新着情報

長距離トラックの運転手と恋仲になって

この体験談は約 6 分で読めます。

私が初めて彼に会ったのは、ある運送会社の事務所でパートで働いていた時のことです。
事務所の受付で、向かい合わせに立った彼は背が高く体格が良い人で、私は見上げてしまいました。
私を見つめるサングラスは、一瞬“怖いおじさん”を連想させます。
私が怖がっていると思ったのか、彼はすぐにサングラスを外してくれました。
目元が涼しげで穏やかな印象です。

「やあ、可愛い姉ちゃんやね。俺、ここ初めてやねん、これから定期的に来るからよろしくな!」

最初に受けた印象とは違って、少し甲高い声と軽い感じの話し方で、親しみ易そうに思えました。

「まあ!お上手ですね、何も出ませんから、おばさんですけどよろしくね!」と答えておきました。

それから毎週、一度か二度やって来るようになり、私が出勤した時には、いつも彼のトラックは来ていました。
私が車から降りると、トラックの窓を開けて手を振ってくれ、私も手を振ってそれに応えました。
事務所に入ってくる時は、必ず何か飲み物とお菓子を差し入れてくれ、たまには『事故品』だと言って、野菜や果物の箱を私の自動車に積んでくれることもありました。
私が彼にできる事と言えば、荷物の積み下ろしを優先的に手配する事ぐらいで、申し訳ないと思っています。

半年近く経ったある日、会社の指示で近くの病院で健診を受けました。
朝から昼過ぎまで掛かり病院を出たのは2時過ぎで、そのまま家に向かっていました。
前のトラックのナンバーを見るとなんと彼のトラックです。
きっと会社で荷物を積み終わり、遅い昼食でもするのだろうと思い、後ろについて行きました。
思った通り、郊外の大きな駐車場のある食堂に入って行きました。
私が後を追って来たことを知ると、びっくりし、すごく喜んでくれました。

職場以外で逢ったのは初めてです。
彼は食事をしながら、私はコーヒを飲みながら、ゆっくり話ができました。
彼は九州の生まれ、名前は光男、40歳独身で、福岡の運送会社の社員。
今は長距離に乗っていると話してくれました。
私の名前は麻紀(31歳、既婚、子供無し)、運送会社のパートで働いている事を話しました。
そして、お互いの携帯とメアドを教え合いました。

それからは毎日のようにメール交換し、みっちゃん(彼のことを『みっちゃん』と呼んでいました)はその日あったこと、思った事を書き込んで送ってくれました。
ちなみに彼は私のことを『まきちゃん』と呼んでくれます。
たまに、『まきちゃんと寝てみたい』とか、『今度、一緒にラブホに行こう』とメールを送ってきます。
私も負けずに、『私と寝る時は、朝まで眠らせないからね』などと冗談なメールを返信していました。
その冗談が本当のことになるとは思いもしませんでした。

数ヶ月経ったある日曜日、主人が月曜日から一週間出張するので準備をしていた時、私は念のためにと思って、「出張から帰った次の日、実家の法事に出席してくれるよね?」と確認しました。
しかし主人は、「お前の実家のことだから、お前一人で行けばいい」と言って取り合ってくれません。
私は腹立たしくなって、出張の準備を途中で放り出してしまいました。

月曜日の朝、お互いに気分を悪くしたまま、それぞれ出勤しました。
会社に着くと、みっちゃんがトラックの窓から手を振ってくれました。
私も同じように手を振りました。
しばらくして事務所に入って来ると、「まきちゃん、おはよう!今日の午後、仕事にあぶれちゃったよ。この近くで、どこかビジネスホテルないかなあ?」と聞くので、ネットで調べてあげました。

事務所を出る間際、「まきちゃん、今夜、食事付き合ってくれない?俺、奢るから」と言います。
私は、今夜は一人なんだと思い出し、「いいよ、5時に仕事終わるけどいい?」と答えました。
みっちゃんはびっくりした顔をして「マジ?いいのかよ!」と。

「いいよ、5時過ぎにビジネスホテルに迎えに行くからね」と約束しました。

みっちゃんは私の車に乗り込むと、「まきちゃん、何が食べたい?遠慮なく言ってよ」と尋ねてくれました。
冗談半分で、「うーん、ステーキがいいなあ」と答えると、「おお、それは良い。俺も食べてみたい」と冗談のつもりが本当になって、ある高級レストランに入りました。
みっちゃんも私も要領が分からず適当にヒレステーキとワインを注文しました。
料理は最高に美味しく、ワインもよく合ってました。
私は酒に強くない方なので、少しのワインに酔いを感じていました。

その後、商店街の通りを手を繋いで歩きました。
ブッティクの前で、みっちゃんが可愛いワンピースを指差して、「まきちゃん、きっと似合うよ」とハンガーから外そうとするので、慌てて、「だめよ!私なんかより、ずーと若い人が着るデザインよ」と止めました。
みっちゃんはちょっと気分を悪くしたようでした。
次は婦人用品のお店で、店頭に色鮮やかなタンクトップやキャミソールなどが並んでいました。
その中で、一際エロくて可愛い感じのベビードールを見つめながら、「ねえ、まきちゃん。一度でいいから俺の前で着てみてよ」と私の耳元で小声で囁きました。

「えー、私がみっちゃんの前で着るの?恥ずかしいよ」

そう言いながら、でも、みっちゃんが喜んでくれるならと思い、「じゃあ買ってくれる?」と口から出てしまいました。
みっちゃんは喜んで買ってくれました。

ビジネスホテルよりラブホテルの方が雰囲気がいいと言うみっちゃんの提案に従い、ラブホテルに入りました。
部屋に入ると、私たちはずーと昔から恋人であったかのように自然にキスをし、互いを求め合いました。
でも、やはり、みっちゃんとは初めてであり、買ってもらったばかりのベビードールを着ているのをみっちゃんに見て欲しい気持ちから、しばらく待ってもらってバスルームに入りました。
シャワーを浴び、体を丁寧に洗ってから着替えてベッドに戻ると、みっちゃんは目を輝かせて私を迎え入れ、強く抱き締めてくれました。
その時、私のすべてを奪って欲しいと思いました。

みっちゃんの明日の仕事の都合もあり、日付の替わる頃まで4時間程でしたが、2人の愛を十分に確かめ合いました。
と同時に、主人から得られなかった本当の意味での女の喜びも味わう事ができました。
その時から、みっちゃんは私のことを『まき』と呼び捨てにしてくれます。
2人の仲が一歩近づいたような気がします。

会社の事務所でこそ、すぐに会えるのですが、2人だけで逢える時間はほとんどありません。
彼が私の勤める運送会社に来た日のうち、月に2回、私が会社を早退してデートすることにしました。
15時過ぎから18時までの3時間足らずですが、2人にとって貴重な時間です。
お互いに精一杯燃え、愛し合いました。
その後、彼のトラックが去って行くのを見送るのは辛い事でした。

ある日、みっちゃんが、「俺のおふくろに会って欲しい」と言うのです。

「息子が40歳になっても独身である事をおふくろが心配している」からだそうです。

みっちゃんは、私なら母親が気に入って安心してくれる、と思ってるようです。
出来ることならみっちゃんの希望を叶えてあげたいと思いますが、私には主人もおり、九州まで行くのは無理です。
はっきりした返事を出来ないまま、数ヶ月が過ぎました。
みっちゃんも強くは要求しませんでした。

梅雨が明ける頃、主人が夏季休暇の事で相談してきました。
毎年、8月11日から16日まで主人の実家に行きます。
8月11日と16日の2日、休暇願を出しておくようにと主人が言います。
私は前回の実家の法事の件があったので、「今年からあなたの実家には行きません。一人で行って下さい、11日は仕事しますから」と答えておきました。
主人はすごく怒り、殴りかかってきましたが、私は譲りませんでした。
みっちゃんの希望を叶える時と思ったからです。

8月11日朝、私はいつも通り出勤しました。
そして15時過ぎ、家に戻ると主人は居ませんでした。
急いで旅行の支度し、みっちゃんが待つトラックまで車で行きました。
福岡の会社までトラックに乗せてもらうのです。

渋滞に巻き込まれ、予定の時間より大幅に遅れ、とっくに日付が変わってから到着しました。
そこから、みっちゃんの車で故郷に向かったのですが、2人とも疲れてラブホテルで一泊しました。
目を覚ますとお昼近く。
とりあえず朝のキスだけして、再び故郷に向けて出発しました。
みっちゃんの生家は、山また山の中の一軒家でした。
頭が真っ白になったお母さんが私たちを出迎えてくれました。
私はみっちゃんの婚約者として挨拶し、みっちゃんが用意したお土産を手渡しました。

お母さんは大変喜んで、「今夜はここでご馳走するから、ぜひ食べて欲しい」と言い、「しかし、家が狭いので近くの温泉に湯治宿を予約してるから、息子と2人そこで泊まって欲しい」と言われました。

宿と言っても、物置小屋と変わらない建物でした。
お盆と言うこともあって管理人もいません。
キッチンはあるので、食材だけ買ってきて、適当に食事を作りました。
13日、14日の2日間は買い物とお母さんの所へ用事で行く以外、ずーっと2人きりでした。
私もみっちゃんもお互いを心行くまで楽しみ、愛し合いました。
もう彼から離れたくないと思うようになっていました。
でも、15日なると、みっちゃんは予定通り会社に戻らなくてはなりません。
私も16日、主人が帰るまでに家に帰り、次の日から仕事が待っています。

みっちゃんのお母さんの昼食をご馳走になり、挨拶をして故郷を後にしました。
夕方、福岡の会社からトラックに乗り、私は座席後ろにあるみっちゃんの体臭のする寝台で横になっていました。
乗り心地は良くないけど、横になっていると体が楽です。
そして、みっちゃんとの出会いの日から今日の日までを振り返ってみました。
私はみっちゃんの婚約者なんかではない、本当の夫婦なんだ。
主人は法律上の夫婦であって、本当の夫婦なんかでない、と思う。
そうだ、私は主人と離婚して、みっちゃんと結婚しよう!
私は、そう決心しました。

【コミックシーモア】有栖川煉ってホントは女なんだよね
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

PLATINA SEX
最強媚薬エロティカセブン