新着情報

姉ちゃんよりいい女がいなくて困ってる

この体験談は約 8 分で読めます。

俺と姉ちゃん・・・。
お互い見せあいっこから触りあいになって、最後はセックスしてって感じで・・・。
何かドロドロでメチャクチャだった。
スケベな意味も何もなく、単純な興味で、「女の人のあそこってどうなってるん?」って聞いたのがきっかけ。
AVやエロ本って裏モノじゃないとわかんないでしょ?
それで他に聞ける人も特にいなかったし、聞いたんだ。

最初、思いっきりふっ飛ばされたけど、「いや、本当にわかんねえんだから、どんなものかくらい教えてくれたっていいだろ」って俺もキレ気味になって、「じゃあお前も見せろ、あたしだって見たことねえんだよ!」ってことで見せ合いに。
俺は少なくともこの時はスケベな動機はなかったよ。

姉ちゃんの部屋の鍵かけて、お互い下半身露出して、お互い見比べ。
姉ちゃんのはもう毛が生えてて、俺は「こんな風になってるんだ」って素直に感動してたけど、姉ちゃんは顔真っ赤にしてじっと見てたけど、いつの間にか俯いて黙ってた。
恥ずかしかったんだと思う。

で、俺が、「おしっこするところと、ちんちん入れるとこってどれ?」って俺が聞いたのね。
そしたら姉ちゃんが指で示して教えてくれたんだけど、「私ばっかり恥ずかしいからあんたも教えろ」ということで、俺も一応姉ちゃんに見せて、「ここからおしっこが出ます」って感じで説明。
姉ちゃんは顔真っ赤にしたままじっと見てたんだけど、「触っていい?」って言うから触らせてあげたら、恥ずかしい話だけどすぐに大きくなってさ。
それでこっちも恥ずかしくなってきて一気にムードがおかしくなってきた。

「俺も触っていい?」って聞いたら、「うん」って頷かれたから、それからしばらくお互いに触りっこ。

けど、そんな大胆なことはしてないよ。
さわさわって触るだけって感じ。
気持ちいいとかじゃないね。
でも、(なんかすごいことしてる)って感じ。

で、姉ちゃんに、「あんたもうオナニーしてんの?」って聞かれて、俺が聞き返したら、「・・・してる」って恥ずかしそうに返事されて、なんか“女の仕草”にドキンとして、「俺も・・・」って言ったら・・・。

「どんな風にするの?見せて?」

「姉ちゃんも見せてくれよ」

で、オナニーの見せ合いっこになった。
恥ずかしかったからなのか、姉ちゃんは顔真っ赤にして、「気持ちいい?気持ちいい?」って何度も聞いてくるんだけど、俺はそのシチュエーションに興奮して返事が出来なくてしごくばっかりで、「返事しろよ、バカ・・・」って恥ずかしそうに怒られたのは覚えてる。

姉ちゃんのオナニーはクリトリスを弄りながら、中を弄るタイプでエロかった。
しかも、「おっぱい触りたい」って、最後は自分で服脱いで全裸でオナニーしてた。
それまで全く意識することなかったけど、姉ちゃんって女なんだなあって、そのとき初めて思った。
オナニーして感じてる姉ちゃんは全部綺麗だなあって思った。

それでその後、お互いイッちゃって、その場はそれで終わりだったけど、それからお互い意識するようになった。
俺にとってはなんかすごい衝撃だったし、それは姉ちゃんも同じだったんだと思う。
なんかぎこちなくなった。

それからしばらくは何もなかったんだけど、ある日、オヤジとお袋が買い物に行って俺が一人で留守番してる時、誰も居ないことを幸いに俺はリビングでAV観てオナニーしてたのよ。
そしたら直後に姉ちゃんが帰って来てもろバレ。

「何やってんだお前!!」って怒られたけど、「なんかすごいね」って、いつの間にかお互い見入っちゃっててさ。
(確かレズか3Pの奴だったと思う)

「前みたいに・・・しよっか・・・?」

最初に姉ちゃんが言い出した。
リビングじゃ、もし親が帰ってきたらまずいってことで、姉ちゃんの部屋で再びオナニー大会。
姉ちゃんすぐに裸になったんだけど、「お前も裸になれ、ずるい」ってことで俺も全裸で見せ合いっこ。
で、お互いイッた後に、「前にしたあの日のこと思い出してオナニーしたことある?」って聞かれて、俺は狂ったように何回もオナニーしてたから正直に言うと、「私も・・・」って告白されて、「キス・・・しようか・・・?」って言われた。

で、そのまま唇重ねてキス。
すぐに離したんだけど、姉ちゃんが「これ、初めてなんだ・・・」って俯いてて、「俺もだよ」って一緒に俯いて気まずい沈黙。

「もう一回しよう」って姉ちゃんが言い出して再びキス。

この時は姉ちゃんが俺を抱き締めてきて、さっきよりも時間が長かった。
で、唇離したら、「私たち・・・もう・・・出来るんだよ・・・」って姉ちゃんが言う。
けど、ガキの俺には意味わかんなくて、「何が?」って聞いたら、「セックス」って小さな声で言って俯いてた。

「セックス」って聞いてドキンとしてさ、言葉なくしてたら、「どうする?やるなら今のうちだよ。したくないの」って姉ちゃんが言うんだ。

返事のしようがなくて、「どうする?」って聞き返したら、「私は・・・いいよ・・・」って姉ちゃんが言うんだ。
それ聞いて、「じゃあしよう。したい」って俺も返事してた。

お互い興奮しちゃってたんだね。
倫理感がどうのとか無かったね。
俺にとってはAVでしか存在しなかったセックスが目の前にやってきてて、それに圧倒されちゃってた。

それでそのまま始めようかって思ったら姉ちゃんが、「シャワー浴びたい」って言い出して、「その間にもし親父たちが帰ってきたらどうすんだよ?」って俺が言ったら、「けどこのまま汚いのもやだ。一緒にシャワー浴びよ」って譲らないんだよね。

「じゃあ・・・」

って一緒にシャワーに行こうとしたら、ピンポーンって玄関のブザーが鳴って、「ただいま」ってタイミングよく親父たちが買い物から帰ってきた。
慌ててお互い服着て何事もなかったようにしてたけど、心の中は『セックスセックスセックスセックス』って大合唱。
姉ちゃんも一緒だったんだろうね。

買い物の荷物片付け終わって一段落ついたら、先に部屋に戻ってた俺のところに来て、「今夜・・・父さんたちが寝たらしよ・・・大丈夫?」って言うから、「そうしよう」ってことで。

そこで一旦解散。
それからはものすごく時間が長かったなあ。
セックスセックスで頭の中がいっぱいで、(早く時間よ過ぎろ!)って思ってた。
姉とセックスするのがヤバいとか以前に、とにかく『セックスセックス!』なんだよね。
姉ちゃんも同じだったと思う。
妙にそわそわしてた。

それで飯食って風呂入って親父たちが寝静まった頃に、姉ちゃんがそっと部屋に来て、「やろ。おいで」って部屋に招かれた。
親父たちは下の部屋で寝てて、俺たちは二階。
姉ちゃんの部屋が一番奥で、親父たちの部屋から離れてたから。
でもちゃんと鍵かけて。
あまり声出ださなかったらバレないだろって。

姉ちゃんの部屋に入るなり、速攻でお互い全裸。

「なんか、めちゃくちゃ興奮する」

何か姉ちゃんが嬉しそうにそう言って、そのままキスされた。
この時、急に舌入れられてびっくりしてると、「大人はこうやってキスするんだよ?知らないの?」ってちょっとからかわれた。
俺も興奮してたけど、それ以上に姉ちゃんの方が興奮してたように思う。
ベッドに倒れこんで裸で飽きあったままずっとディープキスしてた。

キス続けてるうちに姉ちゃんが、「ん、ん」って声漏らすようになってきてね、「なんでそんな声出すん?」って聞いたら、「何か・・・気持ちいいから・・・」って恥ずかしそうに言ってまたキスされた。
キスだけで女の人が感じるって本当だなあ、って思った。

書いてなかったけど、これ冬休みのことですわ。
正月明けの学期開始直前のこと。

で、それからもずっとキス。
なんか貪りあうような感じっていうか、初めてのことに夢中になって取り憑かれたようにディープキスしまくってた。
姉ちゃんはそこそこ綺麗な人だったんだけど、それ以上にきつい人でね、すぐに手を上げるし、男子生徒と喧嘩をすることも多かったけど、この時はもう本当に綺麗な女性にしか見えなくて、「姉ちゃん綺麗、めちゃくちゃ綺麗」って唇離すたびに、何回もそんなこと言ってた。

「・・・ありがと」って、姉ちゃんが普段ならあり得ないほど恥ずかしげに女っぽく返事するものだから、一層夢中になってた。

今思えばあれがツンデレだったんだね。

それでようやくキスが終わると姉ちゃんが、「私初めて・・・」って言って、「痛いの嫌だよ?」って涙目で言うんだけど、俺だって初めてだし、どうしたらいいかわからない。
とにかくAVとかの見よう見真似で、おっぱい揉んだり舐めたりしたけど、なんか要領を得なくてね、ぎこちないものだった。
おっぱい揉みすぎたら、「痛い」って言われるし、あそこ舐めたら、「くすぐったい」って言われたりね。
けど、時々姉ちゃんは声漏らすんだよ。
布団の端っこを噛み締めたまま、きゅって目を瞑って、「ん、ん」って感じで。
姉ちゃんは声を出しちゃいけないと思ったんだろうね。
その仕草は可愛らしかったけど、こっちはとにかく必死だった。

そのあと姉ちゃんが、「私もしたい」って言って、フェラしてくれたんだけど、姉ちゃん初めてのせいか気持ちいいも何もなかったんだけど、「すげえ、なんかすげえ」ってそのシチュエーションに興奮してた。
姉ちゃん、四つん這いになってフェラするんだけど、ちょっとお尻を突き上げる格好になってふるふる揺らすんだけど、それがエロかった。
けど、フェラされたままじゃなんだかなあって思って、姉ちゃんの四つん這いになって垂れてるおっぱいの触り心地が良くてずっと触ってた。

それでいよいよ挿入。
二人ともめちゃ緊張する中、異様に身体こわばらせた姉ちゃんの中に入れたんだけど、その瞬間、「痛っ!!」って声上げてた。
一応濡れてるんだけど、とにかくめちゃくちゃキツくて、なかなか奥に進めなかった。
姉ちゃんは涙ぽろぽろこぼしてシーツ噛み締めて我慢してたんだけど、「キスして」って涙目で言われてね。
痛がらせてるの申し訳ないと思ってたからすぐにキスして、そのまま腰を入れて、奥まで届かせた後、そのままお互い動けなかった。

そのまま抱き合ったままキス続けてて、だいぶ時間が経って、「姉ちゃん動いて大丈夫?」って聞いたら、「ゆっくり動いて・・・激しくしないで・・・」ってお願いされて、その通りにゆっくり腰を前後に動かした。

そのまま腰動かそうとしたんだけど、「キスやめないで」って姉ちゃんに頼まれて、それからもずっとキスしたまま。
姉ちゃんキスしながら、「んん!んんん!!」ってこもった声出しながらずっと俺を受け入れてくれてた。
今思うと、声が聞こえたらまずいって思ってたんだろうな。
だから、「キスして」って言ってたんじゃないかな。

最初痛がってる様子だったけど、だんだん落ち着いてきて、なんて言うか身体が柔らかくなってきて、スムーズに動かせるようになってきた。
不思議とキスしたままの姉ちゃんの舌の動きが激しくなってきてた。
それでそのうちイキそうになって、「姉ちゃん、イッちゃうよ」って言ったら、「うん、うん」って泣きながら何度も頷いてくれて、「このままじゃダメだからお腹に出して」ってお願いされたんだけど、AV男優じゃあるまいし、初めての俺にそんな器用な真似できるわけないんだよね。

「どうすりゃいいんだよ?」って焦って俺が言うと、「じゃあイキそうになったら言って、口でするから」って言うんだ。

とっさに浮かんだアイデアだったんだろうね。

「じゃあそうする」ってことで、それからもしばらくキスしたまま腰振ってたんだけど、やばくなって、「姉ちゃん、姉ちゃん!」って言ったら、「抜いて!抜いて!」って焦ってた。

慌てて抜いて、姉ちゃんの口に押し込むような感じで自分の入れた。
姉ちゃんは、「んぐんぐ」ってちょっと苦しそうにしてたけど、我慢してそのままでいてくれて、そのまま射精。
飛びすぎちゃったのか、姉ちゃん、めちゃくちゃ咳き込んでて、思いっきり蹴り飛ばされた。

ようやく落ち着いて、「・・・ひどい」って姉ちゃんが恨めしそうに言うから、「口で出せって言ったの姉ちゃんだろ」って少し言い合いになったけどすぐにやめて、その後は反省会というか座談会。
俺はとにかく夢中で、気持ちいいとかはあまり感じることはできなかったんだけど、それは姉ちゃんも同じだったみたいで、「あんたとキスしてるのが一番よかった」って言ってた。

それから裸で抱き合ったままずっとキス続けて、結局この晩、このあと2回やった。
全部行動は同じで、ずっとキスしたまま腰振って、最後は姉ちゃんの口に出してた。

この晩はこれで終わったけど、それからはしばらくお互いのめり込んだね。
恋愛感情とかじゃなくてセックスに取り憑かれてた。
親に隠れて毎日のように貪りあってた感じ。
俺も姉ちゃんもキスが好きだったから、なおさらなんかドロドロしてる感じでね。
慣れてくると姉ちゃんは、入れたままじっとしてキス続けてるだけで何回もイったりするようになってた。
相性はめちゃくちゃ良かった。

姉ちゃんが高校を卒業するまでそんな関係が続いてたけど、姉ちゃんが卒業後、一人暮らしをするようになったのをきっかけに関係は終わった。
その後、姉ちゃんは結婚。
今は子供も二人いて幸せな家庭を築いてる。

一方の俺は姉ちゃんとの関係が未だに強烈に残っていて、姉ちゃん以外の女性と付き合ってもあまりうまくいかない。
特に性的に合わないのが大きく影響してる。
俺って、「濃厚すぎて疲れてしまう」らしい。

前に実家で姉ちゃんと会った時、二人きりになったので、「やっぱ、俺は姉ちゃんじゃないとダメだなあ」って言ったら、「バカやろう!」って怒鳴られた。

「早くいい子探しなよ」って言うけど、姉ちゃん以上に魅力的な人がいなくて、今も俺は困ってる・・・。

【iコミックらんど】人妻交姦ゲーム!~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER
最強媚薬エロティカセブン