新着情報

夫婦の営みは淡白なのに外だと淫乱になってしまいます

この体験談は約 2 分で読めます。

夫を騙して、露出不倫デートをしているんです。
私はPR会社で働いています。
休日関係なく忙しい仕事だから、仕事だと夫に嘘ついてもばれないんです。
大きなカバンとかも持って出ても怪しまれないんです。

浮気相手とは車で1時間くらいの所でいつも会っています。
私より13歳も年上で、彼も結婚してる妻帯者。
彼の趣味に付き合うと近い場所では危ないんです。
だから会えるのは月に2回前後。
でも私はいつも、アブノーマルな密会を毎回楽しみにしています。

彼は私に露出の多い服を着させて露出デートを楽しみます。
知らない男性達から好奇ないやらしい視線を浴びせられます。
不倫している彼は、そんな私を離れた所から見ていたり、隣にいる時は・・・。

「あの人が理絵の足をやらしい目で見ていたよ」
「ほら、理絵の透けたお尻を見ているよ」
「勃起した乳首がばれてるよ」

などと言葉責めしてくるから、興奮してしまいます。
いつも1時間くらい外を歩かされて、時には誰もいない所に連れて行かれて下着を取られたり、いやらしく触られたりします。
そうなると、もう欲しくて欲しくて、いつも私からお願いしてしまうんです。

車でラブホテルまで行くと、さっきまでどのように男性に視姦されていたかを彼が詳しく教えてくれます。
そしてこんな風にしたら男性は興奮するよと、次の機会にするように教えてくれます。

いつも私の方から彼を襲うようにセックスになります。
外ではSな彼だけど、2人きりになるとM男な彼。
ベッドでは私が主導権を握ってて、いつも逆レイプして、ランデブーを楽しんでいます。
私が責めると、四十路になった彼が女の子みたいな声で応えてくれるんです。
必ず私のパンストかパンツに射精して1回目はフィニッシュ。
でも私はもっと欲しいので彼を逆レイプして責め続けます。

彼のが回復すると、私にも気持ちいいことをしてくれます。
でも挿入のときはいつも私が上になります。
上になるのは嫌いじゃないし、自分の好きなように動けるので最高に気持ち良くなるのもすぐです。

でも、一番好きなのは後背位なので、最後はいつも彼にお願いしてしてもらいます。
後ろからの方が彼のが中に入ってる時の擦れ方や当たり方がいいんです。
連続で何回も最高に気持ち良くなります。
そのときに彼が、外で露出してる時の私のやらしい所を意地悪で言って言葉責めしてくるので興奮も倍増しちゃいます。

最近は私も露出好きになっちゃったみたいで、彼とデート中でもないのに、知らない男性に少しだけ露出して見せてる時もあります。
その後はハードオナニーでトランスイキします。
夫との夫婦の営みは淡白で地味な私ですが、外だと淫乱になっちゃういけない人妻なんです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!