爆乳を揺らしてウォーキングしていた熟女に欲情して

この体験談は約 2 分で読めます。

最近は健康のためか、ウォーキングをしている人が多い。
夕方になると40代のエロい熟女が歩いているのを以前から見かけていた。
配達の途中、田んぼに車を停め、その日も彼女が来るのを待ち構えていた。
ここは田舎だからか夕方はあまり人がいない。
見るだけなら問題ないと思っていた。

するといつもと同じ時間に、熟女が後方から歩いて来た。
バックミラーで見ると大きな胸がゆさゆさ揺れている。
巨乳で肉付きのいい女だった。
次第に見てるだけでは収まらなくなった。
周りには誰もいない。
気がつけば俺は車から降りて彼女の前に飛び出していた。
いきなりでびっくりして声も出せない熟女。
羽交い絞めにして車の中に連れ込んだ。
抵抗して手足バタつかせる。

「静かにしろ!」

怒鳴りつけると抵抗が緩んだ。
ジャージを捲りあげて乳房を揉んだ。
想像していた通りすごく大きな乳房だった。
下も脱がしにかかった。
また熟女は抵抗をはじめやがった。
唇の下のほくろがエロくてたまらない。
無理やりキスをして舌を突っ込んだ。
声を出せずに必死で藻掻く熟女を力づくで押さえつける。
ブラジャーをひん剥いてやる。
ピンク色の乳首に推定Gカップの巨乳。
すかさずむしゃぶりついた。
乳首を思い切り噛んだ。

「痛い!」と叫ぶ熟女。

下のジャージを引き下ろす。
むっと鼻を突く雌の匂いがした。
フェロモンなのか、それとも体臭が濃いのか?
どちらにしても、そこはかなり濡れていやがった。

「濡れまくりだな。感じてるんだろ、おばさん?」

そう言うとまた脚をバタバタさせた。
無理やり脚を開かせておまんこを舐めてやった。
だんだん抵抗がなくなり始めた。
我慢できなくなり、無理やり熟女の口にチンコを押し込んだ。
そして喉の奥まで咥えさせた。
咳をしてむせ返り涙ぐんでいた。
気がつくと俺は全裸になって生バックではめていた。
熟女は喘いでいた。
車の中に熟女の喘ぎ声が反響した。
嫌がってるくせにあきらかに感じてやがる。
正常位で再挿入すると一気に突きまくり、最後は中出ししてやった。
熟女はぐったりとしてしまった。
どうやらイッたようだ。

余韻を楽しむように、挿入したまましばらく巨乳を堪能した。
そして彼女の携帯を取り、身元を確認してから解放してやった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド