新着情報

会社の上司と浮気していた妻[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

私は43歳、妻は38歳になります。
どこにでもある普通の家庭だと思います。

半年ほど前、私は1ヶ月程度入院してました。
糖尿病でした。
会社で受けた定期検査に引っ掛かり、その時に受け持っていた仕事を終えての入院の運びになりました。
そんなに重い症状でもないそうで、私自身、軽い気持ちで、仕事一筋だった体を休める程度と考えてました。

ある時、病院の地下にある購買部に雑誌を買いに行きました。
昼を終えた患者や見舞い客で結構混んでおり、レジを待つのが少し億劫になり、私は書籍棚の前で立ち読みをしてレジが空くのを少し待っていました。
ふと奥の喫茶部を見ると妻の姿、誰かと話し込んでいる感じです。
誰かと思い、見える場所に移動すると、そこにいたのは上司の高山でした。
ばったり見舞いの高山と逢い、お茶でも飲んでいるのかなと思い、私もと思いましたが、よく考えるとお茶を飲むほど親しくもないはず。
おかしいなと思いながら病室に向かいました。

15分後、妻が病室へ入ってきました。
何事もなかったように、家のこと、子供、そして「何か必要なものある?」と私に話し掛けてきました。
なぜ、今しがた話していた高山のことが出てこないのか?

「ばったり会ってお茶飲んでました」くらいは言うはずなのに、妙な感じを受けました。

私が雑誌とお茶を頼むと、妻はバックから財布を出し、地下の購買部へと向かいました。
妻が部屋を出た後、バッグの中を探りました。
携帯を取り出し、まず着信履歴を見ます、そしてメール・・・。
私の部屋に入る40分前に着信履歴がありました。
名前は違いますが、番号は高山のもの・・・。
メールは当日の朝のもので、『今日は?』とだけの簡単な内容でした。
メルアドは同じく高山のもの。
これだけで私には十分でした。

妻の浮気・・・。
絶望と怒り、そして病室にいる自分の姿を見ると情けなく思えてきました。
私は携帯をバックに戻すと、窓の外をぼんやり見ていました。
そこに入って来たのは、妻と高山でした。

「そこで、奥さんとばったり会ってね・・・、どう調子は?」

白々しさに腹腸が煮えくり返りそうになりましたが、サラリーマンの性なのか、心なく頷くだけでした。
高山は、仕事は心配いらないから養生するようにと言い、「取引先が待ってるから、また」と言って病室を後にしました。

病室には妻と私。
普段と変わらない妻、汚れ物を袋に入れる後ろ姿を見ます。
細身の体ですが、まだ女としての色香は感じられます。
私は欲情し、妻に咥えるように言いました。

「貴方、何を・・こんなところで、病人が・・・」

妻は笑いましたが、お願いするとカーテンを閉め、部屋の鍵を掛けました。
濡れティッシュで綺麗にし、口へと収めます。
私の頭の中は妻と高山の情事を想像します。

同じように妻が高山のものを・・・。
何回抱かれたのか?
いやらしく声を出したのか?

色んな姿が頭の中を走り抜けます。
やがて自分でも早いと思うくらいで妻の口の中で射精しました。
妻は一瞬むせるような顔をして口を外します。
部屋の洗面所で吐き出し、うがいをします。
そして笑いながら私を見ると、「溜まっていたみたいね」と言いました。
私は自分で拭きながら頷きました。

いつもはあまり口を使わない妻が、今日はなんの躊躇もなく私の望みに応えてくれました。
以前よりも何かが違う舌使い・・・。
激しい舌使いではないが、微妙に絡ませる感じが以前とは違うような気がしました。
妻が部屋を出ると、私は自慰をしました。
もちろん頭の中は妻と高山。
徐々に見え始める妻の姿、そして私の心・・・。

糖尿病は気長な治療が大切です。
体は痛くもなく、点滴、食事療法がメインです。
メリハリのない生活が私を気弱にさせるのかもしれません。
そんな中、考えるのは妻と高山のことです。

状況が揃っているのですが、高山はともかく、なぜ妻を問い詰めなかったのか?
1年ほど前に単身で赴任してきた高山と妻が電話したりメールする仲は100%黒です。
数度しか、私を含めて会っただけなのです。
私が知る限りでは、ですが。
焦りと焦燥と怒りが湧いてきます。
入院の経験ある方もいるでしょうが、弱気になり、色々考える時間だけは豊富です。

どうしようもなくなった私は興信所に足を運びました。
数箇所電話で料金を聞いたのですが、どこも予想以上に高かったです。
5日で60~70万円程度です。
私は妻ではなく高山を調べるように依頼しました。
会社、住所、電話番号を知らせました。
またどこで誰と会っていても、その人間は調べる必要がないと念を入れました。
やはり自分の妻を調べられるのは、何か嫌だったんでしょうね。
それに要は同じことですから、妻でも高山でも・・・。

10日後、興信所から大きな封筒を渡されました。
ドキドキしながら急いで病院に戻ります。
中には15枚前後の書類と写真です。
日時、時間、場所が淡々と書かれていました。
写真は高山、妻、そして私の部下の奥様です。
高山は会社の2人の妻に手を出していました。
モテそうにない男が2人も・・・。
我が家の妻も含まれているのは、その時は当然と思いましたが、夫婦仲のいい白井君の奥様も・・・。
清楚な感じの若奥さんなのに・・・。
妻と高山の浮気は決定的です。
そして白井君の奥様とも関係を結んでいたとは驚くばかりです。
プレイボーイからは程遠い高山が、なぜ女をものにできるのか不思議な気さえします。

なぜ妻の高山との関係をたださなかったのか?
理由は世間体が一番でした。
上司と部下の妻の関係、ありがちな話ですが、実際、私の身に起こるとは考えてもいませんでした。
そしてそれが知れた時のことを考えると、やはり怖い気がしました。

興信所の報告書簡は明瞭な文体で書かれていました。
今は破棄して持ってませんが、思い出せる部分を書きます。

◯月◯日、02:30~04:00。
高山、自宅マンションに戻る。
女性も同時刻に高山の部屋に入る。
高山のマンションに入る妻の姿が映ってました。

◯月◯日、01:00。
A町のスーパーの駐車場にて女性と待ち合わせ後、B町にあるホテルに入る。
高山の車に乗り込む白井君の奥様の姿。

5日間ですので、私が知りたかったことはこの程度しか書かれてません。
あとは勤務時間中のパチンコ、終業後の行きつけの居酒屋、他は喫茶店に入ったり、会社の人間と飲みに行ったり、私にはまったく興味のない事柄も多く書かれてました。

病室には妻が毎日顔を出します。
いつもと変わらぬ笑顔と仕草です。
変わったのは、妻を見る私の目と感情です。
病室に来た妻を地下の売店に行かせます。
財布だけをバックから取り出す妻、妻の携帯を取り出しチェックする私。
変わった着信もメールもありません。
普通に考えれば、やましいものはすぐ消すのが当たり前です。
前回は偶然の賜物にしか過ぎなかったのでしょう。

妻が部屋の戻ると、私はまた口での行為を要求しました。
嫌がりましたが、濡れティッシュで拭くと口に含みました。
妻の口での行為に興奮するのではなく、妻と高山の行為を描いて興奮する私がいました。
人の妻なら無茶なこともするだろう。
妻も私には見せないことや、私にはしないような変態的行為も・・・。
勝手な考えを頭の中で描きます。
不思議です。
もちろん怒りはあります。
嫉妬もあります。
でも、興奮することも確かです。
事実、私のモノは痛いくらいになっていました。

妻のスカートの中に手を入れて、パンティー脇から指を入れます。
濡れたそこは、少し前まで高山のモノを受け入れていたとさえ考えます。

この中に高山の汚い性器が入ったのか?
舐められたのか?
中で出されたかも・・・。

色んな思いが私を襲います。
そして白井君の奥様のことも考えます。
私ならあの若奥様をどうするか?
咥えさせ、乳房を強く掴み、アナルさえも舐めて、舐めさせる。
妻と白井君の奥様、高山の姿が交互に描かれます。

やがて妻の口の中に勢いよく射精します。
むせる妻、ティッシュに吐き出すとうがいをします。
高山のは飲んだのか?
暇な時間を病室で過ごす私には色んな思案が起こってきました。

入院一月弱、ようやく退院の運びとなりました。
自宅ではささやかな宴が開かれ、飲んではいけないビールを数杯飲みました。
すぐに酔いが回りだしました。
甲斐甲斐しく子供の世話をする妻、私を温かい言葉で励ます妻。

その晩、久しぶりに妻を抱きました。
上に乗せ、お互いの性器を舐めあう私たち。
妻の恥ずかしそうに咥える姿。
薄い毛に覆われた奥にはピンクの穴が開いてます。
高山がここに入れているのは間違いありません。
もしかして、少し上の茶色い穴までも・・・。
思うと興奮が増します。
悔しさに包まれた興奮です。
私がもし人の妻を抱いたなら、妻にはできないこともさせるでしょう。
当然、それは高山も同じ・・・。

正常位で妻の中に硬くなったモノを入れます。
ここも高山が知ってるところだと思うと、そして中に高山の汚らしい精液が入ってる可能性も考えると、ほんの数分で妻の中に精液が注がれました。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援ネットナンパ
加圧Tシャツ「SASUKE」通販サイト