新着情報

ロシア人の人妻研修生[第1話]

この体験談は約 8 分で読めます。

就職して三年目の秋、ウラジオストックからロシア人の研修生が3人やってきた。

一人はメガネを掛けた、日本では絶滅したと思われるタイプのオタク(ホーキンズ似)。
一人は大学をでたばっかりの韓国人とロシア人のハーフの女(なごり雪のイルカ似)。
そしてもう一人が、26歳人妻子持ちのエリヴィラ(仮名)さん。

余り詳しく書くとばれそうだが、うちの会社は本社レベルでロシアの資源開発に関わっていて、向こうの政府とも色々なコネクションやら利権やらがむずかしーく絡まりあっていて・・・。
まぁ、とにかくその3人はウラジオストック市から給料こっちもち、研修費タダ、というなんともODAなお客様だった。

ホーキンズは開発で、韓国イルカはデザイン室で、そしてエリヴィラさんは俺がいるシステム開発部門で、それぞれ研修を始めた。
総勢20人くらいの部署なのだが、まあこのご時世、“仕事量>人数”なのはどこも同じなわけで、みんな忙しい忙しい。
その上「残業禁止!」みたいな変な空気もあって、なかなかエリヴィラさんの相手をできる人間がおらず、結局新人でもなく偉くもない俺が仕事を抱えつつ“先生役”みたいなことになった。

これが別に苦にならなかったのは、そりゃもちろんエリヴィラさんが美人、それも「絶世」のと言ってもいいくらいの美人だったからだ。
日本人が「若いロシア人女性」と聞いて思い浮かぶイメージ・・・「金髪&白い肌&ナイスバディ」を兼ね備えて、瞳は青、おまけに研修態度は真面目という、最高の研修生だった。

シャツを異様に盛り上げてる胸や、タイトスカートから除くムチムチ(おっさんくさいけど、これしか表現しようがないんだよ・・)の太ももを、見ないふりをしながら俺の人生で最高といってもいいほど、親切に色々教えた。
今振り返ると、このときエリヴィラさんにいい格好をしたくて必死で勉強したことが後々仕事が上達した原因である気がするが、それはまた別の話だ。

一ヶ月も経たないうちに、俺はエリヴィラさんとだいぶ親しくなった。
ダンナや2歳の子供の写真も見せてもらった。
エリヴィラさんの御主人は、なんと海軍の工場で勤めていて、そもそもこの研修も御主人が来るはずだったらしい。
俺には難しいことはわからないが、「海軍関係」というのがどうもまずかったらしく、研修を受けることができなくなった。
ただ辞退するのも勿体無いので奥さんであるエリヴィラさんに日本行きの枠を譲った・・・とのことだった。

国際情勢にまったく疎い俺だが、日本でシステム研修を受けて、日本語を少しでも使えるようになれば、かなりキャリア的にはおいしいということだ。
もらえるようになる給料も全然違うし、第一今もらってる研修費とお給料だけでも滅茶苦茶助かる・・・というエリヴィラさんの話を聞いて、大変だなぁ~と思いつつも、ワンルームマンションに帰った後、彼女のナイスバディで妄想にふける毎日が続いていた。

「土曜日日曜日に夫サンとコドモがキマス」と喜んでいたエリヴィラさんが、ものすごーく暗い顔をしていたのは金曜日のことだった。

珍しくミスを繰り返し、ロシア語で画面に悪態をついたりしている。
俺は心配になって、お茶に誘って話を聞くと、御主人が熱を出してしまい日本に来るのが一週間遅れることになったらしい。

「子供に会いたかったんですよね。残念ですねー」と俺が言うと、エリヴィラさんは怒ったように「子供にもアイタイけど・・・セックスできないです!」と結構大きな声で言った。
俺はびっくりして周りを見回したが、他に客がいないのでほっとした。

「せ・・・セックス、ですか・・」
「ウラジオストックにいるとき、毎日してました。私もロジョン(御主人の名前らしい)も若いです。毎日しても足りなかったです・・・。もう1ヶ月もしてないのに」

想像してなかったセリフを聞いて呆然としている俺を睨んで、エリヴィラさんは

「1ヶ月セックスの相手しない・・。結婚相手失格、思いませんか?」

おれは非常に動揺しつつも、「それは、あの・・ダンナさんも一緒なのでは・・・」と恐る恐る反論すると

「チガイマス。ロジョンがそれだけ我慢できるはずないです。熱出したくらいでこないわけない。絶対ほかでセックスしてます。ウラジオストックにはそういう店たくさんあります!」と、綺麗な眉をつりあげて怒ってらっしゃる。

職場に戻っても、エリヴィラさんのイライラは収まらないようだった。
俺の頭の中には「欲求不満ってことだろ・・・。ということは・・でも外人だから何考えてるか分からないし・・・」と、混乱した考えがグルグル回っていたが、結局考えがまとまらないまま退社時間になってしまった。
俺はエリヴィラさんに思い切って「週末予定なくなって、もし空いてたらドライブとかいきませんか?ダンナさんに怒られるかな?」と誘ってみると、なんと軽くOKだった。

さて次の日、会社の人間の目を気にして(とにかくエリヴィラさんは地方都市では目立つので)県庁所在地の駅で待ち合わせ、レンタカーで迎えに行った。
職場の仲間3~4人で城やらに行ったことはあったが、二人で会うのはもちろん初めてなので、俺は異常に緊張していたが、エリヴィラさんはさすが年上&人妻、いつもどおり明るく楽しい彼女に戻っていた。
市街地を離れて、紅葉なや湖なぞ見にいったものの、俺はエリヴィラさんの白いタートルネックのセーターを突き上げる胸や、ジーパンに包まれた太ももや、白い足首や、やわらかそうな唇にばっかり目が行ってしまい、とてもとても観光なんて出来る余裕はない。
おまけにエリヴィラさんは妙に喜んでいて、腕を組んだり腰に手をまわしたりしてくるので、もう俺の頭の中と下半身はどうしようもないことになっていた。

夕方までまって日暮れの紅葉を鑑賞。
隣の県まで走ったから大丈夫だとは思いつつ、会社の人間に会わないかびくびくしながら、前もって調べていたイタメシ屋で食事をして、あとは2時間走って住んでいる町に帰るだけになった。

ワインを飲んで、白い肌に少し赤みが差してきたエリヴィラさんが、「サトシ(俺の名前)、ワカリマスヨネ?」といきなり助手席から左手を握ってきた。

「え?な?なに?」

いきなり名前で呼ばれて(それまでは◯◯さん、と名字だった)うろたえる俺。

「今日は楽しかったアリガトウゴザイマス。でももっと楽しいこと出来ますよね」と、すっかり上達した日本語で怖いことを言うエリヴィラさん。

俺は乗ったばかりの高速を次のインターで降りて、ラブホに突入した。

部屋に入っても、エリヴィラさんは珍しいらしく、冷蔵庫やらプレステやら大人のトーイやら広いベッドやら天井の鏡(地方都市はおしゃれなラブホでもあったりするのよ、怖い事に)のひとつひとつに声をあげて感心している。
素人童貞26年目を迎えていた俺は、ホテヘル意外とラブホに入ったのは初めて、それも金髪ロシア人、おまけに人妻子持ち、という数奇な運命を思いながら、緊張で口をカラカラにしながらベッドの端の方に座っていた。
エリヴィラさんは横に座ると「エリヴィラのことは、キライですか?」と顔を近づけて聞いてきた。

俺は日本人相手には決してしない、両手を大きく振るという動作をつけながら「大好き、えーっと・・・。ヤーリブリュー・・チヤー・・・っていうのかな」と慌てて答えると、エリヴィラさんはにっこり笑って「любимый мой(私のお気に入り)」と言ってキスをし、「シャワーイキマス」と言ってお風呂に入った。

「これ・・・ガラス?・・日本人スゴイデスネ」

ガラス張り、つまりベッドにいる俺から脱ぐところが丸見えになるホテルの部屋の構造に悲鳴を上げながら、エリヴィラさんはセーターを脱いで、水色のブラを脱いで、ジーパンを脱いで、パンツを脱いで、シャワーを浴びていた。
想像通り、いやそれ異常にパーフェクトな胸、色白の肌、セミロングの金髪、適度に肉の付いたウエスト、結構大きいヒップに、ムチムチ(すみませんねえ・・)の太もも・・・。
俺はもう自分史上最高にぶったっていたが、頭の中には「海軍・不倫・国際問題・謝罪・慰謝料・仕事・子供・・・・」と、まとまりのつかない考えが渦巻いていた。
しかし、その考えもバスタオルを巻いて恥ずかしそうに出てきたエリヴィラさんを見てすべて天下統一!

「やりたい・・やれる・・」

「ぼ・・ぼくもシャワー・・・」と言いかけると、
エリヴィラさんは俺を押しとどめて抱きつき、「男の人・・ニオイ。大事です・・」とささやいた。

電気も消さないまま、ベッドにエリヴィラさんを押し倒し、あわててシャツを脱ぐ俺。
バスタオルを剥ぎ取ると、横になっても崩れない、母乳で赤ちゃんを育てたとは思えないオパーイと、まさに透き通るような(陳腐だなあ)白い肌、そして黒い綺麗に手入れされた脚の間のが俺の下に広がる。
エリヴィラさんは、会社では見たことのない強烈に色っぽい目をしながら、俺の脚の間をジーパンの上からさすり始めた。
逆上した俺がベルトをはずすのに苦労していると、細くて長い指でベルトをはずし、立ち膝になった俺からジーパンを脱がせ、トランクスを下ろすエリヴィラさんヘソにひっつくほどの俺のを見て、エリヴィラさんは小声のロシア語で何か言うと、下になったまま左手で軽く俺のを握り「カタイデスネ」と笑った。

それ以上動かされると“暴発の恐れあり”だったので、とにかくエリヴィラさんの胸にしゃぶりつき、太ももをさすり、腰をもみ、首筋にキスをしたが・・・いかんせん素人童貞。
むやみに太ももを舐めたり胸に喰らい付いたり、自分の欲望の発散の方法がさっぱりわからず手詰まり状態。

エリヴィラさんも息があらくなっていたが、さすがに何か気付いたらしく
「サトシ・・・。ソノ・・・。ヴァージンデスカ?」と単刀直入に聞いてきた。

俺は「ニエット・・。ヤ・・ニ・・ナーダ・・・。でも・・えっと、アマチュアバージン・・・違うな・・・」

動揺して何をしゃべっているか分からなくなったが、ここは観念して「ダー」と答えた。

25歳で童貞、国際的には許されることではないだろう。
ここまでか、と思った俺だが、やさしいエリヴィラさんは「キンチョウシマスネ」と笑って、俺を押し倒す形で上に乗ってきた。
やさしかったのか、エリヴィラさんの体がもう辛抱たまらん状態だったのかはわからないが。

上になったエリヴィラさんは俺の胸やおなかにキスをしながら、俺のをゆっくり左手でしごく。
何このホテヘル状態・・・。
ものすごく気持ちいいけど、日本男児としてこれでいいのか?ジャパンマネー?
天井の鏡には、色黒の俺の体をまさぐる、この世のものとも思えない白い肌と、綺麗なブロンドのエリヴィラさん。
エリヴィラさんの小さい顔が俺のに到達、こっちを見て少し笑って、柔らかそうな唇で先を咥えた・・・やっぱり柔らかかった。

ブロンドをかきあげながら、ゆっくり俺のを咥えて、頭を上下に動かして、時々俺の顔を見て笑うエリヴィラさん。
何コレ?外人って勝手なセックスするって週刊PBにかいてあったぞ・・・。
ロシア人は違うの?俺の魅力?ジャパンマネー?

いかん・・・このままでは口に暴発する・・・。

俺はエリヴィラさんを止め、強引に再び押し倒し、記憶の片隅にある場所へいきなり突入しようとした。
驚いたエリヴィラさんは、俺に押さえつけられながら、「コンドーム・・・ラテックス?」と訴えるような青い目だ。
慌てて俺はリュックから昨日買った、封も開けていない箱を取り出し、ベッドに急いだ。
エリヴィラさんは「ヨウイシテマスネ・・ナゼ?」と笑っていた。
俺も笑って誤魔化しながら、つけようとするが、さすが素人童貞。自分がつけれるわけがない。

(後、俺のが比較的大きいから入りにくい事が判明・自慢)

もたもたしてると、またまた下から白くて細い指が俺のを包み、しっかりと装着してくれた。
その指に導かれて、エリヴィラさんの中に・・・。

今考えたら、前戯もなく、ゴムをかぶせてつっこまれたエリヴィラさんも大変だったのでは、と思うのだが・・・それから後も恥ずかしくて聞けずじまい。
そのときは余裕もなく、どんどん挿入した。
久しぶりのせいなのか、俺がご主人より大きいのか(笑)にゅるっと入っていくときには俺の二の腕を掴んで、小さく悲鳴を上げ、綺麗な眉をひそめたエリヴィラさん。
白い肌と揺れる胸、俺の腰に絡みつく白い太もも、俺の下で小さく声を上げ続ける青い瞳の綺麗な顔。
経験値0の俺は、再び逆上して、始めっからハイペースで腰を動かす。
力の加減もわからず手のひらに余る胸をわしづかみにしたり、男の俺がうめき声を上げたり、いきなりキスをしたり、ご主人と毎日していたエリヴィラさんにはしごく迷惑なセックスだったかもしれない。
それとも“溜まっていた”エリヴィラさんにはちょうど良かったのかも。

1回戦は当然早打ち。

そのあと、結局お泊りになり、エリヴィラさんが上になったり、俺が大きなお尻を抱えて後ろから攻めたり、文字通りやりまくり、チェックアウトは寝坊して昼の1時になったくらいだった。

帰りの車、心なしか肌がつやつやしてるエリヴィラさんを見ていると、再び俺のジーパンを突き上げる衝動が・・・。
思い切ってまたホテルに・・・と言うと、困った顔で「Menstruation・・・(月経)」と。
英語かロシア語か一瞬分からなかった俺に、みぶり手振りで説明してくれて、やっと理解できた。

がっかりした顔をみせない(つもりで)、笑って「ジョークジョーク」と言うと、エリヴィラさんはマンションに連れて行って欲しい、という。
正直会社の人間に見られてももういいやくらい、エリヴィラさんの・・・というより、初めての素人女性の体にトチ狂っていた俺は、自宅のワンルームにエリヴィラさんを入れた。

二人で買い物をして、食事を作り、最後にエリヴィラさんは手と口で何回もやってくれた。
とりあえず、彼女との関係はこんな風に始まりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おねだりワイフ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。