新着情報

あなたのセックス、すごく好きです

この体験談は約 3 分で読めます。

私:都内、28歳、163センチ、49キロ、Eカップ、独身。
相手:35歳、180センチ、筋肉質、イケメンではないが私好みな薄顔、独身。

一年くらい共通の趣味で繋がっていた。
相手と自分がたまたま同じ時期に当時の交際相手と破局→意気投合。
写メは交換済み(本人は画像より素敵だった)。
スペック詐称なし。

金曜20時に某駅で待ち合わせ。
時間ピッタリに到着。
写メは交換済みだったのですぐに気付く。
サクッと彼が予約していたフードバーに移動。
お互いに写メより断然好みだったのでテンション上がる。

雑談しながら手を触り合ったりして、相手の指が長くて綺麗だったので、初回面接でそのつもりはなかったけどスイッチが入ってしまった。
会話しながらじっと見つめて逸らしてを続けると、「その気にさせるの上手いよね」って。
私が困ってると絡めた指をぎゅっと握られ、軽くキス。
そのまま背中を弄られて、ワンピースのファスナー下げてブラのホックも外された。
触るか触らないかで左手は背中、右は乳首から乳房を弄られて下はグシャグシャ。

「意地悪しないで」

彼のベルトに手を伸ばすと「場所変えようか」と移動。
ブラとショーツは脱がされたまま。
ホテル入る前にドンキでローターとバイブ購入。
どちらも一度使ってみたかったとお互い白状していたので。

ラブホに入るや否や立ったまま後ろからキスして、ワンピースの裾を捲り上げて片脚あげたまま下を触られる。
片手も休まずクリを優しく撫でられながら。

「だめ、ここでイッちゃいそうになる」

「早過ぎるよ」

手を止められお風呂へ。
脱衣所で脱がし合うと細いのに筋肉質で綺麗な体。
私も「いやらしい体つき」って褒めてくれた。
泡だらけで洗いあって、私はもう下がグシャグシャだったから、わざと音を立てて洗われて恥ずかしかった。

たまらなくなって彼のを咥えた。
あんなに激しくフェラしたのは久しぶり。
少し太めで長さもちょうど良さそうで興奮。
69に移ると相変わらずのソフトタッチと舌の動き。
ゆっくりと細長い指を出し入れされてイキそうになる→ストップの繰り返しでベッドに。

ベッドまで「よいしょー!」と担がれて(お姫様抱っこじゃないくて、本当に肩に担がれた!)、ベッドの足元で脚をM字に開かされた。
音を立てながらクンニされて、ローターで乳首を弄るように言われる。
それからバイブを入れようとしたのだけど、「やっぱりやめた」と押し倒されゴムを付けて挿入。
たくさん弄られたせいですぐイキそうになったけどなんとか堪えた。
でも、大きくグラインドされて奥までゆっくりストロークを繰り返されて首元吸われたらすぐにイッてしまった。

「もうイッちゃったの?早いよ」と囁かれて、そのまま思い切り突かれて彼もフィニッシュ。

お互い久々のセックスだったので興奮したのか放心状態だったけれど、しばらくしたらまたムラムラしてきてオモチャで遊ぶことに。
ローターで攻めながら後ろを向かされて背中を執拗に弄られるとすぐにまた濡れてしまう。

「いい?」と四つん這いのまま脚を開かれて、ゆっくりバイブをクリに当てて動かされる。

今まで感じた事のない感触に声が出てしまって恥ずかしかった。
彼は、「いいの?ふーん」とバイブを弱めに動かしたり強めたり。
仰向けにされてバイブを挿入しながら舌やローターで弄られて、頭ぐちゃぐちゃになって階段駆け上る感じでまたイッてしまった。
これまで感じた事のない脱力感。

彼も興奮しちゃったみたいだったから、少し回復してからフェラ。
裏や先までゆっくり舐め上げてから奥まで咥えて吸い上げてしてると、「もうダメ」と後ろ向きにされて壁に手をついたまま立ちバックでガンガン突かれ、彼も二回目のフィニッシュ。
そのまま朝まで眠ってしまい、フェラで起こしてもう一回して帰宅。
彼のサイズが大きめなせいだと思うけど、私の締まりがいいみたいですごく気持ちよかったと言ってもらえた。
ひっそり筋トレした効果もあるかな。

お互い小忙しい仕事だから、月二回程会って身体を重ねてる。
彼は「付き合ってもいいんじゃない?」と言うけど、色んなプレイをしてきた割には男性経験の数が圧倒的に少ない(3人・・・)ので、フリーの時期に色々知ってもいいのではと思ってまだ決めかねてる。
(小忙しいので結局実践には至らず)

でも、あなたのセックス、すごく好きですw

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

乳もみま専科
最強媚薬エロティカセブン