防犯カメラにオナニーを見せつける変態女店長

この体験談は約 5 分で読めます。

最近、バイト先で嬉しい思いをさせてもらっています。
22歳の僕はアウトレットモールの警備員のバイトをしています。
僕の勤務先には女性向けファッションブランドがいくつも入っていて、ショップ店員にも結構可愛い子が多く、顔見知りになれます。

そのうちの1人が、ガーリー系レディスファッション店の奈々さんです。
奈々さんは25歳くらいで、その店の店長です。
目鼻立ちのはっきりした顔立ちに明るい茶髪の元気なタイプの女性で、「今日は雨だから暇だよ~!」とか、僕によく話しかけてくれます。

僕が奈々さんのオナニーに気付いたのは、モール閉館直後の防犯カメラを監視していた時でした。
僕はただのバイトなので、モールが閉館した後は警備員室で他の同僚バイトと一緒にぼんやりと防犯カメラをチェックするだけです。
閉館後にモール内に潜んで商品を盗むやつとかがいないかどうかのチェックですね。
各店舗ごとに、閉店後のレジ計算や展示商品の片付けなど、一生懸命に店員が動いている様子が、天井に取り付けられたムダに高性能なカメラで映し出されています。

僕はよく話しかけてくれる奈々さんのことが気になっていたので、なんとなく奈々さんの店を見ていました。
すると、店のブランド商品であるベージュのブラウスにグリーンのキュロットスカート姿の奈々さんが、バイトを先に帰した後の店で1人、特に仕事をするでもなく、店の真ん中に置かれた靴の試着用の椅子に座って、何やらごそごそしています。
僕は隣の同僚にバレないようにモニター越しに奈々さんに注目しました。

なんと奈々さんはオナニーをしていました。
ブラウスの胸の部分のボタンを外して手を突っ込み、乳首を中心に刺激しながら、反対側の手はキュロットスカートの片方を捲り上げて、股の部分で高速に動いています。
投げ出した長い脚が悶えるように動いていて、奈々さんが感じているのがモニター越しにもはっきりわかりました。
濃いグリーンのキュロットスカートだったので、奈々さんが白っぽい下着を穿いていて、手がその中にまで入っていることまでよくわかりました。
しばらく見ていると、ピクピクッとなって奈々さんがイッて、その後少し放心した後、何事もなかったように奈々さんは閉店作業に戻りました。
その日は隣に同僚がいたので、僕はただモニターを黙って見つめることしか出来ませんでした。

次の勤務からは奈々さんのことが気になって仕方なくて、「お疲れ様です~。最近よくシフト入ってるね」などと声をかけられるたびに、「あ、はい!」とキョドってしまいました。
奈々さんにも、僕の動揺がバレていたように思います。

次に奈々さんのオナニーを見られたのは数日後でした。
同じ時間に奈々さんの店の画面を見ていると、奈々さんは花柄のミニワンピを腰までたくし上げて、黒いパンツを太ももの付け根まで下ろして、モニターに陰毛まで映しながら指で円を描くようにオナニーをしていました。
しかし同僚がモニターに注目しそうになったので、僕は慌てて他の用事を頼んで移動させました。
再びモニターの前に戻った時は、すでに奈々さんはイッた後で、ワンピースを戻して休んでいるところでした。

そして先週末。
僕はついに、画面越し奈々さんと一緒にオナニーをすることに成功したのです。
先週は閉館時のバイト人数が少なく、僕と同年代の同僚の2人のどちらかが駐車場の見回りをしなければいけなくなりました。
運命のじゃんけんで僕は勝利を収め、閉館後の奈々さんのオナニータイムに1人でモニターを監視できる権利をゲットしたのです。

いつもより早めにモニターの前に座り、奈々さんの店を防犯カメラで覗きました。
ちょうど、黒のゆったりしたブラウスに白い細身のパンツ姿の奈々さんが、他の女子バイトを送り出したところでした。
店内に1人になると奈々さんはおもむろに細身のパンツを立ったまま脱ぎ、軽く畳んで横に置きました。
そして黒いブラウスの前ボタンを一つずつ開き、とうとう全部開いてしまいました。
白のブラジャーと白のパンツの上に黒いブラウスを羽織っただけという痴女的な格好になった奈々さん。
チラっと天井の防犯カメラを確認して、モニター越しに目が合った気がしたので僕はドキッとしてしまいました。
僕の右手はすでに制服のズボンの上から股間を触ってしまっていたのですが、目が合った気がした瞬間、僕は思わずサッと手を隠してしまいました。

そのまま奈々さんはいつものように靴試着用の椅子にもたれるように腰を下ろすと、ブラジャーの中に手を突っ込んで、乳首を触って自分を高めはじめました。

(奈々さんには露出癖があって、防犯カメラ越しに誰かにオナニーを見られて興奮するんじゃないのか?)

そんなことを考えながら僕は自分の制服のズボンのベルトを緩め、ウエストから手を突っ込んで直接自分のペニスを触りはじめました。
その日の奈々さんはいつもよりも過激でした。
白いブラジャーからおっぱいを出して、色の濃い乳首がモニターに映るようにして乳首を触っています。
その後、白いパンツの上から自分のおまんこの濡れ具合を確かめるような触り方をした後、立ち上がって商品陳列棚の角の部分に自分のおまんこを擦り付ける、いわゆる角オナニーを開始しました。
最初は棚の角の当たり具合を調節するように自分のクリの位置に上手く当たるようにゆっくりと動いていたのが、あるポイントで棚の角が奈々さんのクリにジャストミートする点を見つけてからは規則的にクネクネと動きだし、手で自分の乳首をかなり強めに摘んだり緩めたりしはじめました。
顔は完全にエッチな気分が高まっている状態です。
防犯カメラなので音までは聞こえませんが、奈々さんが思わず漏らしてしまう「あぁん」という吐息や、おまんこを擦り付けられた陳列棚がカタカタいう音が聞こえてくるかのようでした。

しばらく角オナを続けた奈々さんが元の椅子に座り直して白いパンツを膝まで脱ぐと、ぼんやりとした陰毛が画面に映りました。
そこに指を当てて人差し指と中指をおまんこに突っ込んで出し入れし始めた時には、僕もズボンからガチガチになった自分のペニスを引っ張り出してゴシゴシゴシとしごき始めてしまっていました。

奈々さんは防犯カメラの真下で仰け反るようにしてオナニーに没頭しているので、ずらしたブラからはみ出したおっぱいや、黒いブラウスに縁取られた形のいい腰つき、黒く浮かび上がる陰毛、細い指の激しい動き、全部がはっきりと見えます。
ガガガと奈々さんの指の出し入れが激しくなって、喘いでいる口の動きを見ながら、僕は自分の興奮を高めるために、「奈々さん、こんなところで・・・だめです」と口走りながらペニスをしごき、急いでティッシュを亀頭に当てた瞬間、ドピュ~とイッてしまいました。
画面の奈々さんを見ると、奈々さんも脚をピンと前に突き出し、ガクガクと激しくイッたところでした。

画面越しの秘密のオナニーを終えた僕がティッシュをコンビニのビニールに入れてズボンを戻していると、奈々さんも服を直した後、ベトベトに濡れた指や、角オナニーをした陳列棚をティッシュで掃除していました。

今のところ、奈々さんが本当に防犯カメラに気付いていないのか、防犯カメラ越しに僕が見ているのを知っててやっているのかはわかりません。
しかし、どちらにしても奈々さんが露出癖のあるド変態なことには間違いなく、僕は次の勤務が楽しみで仕方ありません。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!