男友達とやってることに興奮して濡れまくった

この体験談は約 4 分で読めます。

私が高3の時の話。
2年半付き合った彼氏と喧嘩して別れたものの、すごく後悔してて、寂しくて毎日泣いてた。
そんな時、中学の頃から仲が良かった『Y』とメールをするようになった。
Yは未練がましい私の相談に乗ってくれたりした。

ある日、Yから、「夜景を見に連れてっちゃる」と電話が来た。
気分転換にいいかなと思い、Yの車で高台へ。
中学の時の思い出など色々話してたら夜も遅くなろうとしていた。

Y「お前がいいなら俺ん家でゆっくりしていいから。そんな泣いた顔で帰ったらお母さんびっくりするで!」

Yが笑顔で言った。
私は、友達だからいいやと思い、Yの家に泊まることにした。

Yの家に着くと誰もいなかった。
小さい頃からの知り合いで、Yの母には良くしてもらっていたので、会えないのはちょっと残念だった。

Y「あ、今日、親父は出張で、オカンは友達と旅行に行ってる」

友達だから、2人きりだとか思わなかった。
Yの部屋でテレビを観ながら2人で爆笑しているとYが突然、「ヤリたくない?」と言い出した。
びっくりして、「はぁ?なんてぇ?」と聞き返すと・・・。

Y「俺をアイツ(元彼)と思っていい。正直、悲しい顔をするお前を見てられない。俺が癒しちゃる」

そんなことを言って抱き締めてきた。

私「何言いよるんw頭おかしくなった?離せw」

私は冗談っぽくYを叩いた。
心のどっかで正直、(抱かれてもいいかな)と思う自分もいたけど、友達だから・・・と思うと罪悪感があった。

Y「本気や!てか他の男のことで泣くお前が許せんわ!なんで俺を選ばんやったん?」

そう言いながらYはベッドに私を押し倒した。
私はYを見上げて、「痛いよ・・・」と半泣きで言った。
Yは「好きだ」と言いながら抱き締めて、キスをしてきた。
突然の告白に焦った私は、「からかってんの?!」とわざと突き放すようなことを言った。

Y「本気や。何回も言わすなや」

Yは強引に何回もキスをしてきた。
次第に私も彼の舌に舌を絡め、だんだん全身が熱くなってきた。
そして彼の手が私の服を脱がしていき、あっという間に全裸になった。

私「あんま見るなや」

Y「お前、意外と綺麗な体やなw」

Yが胸に舌を持って行き、乳首を転がす。
最初は我慢してたけど次第に我慢出来なくなり、小さく声が漏れた。

Y「可愛い声出すな・・・本気で我慢できんくなったわ・・・お前のせいやからw」

笑いながらキスをしてきた。
そしてYも服を脱ぐと立派なモノが天を仰いでいた。

Y「俺、デカいって言われるんよ」

Yが自慢気な顔で言う。
正直、Yの立派さにビビってた。
あんなモノを入れたら痛いんじゃないかって。
私は反応に困り、笑って誤魔化した。

Yは「舐めあいっこしよ」と言いながら、私をYの顔の上に跨がらせた。

いわゆる69の状態。
Yが私の大切な場所を吸い付くように舐め始めた。
頭が痺れるような感覚がして、声が漏れ始めた。
私は喘ぎながらYのモノを口に含み、舌で先っぽをペロペロした。
Yも息を荒げながら、「お前、本当にエロいな」と言って一瞬私から離れ、私をM字開脚させて、その中心に舌を這わせた。
もう理性なんてなくなってた私は喘ぎまくった。
クリ中心に舐めながら指マンされて私はイッてしまった。

Y「まさかイッた?w」

Yがニヤニヤしている。

私は、「うるさい!」と言って布団に潜った。

Yは布団を剥がし、「オナニーやってみて」と言いながらキスしてきた。
私は、「やったことない」と嘘をついた。
もちろん、本当はやってたw

でもYが、「俺もするから」と言ってモノを擦り出したので、仕方なく私もクリを弄りだした。

さっきイッたばかりなので敏感だった。
それに人に見られてるってのが興奮した。
しばらくして私はまたイッた。

Yは「変態w」と言いながらゴムを付けていた。

私はついに入れるんだとドキドキしていた。

Yは「いい?」と言いながら、私の大切な場所にモノを擦りつけていた。

私「いきなりは痛いから、ちょっと舐めてからして」

Yは「本当にエロいなw」と笑いながら舐めてくれた。

そして正常位になり、「入れるよ」とYが呟き、一気に奥まで入れられた。
その瞬間、今まで感じたことのないような感覚が広がり、思わず声が漏れた。
Yはゆっくりと動きだし、私は喘ぎだした。
男友達とやってることが妙に興奮して、ピチャピチャ音が鳴るほど濡らしてしまった。
Yは動きを早めながら、「濡れすぎ・・・」と言いながら抱き締めてきた。
私は恥ずかしくて、「うるさい・・・」とYの背中を叩いた。

Y「叩いたから縛ってやる」

Yは制服のネクタイで私の手を縛って、また突き始めた。
軽く縛られた私はものすごく興奮した。
シーツが私の汁で濡れるのが分かるくらいだった。
Yは私の足を持ち上げながら突いた。
恥ずかしいのと気持ち良すぎるので顔を隠そうとしたが、手を縛られている。

Y「俺・・・もうやべぇよ・・・イッていい?」

Yが顔を真っ赤にして言った。

私「イッて・・・」

私が言うとさらに動きを速めて強く突き、私にもたれかかった。

それからYとは6年付き合ってる。
初めはこんなだったが、今は幸せ。
来年、式を挙げることも決まった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド