ベランダの仕切りを挟んで隣の奥さんと相互オナニー

この体験談は約 4 分で読めます。

バーテンダーをしてる26歳の男です。
俺の住んでるマンションの隣には夫婦が住んでいて、子供はいないようです。
隣の奥さんの顔は見たことないけど、声の感じと旦那の見た目からして若いと思います。
たまに休みの日に家にいると、隣からヤってる声が聞こえる時もあります。

俺の出勤時間は夕方5時からだから昼間は寝てます。
そしてこの前の平日、俺は3時ぐらいに起きると、真っ裸のままベランダに出ました。
最近暑くなってきたから夏はいつもこんな感じです。
寝る時はいっつも裸だから、朝立ちしたビンビンのままベランダに出るのが最高。
ベランダの向こうは川だから、人目を気にする必要もありません。

俺は勃起したペニス勢いよく上下させて、腹にペチッペチッって当てていました。
隣のベランダには隣の奥さんがいて、洗濯物を取り込んでる感じでした。
ベランダは繋がっていて、薄い壁で仕切られているだけなので、隙間から覗こうと思えば覗けます。

俺は裸のままタバコを吸って、ぼーっとしながらチンチンをぶらぶらさせてました。
気がつくと隣から物音がしなくなって、(ん、部屋に戻ったか?)って思っていたら、しばらくしてから足音とガラス戸の閉まるが聞こえました。
そん時は何も思わなかったけど、2日目も同じようなことがありました。

(ひょっとしたら俺を覗いてるんじゃねーか?)

そう思い始めた俺は3日目、ちょっと試すことにしました。

昼間に起きると、ベランダに静かに出ました。
そんでデジカメの動画撮影をオンにしたまま、ベランダの仕切りの上の方から隣のベランダを覗く角度でガムテープで固定しました。
そして一旦部屋に戻って、今度は勢いよくガラス戸を開けてベランダに出ました。
奥さんが隣にいる気配はなかったけど、もしかしたらこっそり静かに出てきたかもしれないと思い、俺はオナニーをはじめました。
ひょっとしたら奥さんが覗きながら自分でオナッてるかもしれないって思ったら興奮してきました。
自分の我慢汁でクチャクチャ音が出始めて、オカズもないくせにかなり早目に出ちゃいました。
精子の量もすごくて、ベランダの低い壁にべっとり飛ばしちゃいました。

部屋に戻り、様子を窺いながら後でカメラを回収しました。
興奮しながらカメラの確認画面を早送りして見ると、やっぱり隣の奥さんが鏡を使って覗いてるのが見えました。
壁の隙間は左右と上下に少しあるんですが、下の隙間から足先が見えてしまうのを恐れてか、奥さんは小さいイスの上に立っていました。
さすがにオナニーはしていませんが、かなりじっくり見ていました。

それから俺は毎日ベランダでオナニーするようになりました。
そして小さいカメラを買って、隣の奥さんの様子も毎日観察していました。
するとある日、奥さんがジャージの上からアソコを触っている様子が映っていました。
イッてるのかまでは分かりませんが、かなり激しく弄っているようでした。

その次の日、奥さんはスカートでベランダに出て、イスに腰掛けて、足を床につけないように仕切りの壁に両足を広げていました。
つまりイスの上でマングリ返しをするような格好で、足をそっと仕切りの壁に寄りかけてる感じです。
もしもその壁が無かったら、俺の方からはパックリ開いたマンコが見えている状態です。
そして奥さんは激しくオナニーをしていました。
その日はさすがに遠目に見てもイッたのが分かりました。

俺と奥さんは、しばらくその関係を続けていました。
でもだんだんと麻痺してきて、もっと変態なことがしたいって思うようになってきました。
オナニーする位置もどんどん隣の仕切りに近付いて、最終的には仕切りに寄り添うように立ちながら射精していました。
奥さんとはたった数ミリの薄い壁で遮られているだけでした。

ある日、俺はむちゃくちゃ興奮してしまい、射精する時に、「奥さん、奥さん」と小声で言いながら、仕切りの隙間にチンコを突っ込んで、隣のベランダに思いっきり精子を飛ばしてしまいました。
奥さんにしてみれば、いきなり隙間から亀頭が出てきて、自分の膝の辺りスレスレで精子が飛んできてビックリしたと思います。
やった後はさすがに後悔しました。
奥さんが引いちゃったらどうしようって思いました。

ところが、その後に回収したカメラの映像では、俺の射精した精子を指ですくって、臭いを嗅ぎながらオナニーを続ける奥さんの姿が映っていました。
その日以来、俺は毎回、仕切りの隙間に発射しました。
そしてどんどんエスカレートして、隙間からチンコの先を突っ込んでオナニーをするようになりました。
奥さんにじっくり見られているのを想像すると、すぐに発射してしまいます。
イキそうになると小声で、「奥さんイクよ、出すよ」って呟くようにもなりました。

そんなある日のこと、射精の瞬間に奥さんの手が出てくるのが見えました。
なんと奥さんは、俺が発射した精子を手で直接、受け止めたのです。
すごい興奮して、過去最高の量が出ました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!