新着情報

最後の最後まで泣き叫んで抵抗した人妻を中出しで征服

この体験談は約 5 分で読めます。

ある雨の降っている日のこと。
俺はドカタなんだけど、雨で仕事が流れて出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を停めてボーっとしてた。
すると、向こう側からスーツ姿の女が歩いてくるのが目に留まった。
近くで顔を確認すると、年齢は30歳くらいで北川景子そっくりの超美人で、左手の薬指に指輪をしてたので人妻だとわかった。

俺は、自分の借金で離婚をして、逃げるように出稼ぎに来て3年。
所詮はドカタだし、こんな美人とは一生縁がないんだろうっていうのと、こんな美人な女と結婚してる男のことを想像すると腹立だしくなって、人妻を犯す想像をしながら自分のチンポを握って擦り始めた。
離婚してからそんな気にもなれなかったのに、溜まっていたこともあってか、この人妻のことを眺めてると興奮が高まってるのが分かった。

間近で見るとマジで最高級の美人だった。
もう少しってところで人妻は通り過ぎてしまい、俺は無意識に人妻の後を尾行し始めた。
細くくびれた腰にでかいケツ、華奢な体つきのくせにいやらしい肉付きの長い脚・・・。
俺はさらに興奮を覚え、心臓がバクバクして股間が熱く硬くなっていってるのが分かった。

人妻は俺の下手な尾行にも気付くことなく、新築の家の前で止まった。
そこが人妻の自宅みたいで、玄関の前で傘を畳んでバッグの中を探り、鍵を取り出してドアを開ける。
俺はスッと近づき、ドアが開いた瞬間に人妻を家の中に押し込んで鍵を締めると、訳も分からない感じの人妻を押し倒して上に覆い被さって押さえつけた。

人妻は暴れながら家の奥へ逃げようとしたが、俺も我を忘れて人妻を羽交い絞めにして押さえつけながら手で人妻の口を塞ぎ、胸を鷲掴みにして荒々しく揉みしごいた。
人妻は必死に抵抗したが、女の力に負けるわけなく俺は後ろから胸を揉み続けた。
かなり良い感じの大きさと揉み心地で俺のチンポは張り裂けんばかりだった。

人妻は叫びながら身体を激しく動かして必死に抵抗し、押さえつけている俺を押し退けようとしていた。
俺は人妻の上に馬乗りになり、暴れる人妻にビンタをして、身動きできなくなった人妻の唇に吸い付こうとしたが人妻は歯を食い縛り、首を横に振って嫌がるので、顎を掴んで動けないように固定して、「舌を出せ」と脅した。
震えてる人妻がチョロっと出した舌が可愛らしく、唾を溜めて流し込みながら口の中を掻き回した。
スーツのシャツを両手で左右に引き裂くとブチンブチンとボタンが弾け飛び、薄いピンクの可愛らしいブラが姿を現わす。

「や、やめて・・・」

人妻は泣き声を上げながら両腕で俺を叩いて抵抗してきたが、俺は髪を掴んで人妻の顔を舐め回し、唇に強引に舌を押し込んで口を塞ぐようにキスした。
そして逆にその腕を床に押し付けてブラのカップを引き下げ、露わになった乳首を舐め回し、むしゃぶりつくように吸い付いてブラの上から両手で揉み回し、荒々しく時に噛みついたりしながら人妻の胸を責めて乳房の形が変形するほど強く揉んだりもして、スカートの中に手を突っ込んで躊躇なく下着の中に手を入れた。
人妻は足をバタ付かせ、腰をくねらせるようにして逃げようとしてきたが力づくで押さえ込んだ。

「いや・・・いやぁ・・・やめて・・・」

俺の指は人妻のへアーを通り越えアソコに到達した。
人妻のアソコは驚くほど濡れていた。
もしかしたら防御反応で濡れているだけなのかも知れないが、レイプされると異常なまでに感じてしまうケースもあると聞くし、レイプされて泣き寝入りしてしまうケースが多いのは、実は感じてしまっていたからという話も人妻の反応を見ると本当にありそうだなと思った。

俺は、わざと雑に指を2本いきなり突っ込む。
まるでローションでも塗ってあるのかと思うほど簡単に入ってしまった。

「んぐぅッ!!ダメぇっ!!やめてぇっ!!」

突っ込んだ指を荒々しく動かして人妻の感じる部分を探し当て、ザラザラした人妻の膣壁を指で擦り、クリトリスも責めると、「いやああぁっ!!抜いてえっ!!ああぁっ!!あーっ!!いやああぁっ!!」と泣き叫んでいたが、俺の的確な責めを受け続け、指を膣の中に押し込んで激しく動かすと、グチョグチョといやらしい音が鳴り響いた。

嗚咽しながら泣いている美人妻。
それだけでも背徳感が強烈だったが、人妻の格好もまた欲情を煽った。
スーツのスカートはあられもなく捲れ上がり、ストッキングの付け根まで丸見えで、引き裂かれたシャツの中からずらされたブラと乳首が覗いていて最高の景色だった。

その姿にチンポがギンギンに反り返り、そのまま口に咥えさせると俺は人妻の頭を両手で固定して腰を振り始めた。
人妻の口マンコを、オナホでも使うように犯していく。

(旦那にこの姿を見せてやりたい・・・)

そんな加虐的な気持ちが湧いてきた。
喉奥まで突っ込むと、一気に人妻の顔が紅潮して、俺はゾクゾクしながら腰を振った。

「んんッ!!んううぅっ!!うううっ!!んがっ!!げほっごほっ!!」

人妻はイラマチオされながら呻き続ける。
喉奥を突く度に人妻が苦しそうに呻くが、その表情がまた堪らなく興奮した。
髪を掴み腰を振り続けてるとイキそうになったが、勿体無いのでイラマチオをやめて、人妻を床に押し倒して脚の間に身体をねじ込み、ストッキングを引き裂いて、人妻のアソコに熱く硬くなっている物を押し付けた。

「やめてーっ!!入れないでぇーっ!!!!」

当然泣き叫んだが、激しく抵抗する人妻を押さえつける様に強く抱き付き、5、6回マンコに先端を押し付けて腰を振ると、人妻は泣きながら、「やめて・・・お願い・・・お願いします・・・だめ・・・いや・・・お願い・・・挿れないで・・・」と、もうぐったりして抵抗する力も弱く、ようやく観念した感じだった。
無視してチンコを押し込むと、ヌルッ!とした感触で亀頭が人妻のマンコに潜った。

「ああーーーーっ!!!!」

人妻が悲鳴のような声を上げた。
そのまま腰を強引に入れるとチンコが全体が柔らかい物に包まれた感じがした。
ぬっぷりと生温かく、優しく包み込まれる感覚に身体が熱くなり、俺は人妻を激しく突きまくった。
完全に人妻の中に潜り込んだ瞬間だった。

「あうーっ!!うああああーっ!!!!」

人妻が眉間に皺を寄せて思い切り仰け反る。
俺は、「あー、全部入った~!!奥さんのアヘ顔めちゃくちゃ可愛い!!あー可愛い!!奥さん可愛いなー!!」と言いながら腰を振っていた。
ピストン運動するたびに人妻の目から涙がこぼれ、「グッ!グッ!」と押し殺した呻き声が漏れていたが、その呻きも腰を突き入れるたびに喘ぎ声が混じりだした。

「気持ちいいんか?旦那はこんな強いセックスできないだろ?オラッ!オラッ!」

俺はあまりの気持ち良さに無我夢中で腰を激しく動かして、人妻の奥まで突き上げてやった。
突き上げと同時にプルンプルン揺れる人妻の胸。
俺から丸見えになった人妻のアソコは俺のチンコを咥え込んで、グチャグチャと愛液が溢れるいやらしい音を出していた。
無理やりディープキスしながら荒々しく腰を叩きつける。
北川景子似の綺麗な人妻に生挿入して犯してるってことがとにかく気持ちよく、征服感が最高に高まった。

「奥さん美人だから俺の子供を孕ませてやる!!俺の子供、妊娠させてやるからなっ!!」

イキそうになってピストンを速めると、人妻が今までにないくらい激しい抵抗をして泣き叫んだ。

「やめてーっ!!お願いだからっ!!お願いだから中に出さないでっ!!中に出すのはやめてっ!!それだけはやめてっ!!やめてくださいっ!!いやっ!!いやっ!!いやああぁぁっ!!!!」

「出るぞ!!出るぞ!!一滴残らずドロドロの精子流し込んでやるから!!」

俺は人妻のその叫び声にさらに興奮して激しく腰を動かし、人妻の奥に大量に人妻の膣に注ぎ込んでやった。

「いやあああああーっ!!!!」

今までないくらいにドクドクと脈打つ射精感が気持ち良く、脳みその中まで寒イボが立ったみたいだった。
あれだけ抵抗していた人妻も中に出されたあとは、壊れた人形みたいにピクリとも動かなくなった。
俺は中出しの余韻を楽しんだあと人妻から引き抜くと、アソコからダラダラと精子が垂れ落ちていた。
そして足早に、この家を後にした。

こんな可愛い人妻に中出しできるなんて、レイプ最高だと思った。
旦那のいる女を犯して中出しするのが癖になりそうです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレ案内板