新着情報

いつもパンツルックの妻にミニスカを穿かせて

この体験談は約 9 分で読めます。

はじめまして。
地方都市に住む会社員35歳です。
妻(33歳)とは職場結婚で4年目。
子供はいません。

結婚以来、みなさんから刺激を受け、私もいくつかの願望を実現することができました。
これまで貴重な体験を読ませていただいた皆さんへのご恩返しのつもりで、私の『妻物語』を披露させていただきます。
あまり過激な内容ではありませんが、初心者の奮闘記として温かくお読みいただければ幸いです。

結婚当初の私の願望は、妻の露出でした。
露出系のサイトを覗いては1人で興奮していましたが、実現には踏み切れませんでした。
妻はいわゆる総合職で勝ち気なタイプ。
願望を伝えることはありませんでしたが、おそらく抵抗すると思っていました。

ところが結婚して約1年後。
思いがけずチャンスが巡ってきました。
近くの大都市への1泊旅行の時でした。
私たちの職場は休日が不規則で互いに忙しいこともあり、2人で出かけられるのは月に1度あるかないか。
妻は久々のデートに上機嫌でした。
イタリア料理のランチを食べながら、私は妻に何気なく話を持ちかけました。

「久々にお前のミニスカート姿が見たいなあ。まだ30歳なんだし、きれいな脚をいつも隠してるのは勿体無いよ」

妻は身長165センチ。
モデルみたいな細さではありませんが、学生時代に運動で鍛えた引き締まった体型です。
でも職場ではパンツスーツばかり。
20代後半からはプライベートでもスカートを穿くことはありませんでした。

私の突然の提案に、妻は意外にも、「そうねえ。たまにはミニスカートもスカートいいかも・・・」と、満更でもない様子。
私はすかさず畳み掛けました。

「絶対似合うって!俺が金払うから今から買いに行こうよ」

ワインを飲んだほろ酔い気分も手伝ってか、妻は「そう?じゃあ探してみようか」と受け入れてくれました。

デパートに買い物へ。
私としては若い女の子みたいなマイクロミニを選びたかったのですが、妻はさすがに「それは無理」と。
大人向けファッションのフロアを見て回りましたがミニスカートは見つからず、諦めかけていました。
ところが、ある高級ブランド店の前を通りがかった時、ショーウインドーでミニスカートを着たマネキンを見つけたのです。

「あれ、いいじゃん!」と私。

妻も、「あれなら大人っぽくていいかも。でも、高いんじゃない?」と興味を示しました。

「たまにはプレゼントするよ」と妻を説き伏せ、店内へ。

店が混み合っていたせいもあり、店長らしき男性店員が接客してくれ、マネキンと同じミニスカートを出してくれました。
試着してみると太ももがかなり露出して、「丈が短すぎるわ」と恥ずかしそうな様子の妻。
そこで男性店員が、「これならいかがでしょう?」と少し長めのミニスカートを持ってきました。
太ももを露わにした妻と、結構ハンサムな男性店員。
私は少し離れて2人のやり取りを見ているだけで興奮してきました。

妻は再び試着。
今度は膝上10センチ程度ですが、脚にぴったりフィットして、前に入ったスリットが何よりセクシー!
店員も、「スタイルの良さが強調されて、とてもお似合いです」と盛んに持ち上げてくれ、妻もその気になったようです。
高い買い物ですが、チャンスを逃すわけにはいきません。
そのまま着て帰ることにして店を出ました。

妻は店を出て、すぐトイレへ。
戻ってきた妻を見て、私はさらに興奮させられました。
店では気づかなかったのですが、スリットは股の付け根近くまで深く切れ込んでいて、両太ももの内側が丸見えなのです。
そして何より興奮させられたのが妻の表情。
恥ずかしそうにもじもじして、耳は真っ赤に染まっていました。

「ちょっと大胆すぎないかな」と不安そうな妻。

私は平静を装って、「すごく似合う。惚れ直したよ。ここなら知ってる人もいないし、少し歩こう」と街に連れ出しました。

街を歩くと、たくさんの男性たちがすれちがう妻の脚に目を向けてくれました。
妻は口には出しませんが、ますます恥ずかしそうな表情。
私はわざと妻から遅れて歩き、妻と周囲の反応を観察しました。
男性だけでなく、女性も妻の脚が気になる様子。
1度すれ違った後、Uターンしてまた妻を見に来る男性もいました。

遅れて歩く私に妻は、「ちょっとお、ちゃんと歩いてよお」と紅潮した顔で文句を言いました。
妻も脚に視線を感じて不安だったのでしょう。
私が追いつくと珍しく腕を組んできました。
あえてミニスカートの話題には触れず、普通に世間話をしながら歩きましたが、妻の息遣いが少し荒いのに気づきました。

妻が興奮している。
私は確信めいたものを感じました。
妻を新しいに性癖に目覚めさせる機会がついに巡ってきたのです。

(これはいける)

私は興奮する気持ちを抑えながら、次の計画を頭の中で練り始めました。

実行したのは、その日の夜でした。
思いがけず実現した妻のミニスカート姿。
1時間くらい街を歩いたでしょうか。
すれ違う男性たちの視線や妻の恥じらう表情に私は大興奮でしたが、そのうち妻が「疲れた」と言い始めました。
機嫌を損ねるといけないので、予約していたシティホテルにチェックインし、しばらく休憩することにしました。

部屋に入ると妻は何度も鏡を見て、ミニスカートの裾や深く切れ込んだスリットを盛んに気にしています。
妻がいつ「もう着替える」と言い出さないか、私は気が気でなりません。
私は、「晩飯、何食べる?」などと、わざと話題を逸らし、妻が心変わりしないよう気を配りました。

それにしても普段の妻からは想像もつかないような大胆な格好でした。
膝上10センチから脚が剥き出しになり、フロントスリットの間からは両太ももの内側が眩しく露出しています。
夏が近かったので、生脚にヒールの高いサンダル履き。
若い女の子とは違う大人の色気がムンムンと漂っていました。

さらに驚いたのは妻がソファに座った時でした。
スリットの間から白いパンティーが丸見えだったのです。
しかも、そのパンティーは透け透けのレースで、陰毛まではっきり確認できました。
男性の多い職場で女っぽさを極力隠して仕事をしている反動でしょうか。
妻は下着だけはセクシーなものを好みます。
パンツスーツばかり着ているので、パンティーラインを気にしていつもTバック。
外国製の結構大胆な下着を通信販売で買って身に着けるのを、密かなお洒落として楽しんでいるようです。

この日はその中でも特に露出度の高い、勝負下着だったのです。
私の興奮した目つきに気づいたのか、妻はすくっと立ち上がり、再び鏡の前に向かいました。

「やっぱり脚を出しすぎかな」と妻。

私は慌てましたが、極力平静を装って妻に近づきました。
必死の演技です。

「うーん・・・言われてみればそんな気もするけど、やっぱり高級ブランドだけあって、大人っぽくてカッコいい。街でもみんな振り返ってたじゃん。こんな女と一緒に歩けて俺は幸せだと思ったよ!」

私は妻をいきなり抱き寄せ、強引に唇を奪いました。
妻は一瞬、身を硬くしましたが、素直に受け入れ、嬉しそうに舌を絡めてきました。
普段はあまりない反応です。
私は右手で妻のヒップをそっと愛撫した後、太ももの内側に手を差し入れました。
深いスリットのおかげで自由に上下に撫で回すことができました。
そして妻のパンティーに指が触れた時、私はその感触に驚かされました。
パンティーの上からでもはっきりわかるほど、妻の秘部がぐっしょり濡れていたのです。
躊躇いがちな言葉とは裏腹に、妻がミニスカートを穿いたことで興奮していることを確信しました。
私はそのまま妻を押し倒したい気持ちを抑え、「そろそろ晩飯にしようか」と体を離しました。
妻は、「そうか、もうそんな時間なのね」と相槌を打ちましたが、明らかに物足りなさそうな表情。
興奮はさらに高まったと思いました。
街を歩きながら考えた夜の計画も上手くいきそうな気配です。

私は期待と興奮に胸を高鳴らして妻を夕食に連れ出しました。
もちろんミニスカートのままです。
計画と言っても、それほど過激なことを考えていたわけではありません。
要するに、食事しながら周囲の男性客に妻の大胆なミニスカート姿を晒したかったのですが、食事に行った中華料理店では個室に案内され、計画は失敗に終わりました。

作戦変更です。
ホテルに戻った私は、「ちょっと飲もうか」と妻をバーに連れ出しました。
案内されたのは2人掛けのソファー席。
理想的でした。
ホテルのバーだけあって、ボーイは私たちの正面にしゃがみ込んでオーダーを聞きました。
ただ、さすがに教育が行き届いていて、妻の脚を盗み見するようなことはしません。
私はちょっと拍子抜けしましたが、妻は気になっていたようです。
私に、「ハンカチ持ってない?」と聞いていました。
膝掛けに使うつもりだと分かりました。
でもホテルの中だったので、2人とも手ぶら。
私はわざと頓珍漢な受け答えをして話を逸らしました。
結局、妻は諦めたようで、太ももを露わにしたまま2人でグラスを傾けました。

2杯目を注文した後、中年の男性客2人が店に入ってきました。
出張で来たサラリーマンみたいな雰囲気でした。
どこに案内されるか気になって見ていたら、私たちと通路を挟んで向かい合わせの席に座りました。
チャンス到来。
私は妻に気づかれないように男性2人の様子をちらちらと観察しました。
1人が私たちの正面の2人掛け、もう1人は真後ろを向いて座り、2人で何やら話し込んでいます。
正面の男性は着席して間もなく妻に気づいた様子です。
ちらりちらりといやらしそうな視線を向けてきます。
私は男性と目を合わせないように気をつけました。

そのうち男性2人が顔を近づけて何やらヒソヒソ話をし始め、真後ろを向いていた男性も正面の席に移りました。
完全に私たちと向き合った形です。
ヒソヒソ話の内容は妻の話題に間違いありませんでした。

(今、妻が視姦されている!)

私は再び興奮で鼓動が速まりました。
妻も中年男性がカップルみたいに隣り合って座る不自然な光景に気づき、急にそわそわし始めました。
私はわざと「トイレに行ってくる」と席を立ち、妻を1人にさせました。
男性たちに私に遠慮なく妻を見てもらいたかったからです。

私はトイレには入らず、男性たちの席の斜め後ろの柱の陰から妻の様子を窺うことにしました。
正面から見ると、ソファに腰掛けた妻の下半身は何も身に着けていないかのように露出していました。
暗くて見えないだろうと思っていたのですが、深いスリットのおかげでパンティーも丸見えでした。
真正面の中年男性2人はもちろん、通路を歩くほかの客やボーイにも見えていたはずです。
私が見ていた場所は少し遠くて確認できませんでしたが、中年男性2人は陰毛にも気づいたかもしれません。

一方、妻は1人で不安げな表情。
落ち着かないのかグラスを飲み干してしまい、3杯目を注文しました。
きょろきょろと周囲を盛んに気にし、スカートの裾を引っ張ったり、スリットの開きを狭める仕草をしています。
2人組の視線にも気づいているようでしたが、まともに正面を見ようとはしませんでした。
目を合わせるのが怖かったのでしょう。
緊張している様子がひしひしと伝わってきました。

私が席に戻ると妻は、「もう部屋に戻ろう」と言いだしましたが、「もう1杯飲んでから」と引き伸ばしました。
酔ったふりをして妻の太ももの上に手を置き、「きれいな脚だよな」などと褒めまくりました。
ミニスカートのことばかりしゃべり、「身に着けてくれて、とにかく嬉しい」と力説しました。

妻はだんだん酔いが回ってきたのか、固く閉じていた両膝が時折開くようになってきました。
正面の2人組はますます食い入るように妻を見つめています。
そのうち1人が携帯電話を取り出しました。
写真を撮られるのはさすがにやばい。
私は慌てて妻の手を引いて部屋に戻りました。

部屋に戻ると妻は落ち着きを取り戻したように見えました。
風呂に入り、化粧を落とし、バスローブ姿でベッドに腰掛けてテレビを観ています。
私はまだ興奮が冷めず、「寝る前にもう1回、ミニスカートを着てくれよ」と頼みました。
妻は気乗りしない返事でしたが、何度も頼み込むと、「しょうがないわねえ」と呆れたような顔で着替えてくれました。

下着はつけず、キャミソールとミニスカート。
妻は「どう?」といたずらっぽく笑い、モデルのようなポーズをとりました。
私はすぐに襲いかかりたい衝動を抑え、妻の足元に跪き、「きれいだね」と太ももを撫で始めました。
下から見上げると、スリットの間から妻の秘部が見えました。

そして次の瞬間、私は初めての光景に目を疑いました。
妻の秘部から、まるで涎のように愛液が垂れ下がってきたのです。
興奮が収まらないのは、実は妻のほうでした。

私は、「ほら、こんなになってるよ」と糸を引いた愛液を指先につけ、妻に見せました。

妻は「いやん!」と声を上げ、膝の力が抜けたように、よろよろとベッドの上に仰向けに倒れこみました。
恥ずかしそうに両手で顔を隠しています。
私は部屋の明かりを少しだけ落とし、妻の隣に寝転がりました。

「どうした?したいの?」

耳元で囁きます。
顔を隠したまま頷く妻。
普段とは明らかに違う妻の態度に私はますます強気になってきました。

「そうだよね。こんなに濡れてるんだからね」

私は妻の右手を取り、秘部に導きました。
妻は抵抗しませんでした。

「自分で触ってごらん」

私が囁くと妻は意外にも素直に指を動かし始めました。
人差し指と中指で、大きく膨らんだクリトリスを転がす妻。
私の目の前でオナニーを始めたのです。

「そう、色っぽいよ」

私は妻のキャミソールの肩紐をずらして乳房を露わにし、今度は妻の左手を導きました。

「はぁぁ、うう~ん・・・」

次第に喘ぎ声が出始めました。

「どうして今日はそんなに興奮してるの?」

私は耳に息を吹きかけるように顔を近づけて妻に聞きました。
妻はなかなか答えようとしません。

「ミニスカート穿いたから?」

妻は黙って頷きました。

「俺も興奮したけど、どうしてお前が?」

わざと意地悪に聞くと、黙っていた妻がついに口を開き始めました。

「だってぇ・・・恥ずかしかったんだもん・・・」
「何が?」

「見られたのぉ・・・街とか、バーとか・・・男の人にいっぱい・・・」
「視線感じた?」

「感じたぁ・・・いやらしい目で・・・脚とか・・・スカートの中とか・・・いっぱい見られちゃったぁ・・・」

妻の声がだんだん大きくなってきました。
手の動きもさらに大胆になり、左手では胸を揉みしだいています。
私はさら続けました。

「バーの正面の席からね、ヘアが丸見えだったよ」

わざと大袈裟に言いました。
すると妻は「いやぁ~ん!」と、ひときわ大きな声を上げ、体をよじらせました。

「早くちょうだぁい・・・お願い、早く入れて!」

妻の興奮は頂点に迫ってきたようでした。
私は服を脱ぎ、妻の両脚を大きく広げました。
妻は愛液が溢れ、肛門までびしょ濡れ。
私もビンビンです。
しばらく焦らして妻にさらにおねだりさせた後、一気に挿入しました。

「あ、あぁ~ん!」

普段からよがり声の大きな妻が、さらに大きな声を張り上げました。
ゆっくりとピストン運動しながら、私はまた妻の耳元で囁き始めました。

「ミニスカート穿いて嬉しかった?」

「う・・・うん・・・はぁ~ん・・・」

よがりながら答える妻。

「いやらしい目で見られて嫌じゃなかったの?目で犯されたんだよ」

「恥ずかしかったぁ・・・でも・・・こ、興奮しちゃったのぉ・・・いやらしい目で見られて・・・興奮しちゃったのおぉ!」

妻のよがり声がさらに大きくなり、息遣いも荒くなりました。

「早くイキたい!お願い!一緒にイッて!」

私はピストン運動のテンポを上げて追い討ちを掛けました。

「またミニスカート穿きたい?」

「穿きたい!いっぱい見られて興奮したい!はぁ~ん、もうダメ!イ、イク・・・イクゥ~ゥ!」

妻は頂点に達した後も痙攣を続けました。
それまで経験した中で間違いなく最高のセックスでした。

これが私の『妻物語』の始まりでした。
この日の体験を境に私たちの夫婦生活は新しい段階に入った気がします。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

相互RSS

This XML document is invalid, likely due to invalid characters. XML error: Invalid character at line 265, column 32