パート先で出会った28歳の主婦とレズの関係に

この体験談は約 4 分で読めます。

パート先で知り合った28歳の彼女は、後から職場に入った私の世話係。
凄く明るい既婚の彼女。
飲み会の二次会で2人きりになって色んな話してたら、主人とのエッチな話に。
その場では何もなかったけど、帰りのタクシーの中でGパンの上から彼女の指が敏感なところをグリグリと刺激してきて・・・。

後日、彼女のアパートでエッチしちゃいました。
彼女は仰向けに寝て、私は彼女の顔を跨ぐように腰を下ろしました。
凄く恥ずかしい姿です。
同性に見られるなんて経験ないから・・・。

「凄く綺麗ですよ!」

なんて言われて、また恥ずかしくなって・・・。
後は彼女のされるがままに濃密なエッチが続きました。
アソコとアソコを密着させたり、指で刺激しあったりしました。
椅子に座らされ脚を開かされ、濡れているアソコを丸見えにされ、開いたラビアを下から上に舐め上げられた時に絶頂を迎えました。

女性が使う玩具、欲しいねっ!なんて2人で盛り上がってるんですけど、何処に行けばありますか?

パートが早く終わったので2人でカラオケに行きました。
下着(下だけ)を脱いで見せ合っこしてました。
通路側に座って他のお客さんに見られないようにして、脚を広げて。
自分でアソコを広げて、クリちゃんを剥き出しにして見てもらってました。

彼女が隣に座り、唄いながら指で刺激してきました。
やはり女性の愛撫は優しくて、私が一番感じちゃうところをゆっくり、優しく、イクまで刺激してくれます。
男性の荒々しい愛撫もいいですが、女性のもいいです。
舌でクリちゃんを舐められたり吸い付かれたりすると、自然に腰をくねらせてしまいます。
彼女と幸せな時間を過ごすのが待ち遠しい気分です。

凄く卑猥なポーズで私を恥ずかしがらせる彼女・・・。
女性同士であっても役割は自然と決まるみたいで、私達の場合は彼女が男役です。
彼女の言われるがままにエッチは進みます。
後ろから抱き締められて、私だけ裸にされて全てを曝します。
彼女はソファーに座り、私は目の前のテーブルに乗ってM字に脚を開かされます。
その姿のままで主人とのエッチのことを質問されたりして、恥ずかしくて普段は言えない言葉をたくさん言わされます。

私がソファーに座ると、彼女が私に跨がってきて自分で服を脱ぎ、乳首を私の口に・・・。
そこから濃密な愛撫が始まります。
徐々に愛撫がアソコに集中しだす頃には、もう完全に私は彼女の支配下に置かれてしまっています。

彼女のクリちゃんを、「おちんちんが欲しいよ、おちんちんちょーだい!」って求めてしまい、彼女のアソコを舌で愛撫しちゃいます。

仰向けに寝て脚を広げている彼女のアソコ。
私の顔に跨がり、腰をくねらせる彼女のアソコ。
私のアソコを舐めながら、私の目の前にあるアソコ・・・。
どれも凄く興奮して夢中になって舐めちゃいます。
彼女が私の顔を自らのアソコに導いて、自ら開いて、クリちゃんを剥き出しにして・・・。

「ここを里美の舌でいやらしく舐めて!」

なんて言われたりすると、自らのアソコを指で刺激しながら一生懸命舐めて、吸ってしまいます。
後はアソコとアソコを密着させて絶頂を迎えます。

でも、こんなことをしてても、主人との夜も楽しんでるんですよ。
主人とのセックスは私がリードしてるんです。
主人は年下で可愛いんです。

昨日は2人で出かけました。
服とか下着とかお互いの好みのを選び合いました。
下着は単純に色違いのレース地の、ちょっと透けちゃうやつでした。
すぐに着てみたくなって、2人でカラオケボックスで着替えることに。
でも、昨日はホテルに行っちゃいました!
2人で着替えて、鏡の前でポーズ決めちゃいました。
あとは時間許す限り抱き合いました。
別に変わったことはしませんでしたが、いつもより大胆になって、色んな姿で愛撫されてたので、ちょっと筋肉痛です。

具体的に書きます。
相手のやりたいように身を任せている私ですので、今までにないポーズをとらされてアソコを愛撫されます。
洗面台に脚を開いて座らされて、お尻側から彼女の指がクリちゃんを刺激するのを見せられます。
私には彼女の指だけが見えて、それが小刻みに刺激を与えてきます。
今回はアソコを集中的に攻められました。
彼女が仰向けに寝て、その顔を跨ぐように、そして私のアソコを彼女の顔に・・・彼女は舌を出しています。
その舌に私のアソコを当てて、腰を前後にゆっくり動かして刺激されました。
途中で何度となく吸い付く彼女の唇と舌がアソコ全体を舐め回し、その度に崩れ落ちそうな腰を強制的に支えられ、最後は立っていることが出来ず、彼女の顔に座り込むように崩れ落ちました。

私がお尻を上げて、後ろから丸見えにされ、彼女はタバコを吸いながら私のアソコを観察しているんです。

「綺麗だね!」
「いやらしいね!クリちゃん剥き出しだよ!」
「お尻の穴がヒクヒクしてるよ!」

思わず私は「入れてっ!」って言って、自分の手でアソコを広げてお願いしてしまいました。
彼女は何も言わずに指を入れてきました。
気持ちよすぎて、何本入ってるかもわからないくらいに興奮しました。

主人は気付く様子もないみたいです。
普通にエッチしてるからかな。
職場では何もないですよ。
前よりも可愛い下着を身に着けるようになった程度です。
相手の女性は明るい性格なので男性にもモテるし、私もそれなりに男性の方とはお話ししますから、職場ではビアンな素振りは一切見せません。

そう言えば、野外ではないですが、彼女が運転する車の助手席で、「スカートを太腿が丸見えになるくらい上げて見せて」って言われたことがありました。
下着が見えるまで上げてあげると、彼女はニコッと笑いながら太腿に手を這わせてきました。
その後はもちろんホテルに行って・・・女性同士で抱き合うのって気持ちいいですよ!

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド