従妹にイタズラした中2の夏

この体験談は約 4 分で読めます。

あれは中2の夏のことだった。
蝉の鳴き声を聞いたらいまだに頭に浮かぶ。

横浜に住んでいる従妹(小6)が、京都に引っ越した友人と遊ぶとのことで、滋賀にある我が家に泊まりに来た。
横浜と滋賀だったので、従妹と言えどあまり会ったことなく、おそらく3年ぶりのことだった。
駅に母親と迎えに行った。
田舎の駅なので、すぐに彼女を見つけることができた。

「あら~、Aちゃん~大きくなったわね~」

母親がお決まりの台詞を吐く。
以前の記憶があまり残っていなかったものの、確かに大きくなっていた。
小学校低学年から小学校高学年の間が飛んでいるから、当たり前と言えば当たり前なのだが。

「今日はよろしくお願いします。◯◯君(俺)、久しぶり」

中学生で思春期。
その当時の俺は女性と話すのが苦手だったから目を伏せた。
そのとき、気づいた。
白のTシャツの胸の辺りに突起物が浮かんでいることを。
汗ばんだ体に少し貼りつくTシャツが、その突起物の周りを少し透かしていることを。

その後、我が家に行く。
何の観光もない我が町だし、長旅で疲れているだろうから当然といえば当然だったのだが。
Aはかばんから京都のガイドブックを取り出す。
一応京都まではうちから30分ほどなのだが、正直あまり行ったこともなかったので俺も一緒に見せてもらった。
2人の間の床にガイドブックを置いて。
視線に京都の町並みが入り、その先には白い三角地帯が・・・。
その日、彼女は膝ぐらいまでのスカートを穿いていた。
少し大人になったかもしれないのだが、それでもまだ無邪気なままで、白い布が目の前で丸見えだった。
俺は京都どころじゃなかった。

昔の話を思い出す。
彼女にその前に会ったのは横浜の彼女の家でのことだった。
思い出す1コマはいつも同じ。
彼女がお風呂上がりで、居間で母親に体を拭かれているシーンだ。
平べったいお腹の下に1本の亀裂が入っていた。
今思えば彼女は上付きだったんだろう。
本当に綺麗な線のワレメだった。

そのあと、俺がお風呂に入った際に、彼女のパンツを洗濯カゴから取り出した。
少し黄ばんだアニメの柄が描いてあるパンツだった。
目の前にある白い三角地帯を見て、ふと思い出す。
彼女の綺麗な1本筋は、まだこの奥にあるのだろうと。

夜、まず彼女が先にお風呂に入る。
俺はその後、あのときと同じように彼女の脱いだパンツを自分の手にとって見た。
前のときほど分厚くはないが、まだパンティーでなくパンツだった。
俺は恥ずかしながら、(穿いてみたい)という欲望にかられて彼女のパンツを穿いた。
暴発しそうなほど下半身が立った。
俺は彼女のパンツを自分の息子に包んでオナニーをした。
感じたことない気持ち良さが体を走り抜けた。

もう我慢の限界だった。
風呂に入りながら、俺はあることを決行しようと決めた。
そのあることとは、お察しの通り、“夜、寝ている彼女のパンツを脱がせて彼女のワレメを堪能する”ことだった。
もう我慢はできなかった。
決行は深夜2時、それまで寝ないようになんとか夜更かしを頑張った。

時計が2時を指す。
もう後戻りできない。
俺は彼女の寝ている部屋へ忍び足で向かった。
彼女は当然のように寝ていた。
部屋が完全に真っ暗でなく、豆球が点いていたのが俺にとって好都合だった。
そっと彼女に忍び寄り、掛けてあったタオルケットを剥ぎ取った。

(あともう少し・・・)

彼女は起きる気配がなく、俺はもう止まることができなかった。
パジャマのズボンに手をかける。
少しずつ、そして少しずつずらせていくと、パンツに手が触れる。
パジャマとパンツ、いっぺんに下ろすことに決めた。
そろそろと少しずつ・・・。
彼女はまだ起きない。
へその下、数センチまで下ろしたときに俺は気づいた。

(生えてる!)

もちろんぼうぼうに生えていたわけでなく、ちょろちょろと申し訳なさそうに少しだけ。
また昔を思い出す。
のっぺりとしたお腹のラインは同じだけれども、その下のツルツルの部分は違った。
少しだけ生えているのが逆にかなりいやらしい。
俺は少しの間、じっくりと見ていた。
彼女の寝息が聞こえてくる。

俺はやっぱり、その下の部分がもっともっと気になっていた。
俺はさらに下までパジャマをずり下げる。
どのくらいの時間が経っているのだろう?
それすらもわからないほど緊張の瞬間が続いた。

柔らかいカーブを描いているお腹に突然、窪みが現れてきた。
そう、彼女のワレメだった。
昔と変わらないままに綺麗なスジが俺の目の前に現れた。
最終的に俺は彼女のズボンを完全に脱がせて、そして少しだけ脚を開かせてみた。
見える。
綺麗に塞がれた1本スジと、そしてその上部に現れた逆にいやらしいちょろちょろの陰毛。
じっくりと眺めていた。
そしてそのとき、なぜそう思ったのだろうか、達成感が俺に新たなる欲望を生まれさせた。

(ワレメを開いてみたい)

俺は両手で彼女のワレメの両側に触れて、そして左右に開いてみた。

「あっ・・・」

彼女の声がその先で聞こえた。
顔を上げると、目を見開き驚きの表情の彼女がいた。
そして自分の下半身が裸なのに気づくと、彼女は自分のパンツとパジャマを上げた。
沈黙が流れる。
彼女は自分に何が起こったのか、俺が何をしていたのか、理解出来ないでいたような感じだった。
俺は何も言えない。
バレた、とかいう単純な思考だけじゃなかった。
そのまま俺は無言で自分の部屋に消えた。

興奮で明け方まで眠れなかった。
俺が目が覚めたのは、翌日の昼過ぎだった。
彼女はもう京都に行ったらしい。
俺は母親に何か言われないかドキドキしていたが、彼女は母親に特に何も言ってなさそうな感じだった。

その後、親戚の集まりなどがあっても、俺はできるだけ行かないようにした。
だから彼女とは、それ以後は顔を合わせていない。
3年前、彼女は結婚したらしい。
あの日の出来事は幼い日の彼女の心に傷を付けた。
ただ、それだけの出来事で終わっているようだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!