新着情報

人気ドクターにSMチックに遊ばれたナースの私

この体験談は約 4 分で読めます。

私は大学病院のナースなのですが・・・、さっきドクターの佐野先生にちょっと・・・。
こんなこと誰にも言えないし、パニクっちゃって。
ごめんなさい、自己満足なんですが・・・発散したいので書かせてください。

ナースステーションの周りには、処置室、診察室、車椅子トイレとくっついた排泄物測定場所など・・・まぁ色々と小部屋に分かれているんです。
今日の診察の最後は佐野先生の受け持ちの患者さんで、その人の受け持ちナースが私でした。
患者さんを病室まで送ったらまた来るように佐野先生言われました。
私はなんにも思わず、カルテ持ってもう一度行ったんです。

しばらくその患者さんの今後の処置とか聞いてたんですけど、支持票に書き込むとこを覗き込んでたら、いきなりチュッってされて。
びっくりして後ろに下がったら壁にぶつかっちゃって、カルテをばさばさーって落しちゃった。
慌ててしゃがんで拾い集めてたら、私の背中に胸をくっつけるみたいにドンって乗っかってきて、白衣の上から先生の手が私の胸に・・・。
固まってる私に、「Iちゃん(私)って着痩せするんだね。Cくらいあるでしょ」って・・・。

もう真っ赤になっちゃって、「やめて下さい」って小声で言っても聞いてくれなくて。
そのうち、私の白衣って横止めタイプだからそこから手入れられて・・・乳首のところを触られちゃった・・・。
私、胸がすごく弱くて・・・。
その後、立たせられたんだけど、コリコリされると足がガクガクしちゃって・・・。

「どうしたの?そう言えば今日はスカートだね、働きにくくない?」

白ストッキングの上から撫でられて、スカートの中まで先生の手が・・・。

「やめてください」って言おうとしたら息が上がっちゃって、先生に、『うん?』て顔されちゃって・・・。

白ストって切れやすいんです。
爪でお股のところを裂かれちゃって、下着の上からなでなで・・・。
その時、点滴が終わる時間を知らせるアラームが私のポケットで鳴ったんです。

「行かせてください」ってお願いしても離してくれなくて、でも患者さんの命に関わっちゃうから一生懸命抵抗しました。

そしたら、「じゃあパンツと白スト、あとブラジャーを外していくならいいよ」って・・・。

「それなら、終わったら、またここに戻って来なきゃならないものね」って・・・。

白衣って、中に一枚着てないと透けちゃうんです。
私は「絶対に嫌です」って言ったんだけど・・・。
結局、脱がされて行かされました。

・・・今、先生のいる診察室には戻らないで、誰もいないカンファレンスルームで休んでます。
でも、もう戻らなきゃ・・・。
すごく怖いけど、診察室に行ってきます。
お股はスースーするし、さっきから胸がドキドキしてます。
だって、乳首が上から見てもわかるくらい透けちゃってるんです・・・。
こういう時ってどうすればいいのでしょうか?

・・・今、胸元を隠しながらステーションに戻って、これからもう一度診察室に行くところです。
さっき診察室に行ったら佐野先生がいなくて。
私の下着もなかったし・・・。
あ、今は、まだノーパンですが、さっき買ってきた新しい白ストを履いてます。
今日は受け持ち患者が3人しかいなくて比較的時間があるので、暇を見てまたご報告いたします。

・・・さっき診察室に行ったら佐野先生がいて、怒られました。

「今までどこ行ってたの、心配したよ」って・・・。

あ、あの、佐野先生って、いつもはすごく優しくて、ナースからも人気のあるドクターなんです。
私も前は憧れてたし・・・。

それで、「下着返してください」って言ったら、「そこにあるよ」って診察台の上を指差されて。
でも、やっぱり警戒するじゃないですか。
一応ベッドだし・・・。
固まってたら、「賢くなっちゃったね」って言われて、なんか、何をどうされたんだかよくわかんないんですけど、あっという間に両手首を押さえられて壁に押し付けられちゃって・・・。

最初は優しくキスされました。
何をされるのかって怯えてたから気が抜けちゃって・・・。
そしたら耳元で、「好きだよ」って・・・。
びっくりしちゃうじゃないですか。

でも、その間に手首を頭の上で縛られちゃって・・・。
あ、病院には、『抑制帯』っていう紐があるんです。
あ、ごめんなさい、また長くなっちゃった。

えっと、胸をいじめられてるうちに下のほうが濡れて足がガクガクしてきちゃって・・・。
白ストって網目が大きいから太ももまで垂れてきちゃったのが先生にばれちゃって・・・。
くすくす笑われて、診察台の上の器具に手を繋がれて、お尻を突き出す格好にされて・・・。
後ろから胸とお股の出っ張ったところをずっと弄られたら、どうしても声が押し殺せなくて漏れちゃいました。

一生懸命逃げようとしたけど、手は上で縛られてるし、腰は先生が抱え込んでて動けなくて。

「お願い、やめて先生」って言ったら、今度はくるって回されて診察台に腰掛けさせられて、足を『W』みたいにさせられて、また足首を診察台の両側に結ばれちゃって・・・。
今日ほど、あんなにパイプの多い病院の部屋を恨んだことはありません・・・。

まったく動けなくなった私をニコニコしながら見て、「エッチだね」って。
真っ赤になっちゃうし、じっと見られてお股はもっと濡れちゃうし・・・、もう自分が信じられない・・・。
しばらくお股のコリコリしたところを白ストの上から舌先でつつかれたり吸われたりして・・・。
恥ずかしいことに、縛られて抵抗できない恥ずかしさと気持ちよさが混ざって・・・イッちゃったんです(泣)
白ストはシミになっちゃうし、痙攣しちゃうし、声は漏れちゃうしでバレバレ・・・。

そのあと身体を裏返されて、後ろから先生に入れられちゃいました・・・。
喉をぐって押さえられて頭がボーっとなって、我慢してたところに欲しい刺激が加わって、乳首も片手で愛撫されて、もうわけわかんなくなっちゃって・・・。
その間も耳元で、「すごい濡れてる、白衣汚れちゃうかな?」とか「Mだね」とか、時々「好きだよ」とか囁かれて。

お手軽な女かもしれないのですが・・・何回もイッちゃいました・・・。
その後も縛られたまま愛撫だけされて、我慢できないくらいになると手を離されて、私から求めるまでやめてもらえませんでした・・・。

「今日、レストランを予約してあるから」って誘われました。

先生のこと好きだけど、なんか今日のでまた行ったら、同じことされちゃうのかなって・・・期待してるみたいで変じゃないですか。
今はどうしようか悩み中です・・・。

それより、ノーパンに気づかれちゃった患者さんに明日会うの嫌だなぁ。
噂になってたらどうしよう・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟愛
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。