ザラザラした母の指の感触が今も忘れられない

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が中学1年のときに家が改築され、やっと我が家にも風呂ができた。
その風呂でその頃、こんなことがあった。
俺が風呂に入っていると、突然母が風呂の戸を開けて中に入ってきたのだ。
風呂場に何かを置きに来たのか、それとも取りに来たのか、よく覚えていないのだが、とにかく母が入ってきた。
母はまだ俺が小学生くらいの感覚だったらしく、「ちょっとごめんねー」といった感じだったし、俺はすでに性欲は芽生えてはいたが、母を女とは意識していなかった。

母が戸を開けたとき、たまたま俺は湯船から出ようと立ち上がったところだった。

「あら」と母が俺の股間を覗き込んだので、俺はドキッとした。

何が「あら」なのかわからないが、もしかしたら数日前から始めた自慰、つまりオナニーのことを母に気づかれたのではないかと思った。
当時はまだ可愛らしいもので、俺はオナニーそのものにある種の罪悪感を覚えていた。
俺がドキドキしていると母は俺に歩み寄り・・・。

「◯◯、なんだか先のところが腫れているみたいだけど・・・」

そう言いながら、息がかかるほど股間に顔を近づけてきた。

(ああ、やっぱりオナニーしていることがわかったんだ、きっと怒られる・・・)

俺はそう思ったのだが、母には息子のオナニーなどまるで頭になかったらしい。

「どうしたの?どこかでぶつけたりしなかった?」

心配そうな声で母は言うのだ。
俺も少し心配になって自分のモノを見下ろしたが、どう見てもいつもと同じだった。
すでに銭湯の女湯に一緒に入らなくなってから数年が経っている。
体が成長したぶんだけ股間も成長し、形だって変わっていたのだが、母はまだ幼いときのままだと思い込んでいたらしい。
手を伸ばして俺のモノを、むんずと掴んだのだ。
あのときの驚きは、今でもよく覚えている。
もう立派に勃起するようになった肉棒を母に掴まれたのだ。
どうしてだかわからないが、ちょっとショックだった。
そして、かなり恥ずかしかった。

「べ、別になんともないと思うよ・・・」

「そう?それならいいんだけど」

そう答えながらも母は俺の肉棒を引っ張ったり持ち上げたりしている。
次第に俺の肉棒はムズムズしてきてしまった。
母を女として意識はしていなかったが、それにしても母の指は自分の指とはまったく感触が違い、気持ち良かったのだ。

母の指はザラザラしていた。
というのも、当時は瞬間湯沸かし器など家にはなく、真冬には手が切れるくらいに冷たい水で洗濯や食器洗いをしていた。
長い間、家族のために尽くしてきた母の手は、あかぎれてザラザラだったのだ。
ところが、そのザラザラした指が妙に気持ちよかった。
そのうち母が肉棒の裏側を見ようとしたらしく、グイとひねった。
少しだけ皮が捲れ、カリ首に近い部分に指が触れたのだが、そのザリッとした感触がたまらず、俺の肉棒は母の指の中でムクムクと膨らみ、完全に勃起してしまった。

(えっ・・・ま、まずいよ、あっ、待って、やめろ・・・ああっ、た、勃っちゃった、どうしよう・・・)

そのときの心の中を書くとこんな感じ。
さすがに母も驚いたらしく、ぱっと手を離した。
俺は母の前に裸で立ったまま肉棒もつっぱらかしていた。
後にも先にもこんなに恥ずかしかったことはない。

ようやく母も俺がそういう年頃になったことを認識したらしい。
しばらく気まずい空気が漂ったが、やがて母は言った。

「ごめんね、お母さん全然気がつかなかった」

それから慌てたように俺から離れて風呂場から出ようとしたのだが、言葉が足りないと思ったのか・・・。

「それは成長した証拠だから、気にしなくていいのよ」

そう言った母の顔は頬が赤らみ、俺と同じでかなり恥ずかしそうだった。
ただ、思い過ごしなのかどうか、そのときの母の顔には微妙に艶めかしいものが含まれていた。

母に肉棒を触ってもらったのは、これ1回きりだ。
母はもうこんなことは忘れているだろう。
でも俺は、母の指の、あの感触が今も忘れられない。
そして、もしあのとき、「まあ、こんなになっちゃって・・・」と言いながら母がにっこりと微笑み、そのままシコシコと擦って射精させてくれていたら、俺はどんなに幸せだったろう・・・などと思うのだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ちょっと一息エロ動画