新着情報

妻の痴態はホテルに向かう車の中から始まった

この体験談は約 4 分で読めます。

ネットで募集して初めて、妻と単独さんの寝取られを体験しました。

私達夫婦は結婚して10年が経ちます。
子供も手が離れセックスも淡白になっていた頃、たまたま某エロ雑誌を書店で立ち読みして、(こんなエロい世界があるんだな)と心の隅で軽蔑しながらも、チンコがギンギンに硬くなるほど興奮したのが始まりです。

その日から中毒のようにインターネットでスワップや乱交関係のサイトを探してはお気に入りに入れるということを繰り返していました。
このPCは妻も共有しているのですが、ある日IEの履歴を見てみると、私がいない平日の昼間に、『スワップ&3P』系のエロサイトを見たログがあるではありませんか。
一瞬、子供か?と思ったのですが、その時間帯は学校に行っていますので妻が見たに違いありません。
それからはIEの履歴も欠かさずチェックするようになりました。

数ヶ月ほど様子を見ていたのですが、どうやらお気に入りのエロサイトが2つあるようで、妻はそこばかり見ているようでした。
ひとつは体験談のまとめサイトで、もうひとつは『勃起自慢』という、熱くそそり立った男の局部がUPされているエロサイトです。

(普段は大人しい妻が、こんなエロいサイトを昼間から見ているなんて・・・)

軽いショックと、なんとも言えない興奮で、実生活のセックスレスも相まって、その履歴だけで妄想オナニーに耽っていました。

しかし、とうとう我慢できなくなった私はある夜、意を決して私の寝取られ性癖を妻にカミングアウトしました。
そして、「お前が他人に犯されているところを見たい」とはっきり言いました。
最初は、「何言ってるの?バカじゃない」と笑って相手にしてくれなかった妻も、最後は私の勢いに押され、「あなたがそれほど言うのならいいわ。でも1回だけよ」と了承してくれました。
表面上は渋々でしたが、今思えば、内心は妻も他人棒でメチャクチャにされたいと思っていたに違いありません。

後日、妻と相談して条件を決めました。

『25歳から35歳まで』
『ペニスが長いこと』

この2点を条件に某サイトで募集し、50人くらい集まった中から妻と同年齢の28歳のS君を選びました。
彼を選んだ理由は文章から誠実さがうかがえたことと、添付してあったペニスがものすごく立派だったこと。
そしてなんといっても妻が、「この人がいい」と、とても気に入った様子だったことです。

S君とは会う前にお互いのことを知る意味でメールや電話で1ヶ月ほど連絡を取り合いました。
やさしい話し方と写真で見た印象がピッタリで、“この人なら妻を預けても大丈夫だな”と確信しましたし、妻のほうもやり取りを重ねる度に好印象度がアップしていったようです。

私は妻に、「勝手にS君と連絡を取り合っていいよ」と言い、またS君には、「妻を口説いて、その気にさせてくれ」と申し伝えてありました。
S君の話によると、私のいない昼間に妻へ連絡を取って、かなりきわどい話やお互いの性器の無修正写メを送りあっていたそうです。
私の知らないところで貞淑だった妻がそんなエロいことをしていたと考えるだけで気が狂いそうになるくらい興奮したのを覚えています。

そしてとうとう会う日がやってきました。
待ち合わせにはS君の家の近くのコンビニを指定し、コンビニの駐車場へ着くと、妻を後ろの席に移動させました。
そのままホテルへ直行する約束をしてあったため、その間は車内でS君に悪戯してもらう約束になっていたからです。
妻も察したのか、俯き加減で後部座席へ移動しました。

S君が来て、車へ迎え入れると、挨拶もそこそこに、「じゃあ好きなようにしていいよ」と妻をS君に預けました。

S君は、「はい、わかりました」とだけ言い、妻の胸を触りだしました。

バックミラー越しに妻のなんとも言えない表情を見ながら安全運転するのは至難の業です。
そのうち妻とS君が何やらこそこそ話をして、ディープキスをはじめました。
私にはしないような激しいキスです。
これはホテルに着く前に車の中で1戦始まるなと感じた私は、高速側道の路肩に車を停め、2人の様子をビデオに撮りました。

興奮している私をよそに、妻とS君は2人の世界に入り込んでいます。
そのうちS君がGパンを脱ぎ、ペニスを出しました。
男の自分が見ても惚れ惚れするような立派なペニスを妻の頬に擦り付けました。

(このまま咥えるのか?!)

私は内心ドキドキしていましたが、妻がなかなかフェラしないので、「S君のペニスをしゃぶりなさい」と命令しました。
すると妻は、「は、はい・・・」と言い、ゆっくりと、しかし情熱的にS君のペニスをしゃぶり始めました。
フェラチオをする妻はもう普段の妻ではなく、見たこともないような痴熟女になっていました。
吹っ切れたように痴熟女になった妻はS君のペニスを頬張り、自ら対面座位になり、S君の逞しいペニスをオマンコで咥え込み、グラインドしてイキまくっていました。

(ああ・・・私が見たかった、知らない男に寝取られて乱れる妻の姿が、今まさに目の前にある)

気づいたら、私のパンツの中は精液でベトベトになっていました。
出しても萎えることのない股間の熱量を感じながら、私は妻の痴態を撮影し続けました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

Gorgeous Time