温泉で人妻マッサージ師に手コキをしてもらった

この体験談は約 3 分で読めます。

仕事の疲れを癒そうと思い、神奈川県の素泊まり温泉に泊まりに行きました。
近くの小料理屋で食事をとった後、営業で丸1日歩いて足がパンパンだったので、旅館のマッサージをお願いすることに。
1時間ほどで来るとのことなので、もう一度温泉に入ってから浴衣に着替えて待ちました。
どうせおっさんが来るだろうと、浴衣の下はボクサーパンツのみ。

ビール飲みながら待っているとノックの音。
来たのは30代後半くらいの女性マッサージ師でした。
笑顔が印象的な丸顔で僕好みの少し肉付きのいい感じの方でした。
しかも、胸は服の上からでも大きいのがわかるくらい。
一瞬にしてスケベ心が湧いてきました(笑)

「特に凝っているところはありますか?」

「とにかく足がパンパンなので、足とお尻を重点的にお願いします」

下半身を重点的に60分コースで解してもらうことにしました。
初めはうつ伏せで全体に軽く圧をかけた後、ふくらはぎを揉んでくれます。
ふくらはぎから太ももに移っていき、とても気持ちいい。
施術を受けながらお互いに仕事や家の愚痴を話し、いい感じに打ち解けた感はあるのですが、期待したようなことが起こる気配はありません。

(普通のマッサージで終わりそうだな・・・)

内心がっかりしてると、ちょうどお尻のマッサージに。
上下に揺する感じの動きなので、息子が擦れてちょっとずつ反応してしまいます。

(今、仰向けになったらまずいな・・・)

「今度は仰向けにお願いします」

半勃起状態でしたが、(ええい、ままよ!)と覚悟を決めて仰向けになりました。
女性の視線は明らかにテントを張った股間に行きましたが、何事もなかったようにマッサージをはじめます。
マッサージは太ももに移っていきました。
彼女は手の届くところにいます。

(このまま何もないまま終わるのは勿体ない!)

もしも怒られたら謝ればいいやと、思い切って彼女のお尻を軽く触ってみました。
特に気にする様子もなくマッサージを続けるので、調子に乗って触りまくりました。
もちろん息子はフル勃起。

(よし、まだいける!)

お尻の割れ目からオマンコの方に手を滑らせると、「もう!お客さん、ダメですよ」と笑顔で言われました。

「いやー、お姉さんキレイだから、つい興奮してしまって。ごめんなさい」

バツが悪そうに手を引っ込めたのですが・・・。

「だからココ、こんなになってるんですか?(笑)」

なんと、フル勃起の息子をツンツンしてくるじゃないですか!
絶対にイケると思いました。

「そうです、見てたら興奮してしまって」

そう言って浴衣を肌蹴け、パンツ越しに軽く自分で擦って見せました。

「きっと血行が良くなったからですよ。でも、男の人は大変ですね」

明らかに目線は息子に行っています。

「料金プラスするから、ちょっとココも解してくれない?」

「今回だけですよ。絶対内緒にしてくださいね」

言ってみるもんです!

「触るのは久しぶりだから、下手だったらごめんなさいね」

そう言って始めたのですが、これがまた上手い!
玉や裏筋を爪でツツーとやられたり、竿をシゴく時も強弱があり、あっという間に発射してしまいました。

「いっぱい出ましたね。スッキリしてもらえてよかったです」

女性マッサージ師は笑顔で帰っていきました。

この体験があってから、旅館やビジホに泊まる時は必ずマッサージを呼ぶようになってしまいました。
まだ一度も今回のような美味しい体験はできていませんが、いつかきっと!と思ってこれからも呼び続けるつもりです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

オススメのマッチングサイト

ちょっと一息エロ動画