新着情報

駄菓子屋の鬼畜オヤジと無邪気な少女

この体験談は約 5 分で読めます。

もう40年も昔の話ですが、今では考えられないような体験をお話しします。

自分は地元の高校を卒業後、飲料メーカーに就職いたしました。
勤務先も地元の営業所で、隣町を担当していました。
当然、昔の卸先は酒屋や駄菓子屋などがメインで、よく可愛がっていただきました。

そんな中、マンモス団地近くの駄菓子屋には普段から子供たちがびっしり集まっていて、当然のことながら仕事で卸しに向かうと子供たちが寄ってきます。
その中で飛び切り可愛い女の子がいました。
名前はA子とします。

その駄菓子屋の店主は、以前はばあさんだったらしいですが急死してしまい、息子さん(当時50歳くらいの禿げオヤジ)が店にいて、そいつは独身で生意気だったため、あまり関わりたくなかったのですが、A子に気づいた時から、その駄菓子屋に向かうのが楽しみになっていました。

A子は必ずと言っていいほど、自分が駄菓子屋に卸しに行くといます。
ルート的に夕方が多かったこともありましたが、私に話し掛けてくれます。
A子はJS6。
身長は150センチほどで、本当に可愛い女の子。
必ず自分のことを、「ジュリーが来た!」と言って駆け寄ってきます。

「毎日必ず1本は飲んでるんだからサービスしろ」だとか「夏休みには遊びに連れて行け」とか、ホントに可愛い。

そんな中、子供たちは夏休みに入っていて、当然自分の仕事も最盛期であるためヘトヘトになっていましたが、今日はA子に会えるからと、サービスしろとうるさいA子のために非売品のポスターやグラスなどを用意していました。
しかし忙しく、夕方に行く予定は大幅に遅れ、夜になってしまいました。
案の定、駄菓子屋に子供たちの姿はなく、店にもカーテンがかかっていて閉店。
しかし配達の品物があるので、禿げオヤジの自宅の方に向かおうと思った時、ふとカーテンの隙間から店内を覗くと、A子がいました。
A子はレジなどが置いてあるガラスのショーケースの店側に立っており、自分の方には背を向けて店主の自宅通路側を向いています。
店主の姿はなく、ガラス扉を叩いて気づいてもらおうとした瞬間、A子の前にしゃがんでいたらしい店主が立ち上がるのが見えました。

(なんだ?オヤジ?いるなら閉めんなよ)

そう思った瞬間、今度はA子がしゃがみました。

(??)

ショーケースの下の隙間からA子のお尻が見えています。
そうです。
A子は下半身裸でした。
そうです、店主はA子をクンニをし、今度は自分のを舐めさせていたのです。
自分は固まってしまい、でもバレないように覗き続けました。
店主はA子の行為を見ながらたまに顔を上げ、最高の気持ちよさを顔に出して「アーアー」言っています。

(A子がこんな禿げオヤジと?)

それから5分くらい経った頃、A子の声が聞こえました。

A「消毒用のコーラがないよ、取って来ていい?」

禿「そうだったな、忘れてた。取って来い」

A「はーい」

A子が店にあるクーラーボックスに駆け寄ります。
すでに上着も脱がされていて、全裸に靴下だけです。
A子は栓を抜き、オヤジの所に戻ります。

A「これないと飲めないんだよね!もう出るでしょ?」

禿「いや、まだだから頑張ってもらわないとダメだな?」

A「さっきはすぐ出たのに?おっぱい舐めながらやってあげようか?」

禿「それだとすぐに出ちゃうから、もう少し舐めて」

A「わかった。でも早くしてね」

もう、今起きていることが信じられないと同時に、かなり前からこの行為が行われていたことに気づかされる自分。

A「おっちゃんの大きいからもう無理!」

禿「そう言わんと、おっぱい舐めてくれたら自分でするから」

A「しょうがないな~。明日はお菓子100円分だからね」

禿「好きなだけ持っていけばいいよ」

A「ホントに?嬉しい!」

A子は立ち上がり、禿げオヤジのTシャツをたくし上げ、左乳首に口を付けながら右手で右乳首を弄り始めました。
禿げオヤジは自分のモノをしごいているようです。

禿「あー最高だー。あーあー・・・もう出る・・・」

A子が舐めるのをやめてしゃがみました。

禿「あー、もっと吸って吸って・・・全部飲むんだよ?」

A「にがいぃ」

立ち上がり、コーラを飲み始めるA子。

A「ぷはー。飲んだよ。見て」

禿「ホントだ。今日も良く出来ました」

同時に2人はキスし始めました。
禿げオヤジはA子を抱き締め、A子の口の中を舐め回しているようで・・・。

禿「ちょっと苦味が残ってたよ」

A「ホントに苦いんだから・・・」

今度は禿げオヤジがクーラーボックスにジュースを取りに行きました。
当然オヤジも下半身裸で、自分が見てもデカいイチモツ。

畜生、なんてことをしているんだ、禿げオヤジ。
A子を駄菓子なんかで釣りやがって、その上100円だと。
どんだけ安く扱っているんだ?
犯罪だぞ!

自分は心臓が破裂しそうなくらい興奮していました。
禿げオヤジはジュースを飲みながら自宅の方に戻っていき、A子は未だ裸に靴下だけの格好で、空き瓶を店の入口横の空ケースに入れようと向かってきたところで、私がいることに気づきました。
私は覗いていたのがバレたと思いました。
それもA子は裸ですから、悲鳴でもあげられるかと焦りました。

A「あ、誰?ジュリー?おじさーん、ジュリーが来たよ」

A子は恥ずかしそうにもせず、その上、悪いことをしていたという認識すらないようで、大きな声で禿げオヤジを呼んだんです。
当然、オヤジはドタバタしながらズボンを穿き、店に戻ってきたのでしょう。
A子に服を着せ(白のワンピースでした)、店のカーテンと鍵を開け、自分に話し掛けてきました。

禿「いつ着いた?」

私「い、今ですけど・・・お世話になります。遅くなりまして」

禿「何か見なかったか?」

かなり焦っていました。

私「あ、さっき、A子ちゃん裸でしたよね?」

(言ってしまった・・・)

しょうがないですよね。
だって全裸のA子を見てしまったんですから。
ただ、その前の行為は見ていなかった感じで話しました。

禿「いやー、ジュースをA子ちゃんがこぼしちゃって大変だったんだよ。誰もいなかったから店仕舞いして、洋服を洗ってやって、やっと乾いたから今、着せてやったところだよ・・・」

もちろん、「禿げオヤジ、こっちは全部わかってんだぞ!」とは言えず。

私「そうですか・・・大変でしたね・・・で、商品はどちらに?」

禿「あぁ、そこに置いていいよ」

私「わかりました。今、降ろして来ます」

A子にも目もくれず仕事を進めました。
オヤジは何とか誤魔化せたと思ったでしょうが、自分はこれが終わったらすぐに近くの交番に行こうと決めていました。
商品を降ろし始めた時にA子が近づいてきました。

A「ジュリーは私の裸、見たでしょ?」

私「ジュースをこぼしたんだって、大変だったね?」

冷静に対処したつもりです。

A「ジュリーもチンチンが腫れる時、あるでしょ?」

私「お前、なに言ってるの?」

するとA子は、いきなり自分の股間に手を伸ばして触ってきたんです。

A「あ、やっぱりね」

そう、不覚にも私は、A子の裸を見た時から立ちっぱなしでした。

A「出してスッキリしたいでしょ?ジュリーはカッコいいから、いつでも無料で治療してあげる。私、やり方わかってるから」

あまりにも無邪気な目で見つめながら股間を擦ってくるA子に、「やめろ」と言えない自分がいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻奴隷