新着情報

義父から性的暴行を受けていた実の娘と

この体験談は約 3 分で読めます。

15年ぶりだった。
別れた妻と言っていいのか、当時入籍はしていなかった妻との間に出来た娘が訪ねてきた。
3歳だった娘は成熟してメスの香りを漂わせていた・・・。
両親に反対され、寿司店の娘だった今の妻と結婚して息子が1人いる。
昔の経緯を知る今の妻は冷ややかに娘、早苗(18歳)を見るだけで、言葉すら掛けなかった。
気まずい雰囲気だった。

外で夕食を済ましてホテルに部屋をリザーブした。
色々と積もる話もしたかったのだ。
早苗はポツリポツリと話し始めた。
前妻は再婚し、2人の男の子がいるらしい。
だが塗装工の義父は酒が回ると暴力を振い、挙句の果てに早苗の寝間に忍び込んでくる始末。
それで耐えきれずに私のもとに来たと言って泣き崩れた・・・。

私は指で涙を拭い、優しく抱き締めてベッドに倒した。
娘とは言え、15年も離れていれば、もう大人の女だった。
唇を吸ったが抵抗の兆しさえない、どころか早苗から舌を絡ませてくる。
一気に激情が押し寄せて来た。

私は躊躇うことなく、衣服を脱ぐと早苗を全裸にした。
18歳の乳房は乳輪が盛り上がり、小さな乳首はピンク色をしていた。
首筋から舌を這わせて足を開き、オマンコをしゃぶる。

「父さん・・・いいィ・・・」

半開きの口から吐息を漏らし、身体を小刻みに痙攣させている。

「早苗・・・もう心配いらないよ・・・父さんがいる・・・さあ・・・チンポを舐めておくれ・・・」

娘を上に乗せて互いの性器を舐め合う。
非日常的な近親相姦は何物にも代えがたい最高の快楽だ。
こうなれば早苗が処女か非処女かなど問題は無かった。
反り返り、怒張したチンポを喘ぐ娘に打ち込む。

「ハァ・・・父さんが・・・父さんが早苗の中に入ってるゥ・・・」

ズンズンズン・・・。
ズボッ・・・ズボッ・・・。
ビチャ・・・ビチャ・・・。

淫肉の擦れ合う卑猥な音だけが部屋に響いた。

「早苗、中に出していいかい?」

一瞬空白の時が流れたが・・・。

「うん、いいよ。でも、赤ちやんが出来たらどうするの?」

「産めばいい、私の子だからな・・・」

成り行きの言葉だったが仕方なかった。

「嬉しい・・・じゃあ、いっぱい出していいよ・・・妊娠しちゃおうかな・・・フフフ・・・」

こちらの思いも知らずにおどけて見せる早苗。
私は隣町に部屋を用意して早苗を住まわせた。
近くの不動産屋の事務の仕事も紹介し、週2度のぺースで娘は訪れている。
最近ではピルを服用させて妊娠を避け、思う存分、娘との父娘相姦に溺れているのだ。
下着フェチの私はネットで仕入れた紐パンや穴あきパンティを着用させて、娘を目の前でオナらせる。
自慰を見せて興奮したところで交尾に移行するパターンもしかり。
部屋の中ではほとんど全裸で過ごしている。
娘の陰毛も剃り上げ、互いの小便も飲み合い、痴態の限りを尽くし、最後にはドクドクと早苗の子宮に精子を流し込んでいる。

だが、禁じられた甘美な日々は終焉を迎えようとしていた。
私の行動に不審を抱いた妻が興信所に調査を依頼し、すべてが明るみに出たのだ。
養子だった私は追い出されてしまい、早苗との性活も終わりを告げた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

FREE LOVER
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。