新着情報

可愛い従兄弟のおちんちん

この体験談は約 5 分で読めます。

私と小学校4年生のかず君と1年生のゆう君で海で遊んでました。
家が海の近くなので水着のまま家に帰ったんですが、「みか、かず君とゆう君洗ってあげて!」と母が言うので風呂に連れていきました。

2人とも砂だらけ。
ゆう君は海パン穿いてなくてオチンチンまで砂まみれでした。
私も裸になってかず君を裸にしました。

先にゆう君を洗ってあげました。
小指の先くらいで可愛かったです。
ゆう君はずっと私のオッパイ触ってました。
ずっとそうしていたかったんですけど、もう一人いるので、急いでゆう君の体を拭いて、「ゆう君上がったよ」とおばさんに渡して今度はかず君の番。

私の前に立たせて洗ってると、ゆう君の真似をしてオッパイ触り始めました。
エッチな子。
ゆう君と違ってオチンチンがちょっと大きいのでスポンジだと洗いにくくて手で洗ってました。
すると、えっと思う間にムクムク大きくなってきました。
握るようにしたらツルっと皮が剥けてピンっと立っちゃったんです。

当時処女だったのでそうなったのを見たのも触ったのも初めてでした。
そういう知識はあったんですけど。

とりあえず洗わなきゃと思って2、3回擦ってあげたら、ぴゅーっと出ちゃったんです。
これも初めて見ました。
オチンチンはしばらくビクンビクンとして、何度かぴゅーっと出した後すぐ小さくなって、かず君泣きそうな顔になってました。

「ナイショだよ!」と言ってまたオチンチン洗ってあげると笑顔になりました。

剥いて洗ってあげるとくすぐったいらしいです。

でも、ここからが恥ずかしい体験なんです。
いいかげん時間が経ったので風呂から上がり、かず君の体を拭いてあげてました。
かず君はまだオッパイに触りたいのかバスタオルの中に手を入れ、前が肌蹴てしまいました。

「こら!」なんて笑って拭いていました。

バスタオルが落ちて丸裸だったんですが、おばさんしか来ないと思ってそのままだったのが間違いでした。
足音がして、おばさんかなと思ったら、ドアを開けたのはおじさんだったのです。

「キャー」とバスタオルで隠しました。

幸い、かず君の手でオッパイは見られずに済みました。
あとでおじさんに聞いたら下の方は見えたみたい。

5年ぶりにかず君たちが、遊びに来ました。
かず君にそっと、「みかちゃんのオッパイ覚えてる?」と聞いたら真っ赤になって何も言ってくれませんでした。

(もう一緒にお風呂は入れないね)

おじさんとはお互い何も気にしてません。
昨日かず君とおじさん帰っちゃった。
ゆう君とおばさんはお盆までいるみたい。
私は昨日から会社が夏休み。

昨日、ゆう君と海水浴しました。
海から帰ると、家で先にゆう君、お風呂してました。
親とおばさんが買い物に出掛けた時、チャーンス!と思いました。
あのオチンチンが6年生になってどう成長したのか見たくて、私はお風呂へ。
脱衣所で脱いでいると・・・。

ゆう君「おねえちゃん?」

私「入るね。背中流したげる」

ゆう君「・・・」

入ると湯船の中で固まってました。
私、わざと裸のままで入ったんです。

私「座って、流したげる」

そう言うとオチンチンを隠して背中を向けて座りました。

私「ねえ、ゆう君、1年生の時、洗ってあげたの覚えてる?」

ゆう君「うん・・・」

背中を流して、「さあ。前洗うからこっち向いて」と言うと、タオルでオチンチン隠してこっちを向きました。
私のオッパイをちらちら見てるみたい。

私「タオルとっていい?」

ゆう君「えっ!」

タオル取るとギンギンに立ってました。
腕、胸、お腹はスポンジで洗ってたんですけど、オチンチンは手で洗ってあげました。
あの頃と違ってもう大人と同じ。
こぶし2つ半くらい。

「すごーい、お兄ちゃんより大きい!」って言ってあげるとどんどん硬くなって来ました。

もしかしたらって思ってシコシコしてあげました。

私「1年生の時みたいに触っていいんだよ」

ゆう君の手をオッパイに触らせました。
ゆう君、両手で揉むんです、小学生のくせに。

ゆう君「あっ、おねえちゃん、あっ」

そう言うと、ぴゅーっ、ぴゅーっと5、6回くらい勢いよく射精しました。
かず君より勢いがありました。
そしてびくんびくんと何回もオチンチンは上下しながら、ドロドロっと出してました。

「おにいちゃんより大人の体なんだね」って言うと少し嬉しそうな顔をしてました。

ゆう君は、「おねえちゃんのも洗ってあげる」と、私の体を洗ってくれました。
オッパイもお尻もあそこも素手で。
ぐちょぐちょになっちゃいました。

昨日も海でゆう君と遊んでました。
海で着替えた後、ゆう君が服のまま海に落ちちゃったので、家でブリーフ1枚にされてました。
おばさんに、「暑いんだから乾くまでそうしてな!」と言われたそうな。
あらら。

私はまた悪い癖が出て、胸の開いたワンピースにパンティ1枚。
ノーブラです。
おばさんと母が今日も買い物に出掛けたので、例によって挑発。
雑誌を見せるフリして前屈みでオッパイ見せてあげると、ムクムクっ。
ブリーフにテントが張ってるのがわかりました。
ブリーフって、中の形まで出るんですね。

私「何見てるの?おねえちゃんのオッパイ?おばさん帰ってきた時、ゆう君こんなになってるとおばさんびっくりするよ」

勃起してると私が怒られそうなので抜いてあげることにしました。
私の部屋に連れて行ってカーテン閉めて全部脱がしました。
触った瞬間、萎えてしまったんですが、口で吸ってあげるとすぐ勃起しました。
毛が生えてないのと、ちゃんと剥けてたので咥えやすかったです。

早かったー。
咥えて10秒くらいで・・・。

ゆう君「あっ」

苦がーーー。
まずーーー。
でも泣くと困るのでティッシュに吐いて我慢我慢。
あまりにも早い上にまだカチンカチンなのでちょっとイタズラ。

私「ゆう君、本当におねえちゃんとだけのナイショに出来る?お兄ちゃんにもおばさんにもおじさんにも言っちゃダメだよ」

ゆう君「うん」

コンドームを持ち出して、「これ何だか知ってる?」と言うと・・・。

ゆう君「コンドーム。学校で先生に習った」

(おいおい、今の教育は早いね)

私「つけ方知ってる?」

ゆう君「ううん。知らない」

私は丁寧につけ方を教えてあげました。
まだビンビンに立ってたので、あそこを見せて性教育しちゃいました。

私「コンドーム外すとこまで教えてあげるね」

ゆう君を寝かせて騎乗位でズブッと入れちゃいました。
でも声出してたのはゆう君。

ゆう君「あっ、うっ」

あれっ、私も感じてるのに。
ゆう君の手をオッパイに当てて揉んでもらうと、一層オチンチンが硬くなってました。
時々つるっと外れるんですけど、手で入れる時にオチンチン触ると鉄パイプみたいになってました。
でも3分くらいで、「おねえちゃん、出る!」と言うと、すぐ中でビクッビクッと何回も何回も痙攣したみたいにオチンチンが動いてました。
あんなに激しい射精は初めてでした。

そしてコンドームの外し方も教えてあげました。
外すと、もうすっかり萎えてました。
よかったよかった・・・、(何回射精したら気が済むんじゃい)って思ってました(笑)

おばさん帰ってきた時にはブリーフのテントは影も形もありませんでした。
めでたしめでたし。
また来年まであのオチンチンはお預けです。
(彼氏のより硬いしーーー)

あ、お兄ちゃんのオチンチン頂くの忘れてました。

【iコミックらんど】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Secret Number
最強媚薬エロティカセブン