寝取られ癖を理解してくれた妻の献身

この体験談は約 3 分で読めます。

私達は結婚20年目を迎えた46歳と43歳の夫婦です。
子供も巣立ち2人だけの暮らしになり、月に1~2度だったセックスも回数が増えていきました。
以前はノーマルなセックスだけでしたが、セックスの最中に私がふざけて妻をデジカメで撮影したのをきっかけに大きく変わっていったのです。
もともと大人しい性格の妻はセックスの反応も控えめで声も我慢していたようです。
私を受け入れたままで写真を撮られた妻は、「今までに感じたことのない快感が襲ってきた」と言います。
狂ったように声を出して乱れる続ける妻と私は同時に果てたのでした。

その夜から私たち夫婦はアブノーマルなセックスにのめり込んでいったのです。
妻のヌードやオナニーなどをそれまでは室内で撮影していましたが、屋外でも撮るようになったのです。
週末の夜中に遠方までドライブして、早朝、人気のない場所で露出をさせて撮影するのです。
妻の恥ずかしい写真は増え続け、今ではアルバム数冊になりました。

すると今度は妻の恥ずかしい写真を誰かに見せたくなりました。
さらに、できれば私の長年の夢でもある『他の男とのセックス』を妻に経験させてみたくなったのです。
妻に伝えたところ反対されましたが、根気よく説得を続けたところ、私の飲み友達だったらと許してくれたのです。
その友人は妻のお気に入りで、よく家で飲む間柄で、私の幼なじみでした。

早速、友人を自宅に招きましたが、私も妻もドキドキして落ち着きません。
2時間ほどして妻がシャワーに行きました。
私の計画通りに進みます。

ここで友人に、「面白いものがある」と言って妻のアルバムを見せました。

アルバムを見た友人は目を丸くして驚いています。
友人に、「夫婦の遊びの記録なんだ。今夜、付き合って欲しい」と言うとすべてを理解してくれました。
友人が了解してくれたことをバスルームの妻に伝えると、意を決したように頷きました。

シャワーを終えた妻がバスタオルを身体に巻いただけの姿で出てきました。
アルバムを見ていた友人の前でタオルを落して全裸になって、友人のベルトに手をかけるとズボンと一緒にパンツも下ろしました。
最初は手で扱き、それからチンポを咥えます。

「◯◯ちゃんってエッチだったんだね」

「イヤー・・・言わないで・・・」

「◯◯ちゃん、結婚してから何人の男を知ってるの?」

「初めてなの・・・」

「本当かな?全部??(私)に教え込まれたの?」

「・・・」

私は妻の後ろからオマンコを刺激します。
ヌレヌレになって友人のチンポが欲しくなった妻は、「もう・・・入れて・・・」とおねだりして、ソファーで足を開きました。
ついに妻は私の夢を叶えて友人と繋がったのです。
私は2人を撮影していましたが我慢できなくなり、寝室に場所を替えて友人と朝まで妻を責め続けました。
妻は初めて男2人を相手にして快感の淵を彷徨い続けました。

それを皮切りに妻は私が家に連れてくる男達と経験し続け、50人を越えました。
今も妻の経験人数は増える一方です。
私たち夫婦はセックス依存症なのかも知れません。
でもこれが現実ですし、誰がなんと言おうとも私たち夫婦の愛の形なのです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド