変態な言葉遊びが裏目に出て赤っ恥

この体験談は約 3 分で読めます。

文化祭の準備を一緒にやってる班に気になる女友達がいた。
なんかの連絡網で、「今夜、電話するからね」って言われて、家の電話番号を教えた。
俺は携帯を持ってないから、メールで事務的に済まされる可能性はない。

確実に、直接声を聞いて話せる!
好きな女子から今日、電話がかかって来る!

俺はワクワクした。
ワクワクしてた割には夜にはすっかり忘れて、オナニー(3回目)に夢中になってた。
もうすぐイケそうなとこで部屋の子機が鳴った。

(チッ。家族の誰かが出るだろう)

放っとこうと思ったけど、(あっ、◯◯からか!)と思い出して、慌てて電話に出た。
ちんちん丸出しで。
ちんちん握ったまま。

彼女「××さんのお宅ですか、私・・・」

俺「あっ、俺!俺だよ!」

彼女「良かった~、本人が出た。今、電話大丈夫ですか?」

初めて電話で話すからか、少し緊張したよそよそしい態度になってて、なんか萌えた。
電話越しに伝わってくる照れ笑いとか吐息とかが新鮮で可愛くて、ちんムズした。
もう声を聞きながらオナニーを続けようかと思ったけど、(俺は変態じゃねーし!)と思い留まった。
勃起は収まらないけどオナニーは中断。

でも、「俺、もうイッちゃうとこだったんだけど。出ちゃうよ」と「ちょうど今、出かけるとこだった」という意味に聞こえる言葉で、オナニー中だったことを◯◯に告白したつもりになって1人で興奮した。
やっぱり俺は変態だった・・・。

当然向こうは、「あ、どっか行くの?」とか「出かけるとこをごめんね」とか、そんな言葉を言うはずだった。
でも違った。
俺の考えは甘かった。
どっちかって言うとまじめな方だと思ってた彼女のエロ知識や好奇心を甘く見ていた。

彼女「あはは、『イッちゃう』とか『出ちゃう』とか、何か怪しい言い方~」

俺「えっ」

彼女「えっ・・・違うの!いや、あの、その・・・」

(オナニーしてたのがバレた?)

ヒヤヒヤする俺と、『オナニーを連想してしまって恥ずかしい!』と慌ててる彼女。
2人の間に気まずい沈黙が流れたんだが、(彼女に恥をかかせてはいけない!)と思い・・・。

俺「・・・してました、ごめん」

俺は正直に白状した。
ところが彼女、俺が気を遣って嘘を言ったんだと思ったらしい。

彼女「いいのいいの!あー恥ずかしい・・・変なこと考えた私がバカだ、××君はいい人だね」

図らずも俺の株が上がった!
・・・が!

彼女「後でゆっくり話したいな。どっか出かけるんでしょ?」

ふいを突かれた言葉に俺は、「え、別にどこにも」と、つい答えてしまった。
で、今度こそ、「イッちゃう。出ちゃう」が「出かける」の意味じゃなかったことがバレた。

彼女「・・・やっぱ変態じゃん・・・」

そこで電話は切れた。
結局、必要な連絡事項は何も聞けなかったので、翌日班のみんなに迷惑をかけることになった。

それからというもの、俺が携帯を持つようになっても、電話がかかってくるたびに必ず、「今はオナニーしてないから大丈夫です」という恥ずかしい台詞を言わされるようになった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

メンズサプリガイド | デキる男の【サプリ】肉体改造&【媚薬】モテモテ術