飲み屋で働く叔母に童貞を奪われました

この体験談は約 4 分で読めます。

今年の夏休み、都内の叔母の家に泊まりに行った時に童貞を卒業しました。
相手は父の妹の貴子(42歳)です。
卒業というより“奪われた”ですが・・・。

叔母は飲み屋に勤めていて、実際の年よりも若くは見えます。
サバサバしていてあけすけで、話していてとても楽しい叔母なのですが、結構スケベなことも平気で口にするので、ちょっと下品だなとは思ってました。

そんな叔母ですが、中学生の甥っ子である僕のことは凄く可愛がってくれて、今回も叔母の誘いで遊びに行き、ディズニーシーに連れて行ってくれました。
そしてその夜、叔母の家に帰宅すると、叔母はいつものように缶ビールを飲み始めます。

「ねぇ、涼太はカノジョいるの?」とか「キスはしたことある?」とか、酔っ払ってヘラヘラしながら聞いてきます。

僕はまだ何もしたことなかったから、「ないよ」と返事をしながらスマホを弄ってました。
叔母は家ではいつも下着でウロウロしていて、それなりに色っぽいとは思いますが、まぁ叔母なのでなんともなかったです。
缶ビール2本空けたら今度は焼酎のロックを飲み始め・・・。

「じゃあ、まだしたことないんだー!へー!そーかー!ドーテーなのねぇ(笑)」

だんだんウザくなってきました。
そしたらとんでもないことを言い始めました。

「ねーねー!涼太ー!アタシとしてみない?ワハハハー!」

めっちゃゲラゲラ笑いながら言ってきました。
真面目にこんな酔っ払いはイヤだと思ったので・・・。

「しないしない!絶対やだ!」

「えー!何よー!そんな拒否んなくてもいいでしょー!ワハハハ!」

めっちゃ楽しそうな叔母。
もう相手をするのも面倒臭かったので・・・。

「シャワー浴びて寝る!」

僕は席を立ち、リビングを出てシャワー浴びに行きました。
しばらくすると脱衣所でバタバタ音がして、勢いよくドアを開けて全裸の叔母が乱入してきました。

「涼太ー!洗ってあげるぅー!」

狭いユニットバスの中に無理やり入ってきました。
僕は背中を丸めて股間を隠し・・・。

「ちょ!貴ねぇ!(叔母のことは昔からこう呼んでました)何してんの!」

「だからぁー、アンタを洗ってあげるって!ホラ!こっち向きな!(笑)」

「い、いいよ、もう洗い終わったんだから!もう出るから!」

そう言って叔母を引き剥がして外に出ました。
シャワールームからは、「もー!いーじゃん!たまにはさぁー!」とかなんとかブツブツ言ってる声が聞こえましたが、叔母もシャワーを浴び始めたので身体を拭いて、そのまま寝る部屋に行って布団に入りました。
でも、久々に見た叔母の裸は刺激的で、不覚にも勃起してしまい、なかなか寝つけませんでした。

やがて睡魔が襲ってきてウトウトしていると、そーっと短パンとパンツが引き下ろされてオチンチンが熱くなりました。

「え!?何!?何?漏らしちゃった!?」

ガバッと上体を起こしてみると、なんと叔母が全裸のままで僕のオチンチンを口に咥えてこっちを見てました。

「た、貴ねぇ!!な、何してんだよー!」

僕の上擦った問いかけには答えず、叔母はオチンチンを舌の上でコロコロと転がし始めました。
これがとんでもなく気持ちよくて・・・。

「あ!あぁ~!あ!」

思わず情けない声が出てしまいました

「やめてよ、貴ねぇ、貴ねぇってばぁ」

僕は叔母の頭を押してどかそうとしましたが、あまりの気持ち良さに力が抜けていき、そのまま布団に横たわってしまいました。
すると貴ねぇは口をオチンチンから離し、今度は右手で扱きながら、ずりずりと顔の方へ這いずってきました。

「こんなにおっきくしちゃって~、もぉ~涼太もエッチねぇ」

常夜灯に照らされた叔母はとってもスケベそうな笑みを浮かべてました。

「貴ねぇ~、やめてよぉ~、もうやめようよぉ~」

か細く情けない声を出しましたが、叔母は僕に全裸の身体を密着させてきました。
叔母の柔らかな乳房が僕の胸に、叔母のザラッとした股間が僕の太腿に、そして棒のようになってる僕の耳元で・・・。

「ホントにやめる?ここで」

と、吐息混じりで聞いてきました
正直、思い切り酒臭くて一瞬「うっ!」となりましたが、耳にかかる吐息にゾクっとしてしまいました。

「涼太ぁ~、可愛いわ~、涼太ぁ~」

叔母が僕の顔を撫でながら呟きます。
そしてさらに僕の顔の正面に自分の顔を持ってきて・・・。

「どうする?やめる?それとも男になる?」

右手でゆーっくりとオチンチンを扱きながら言われ、僕の頭はぽわーんとなり・・・。

「貴ねぇに任せます」

そう言ってしまいました。

「ふふ、素直でよろしい」

叔母は僕の唇に唇を軽く合わせ、そのまま下にさがっていき、僕のオチンチンをまた咥えました。

「あ!あぁ~!」

身体中に電気が走ったみたいにビクンと脈打ちました。

「敏感ねぇ~、カワイイ、オチンチンも可愛いわ~、毛も薄ーい(笑)」

僕は恥ずかしくて仕方ありませんでしたが、この快感には抗えません。
すると叔母は咥えるのをやめ、竿の先から根本まで舌を這わせ、タマを口に含み、強めに吸いました。
初めてそんなことをされて、また身体がビクンと反応しました。

「タマタマもちっちゃくて可愛い」

しばらく左右のタマを口に含み、今度は竿の根本から先へと舌が戻って行き、パクリと咥えました。
そして今度は先程までとは違った結構な強さで吸われ、叔母の頭が激しく上下し始め、口内で扱かれました。

ジュ、ジュ、ジュブ、ジュブ・・・。

なんともいやらしい音が響き、それに合わせて、「あ!あ!あっ!あっ!」と声を出す僕。
僕はもう、今にも出ちゃいそうになっていました。

「貴ねぇ~、出ちゃうよぉ~、出ちゃうぅ~」

僕が訴えると頭を動かしながら僕の方に視線を送り、「うん、うん」と頷くと、さらに激しく上下動し始めました。
もうダメでした、限界が来ました。

「あ!あ!あぁ~、あぁ~・・・」

全身が硬直し、僕の神経は一点に集中しました。
そして叔母の口内に発射してしまいました。
一度出しても僕のオチンチンは元気なままで、ほとんど休憩もなしに叔母に乗られて童貞を奪われました。
叔母とはその一度きりです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!