声を上げたものだ。
思い出しながら書き留めよう。

初めて彼女とセックスしたとき。
彼女の部屋で2人で飲んでいた。
そして、彼女が明らかに誘ってきていた。

「暑くなってきた」とか言いながら服をパタパタして、ブラをチラつかせていた。

俺は我慢できずにナオを押し倒した。
彼女は上目遣いにこっちを黙って見上げた。
普段の彼女とは明らかに違う、女の目だ。
着ていた服を下から捲り上げて、ブラを露出させた。
控えめな膨らみの胸。
ネイビーのブラに包まれていた。
ブラの真ん中には小さなピンクのリボンの刺繍。
可愛い下着だ。
今日のために着けたのか?

無言で彼女と見つめあった。
普段と違う女の空気を出している彼女をメチャクチャにしたい。
俺色に調教したい。
彼女の唇にむしゃぶりついた。
彼女も俺の口に下を入れ、絡めてきた。
ぶちゃっ、じゅるっといやらしい音を立てまくって、お互いの唇と舌を貪りあった。

そのまま、捲り上がって完全に露出している胸をブラの上から鷲掴みにした。

「んっ!」

可愛らしい声をあげながら、彼女は夢中に舌を絡ませた。
唾液を啜るように、お互い舌を絡ませてキスをしながら、今度は両手で胸を揉んだ。
またナオは声をあげた。
どんどん息が荒くなる。
そんな反応が楽しみで、一通りブラの上から揉んだ後、右手で彼女の股間を弄った。
右手の中指で彼女のワレメの辺りを、穿いていたデニムの上から強くなぞった。

「んんっ!」

ナオが大きな声をあげた。
デニム越しに熱く湿った熱気が手に伝わってきた。
すごい、デニムの上からでもこんなに膣の熱が。
それにまだ始まったばかりなのに、絶対もう濡れてる。

俺はキスをやめると、彼女の上の服を脱がしてブラだけにした。
左の肩紐を下げると、そのまま左のカップもずり下げ、胸を引っ張り出すようにして露出させた。
綺麗なピンク色の乳首。
彼女は顔赤くしていた。

彼女を見ながら、ピンクの乳首を舐めた。

「あっ」と小さく声をあげた。

反応が本当にそそる。
そのままパクッと乳首一口に入れると、チュパチュパと音を立ててしゃぶった。
刺激にあわせて、「んっ。あっ!」と彼女は声を何度もあげた。
しゃぶりながら、もう片方の乳も楽しもうと、肩紐を一気に引き下げて、ブラを下に完全に下げた。
彼女の右の乳房も、ぷるっと揺れて露出した。
乳首にむしゃぶりつきながら、右の乳房も左手で揉みしだき、乳首を指でそっと刺激した。
しゃぶりながら顔を見上げ、反応を確認した。
彼女は顔を赤らめて、乳首の吸い上げと揉みしだきに合わせて、「あんっ!」と一つ大きく声をあげてから、息を激しくして悶えていた。

腰が次第にもぞもぞと前後に動き出した。
下が欲しいようだった。
反応がすごくいい。
俺はもう片方の胸にしゃぶり替えた。
また、「んんっ!」と声を上げる。

右手で彼女のデニムの金具を外し、ファスナーを下ろした。
意図を理解したのか彼女は自分の乳房にむしゃぶりついてる俺を見て、同意するかのようにデニムを自分でも脱ぎやすいように動いた。
デニムを脚から抜き、彼女はずり下げられたブラとパンツだけになった。
すぐにでも両脚を開いて、顔を突っ込んでみたい。
そんな衝動に駆られたが、抑えた。

彼女の胸を刺激して、太もも、尻、パンツの上から股間にそっと指を這わせた。
どんどん彼女の息が激しくなっていた。
透けるように白い肌。
顔はかなり赤い。
肌がスベスベしていて引っ掛かりもない。
張りがあり瑞々しい。
胸は小さめだが張りがあって、鷲掴みにすると、離した時には逆らってプルンと反発してくる。
ピンクの乳首は、最初に比べてツンっと立ち上がっている。

パンツの上から恥丘、膣にかけて中指で強めになぞった。

「アッ!」とひときわ大きい声を出した。

やはりもうすでに彼女の膣は愛液でずぶ濡れになっていたようだ。
中指にねっとりとした液がついた。
パンツからもう染み出してるのか。
すごい濡れてる。

一度彼女の乳房をしゃぶるのをやめて、彼女の脚の間に体を入れてパンツを確認した。
すごい!
パンツはずぶ濡れになっていた。
彼女のむっちりした尻と膣にパンツは食い込んでいた。
そして彼女の腰の下辺りに染みを作っていた。

早くこのパンツを下ろして、膣の中を刺激したい。
そして子宮の奥まで挿入したいと思った。
そしたらどんな反応をするんだろう、ナオは?
どんな顔で、どんな感じ方で、どんな喘ぎ声を出すんだ?

俺は彼女の両足首を掴むと、一気にマングリ返しにした。
ブラはずり下がって、パンツは穿いたままだが、とにかくすぐに彼女の中心部をパンツの上からでも目に焼き付けたいと思った。
彼女は両手を股間に合わせて、「あっ、あっ!ちょっダメ!」と叫んだ。
無視して両手で脚をマングリ返したまま、パンツの上から顔を近づけた。
ナオは、「あっ!だめ、待って!していいから、電気・・・」と、彼女は恥ずかしさで真っ赤になりながら、「電気・・・消して」とか細い声で言った。
興奮のあまり俺は電気も消さず行為をしていた。

「ごめん」と言うと、彼女の脚を下ろし、部屋の電気を消した。

真っ暗になった。

「何も見えないね」

ナオがバツが悪そうに言った。

「廊下の電気、点けて」

俺が廊下の電気をつけると、漏れた明かりで部屋が薄く照らされた。

「これで・・・」

ナオは恥ずかしそうにブラを少し直して、胸を隠しながら言った。
仕切り直しだ。
さっきまで勃っていた自分のモノは、萎えつつあった。
改めて、ブラとパンツで恥ずかしそうに隠すように横になっている彼女を見た。
本当に綺麗な身体をしていた。
今は隠しているその胸。
小さめだが美乳だった。
しゃぶりついたときの「アン」という声。
ウエストのくびれ。
キュッとしたヒップ。
そこに食い込むようにフィットしたパンツがエロい。
まじまじと見られて恥ずかしいのだろう。
顔がさらに赤くなっている。
ついさっきマングリ返しにしたパンツのクロッチ部分は、愛液でずぶ濡れになり、色が変わっていた。

(早く彼女のブラとパンツを剥ぎ取って・・・全裸にして・・・)

俺は服を脱いだ。
ボクサーパンツのみになった。
彼女はそれをじっと見ていた。
ちらちらとボクサーの股間に目をやっているのがわかった。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!